2015年11月25日

12月イベントのお知らせ


20151126p-1.jpg

20151126d-1.jpg


どうも、すっきりとしないお天気が続いているのが
気になる今日この頃です。

それというもの
ただ今
萌芽のある建物の外壁塗装と屋上の防水工事の真っ最中で、

シートが外されたと同時に
上記の12月のイベントが始まる🔜という、
萌芽にしては極めてタイトなスケジュールという訳です

なるべく、晴れて頂きたいものです

そんなこんなで、
なかなか一途な思いになれなかった12月のイベント準備ですが、
予定通り18日スタートに向けて動き出しました🎬

メイン展示は
当初のイメージ通り
2011年の初冬のこの時期に
アッという色美しい展示で萌芽を暖かくしてくれた
中永吏子さんによる織物を中心に

o0800060013480765371-2.jpg

o0800060013146239105-1.jpg


今年、出会った銅版、木版の奏でる版画の魅力もお伝えしたく、
連れて帰れる大きさの作品に特化して並べます✨

久々に「僕らは宇宙に住んでいる」のKukkoさんこと、
いのうえくきこワールドのグッツも参加決定🎄


萌芽初めての作家さん
とっても素敵なアーティスト西野恵子さんの絵も
出展予定です🎀

image.jpg

image.jpg



釉薬研究に燃えている
 滋賀在住の陶芸家・馬場匠さんの
「なるほど!」と思える、
色鮮やかな可愛いフラワーベースも

今回のイベントをきっかけにして
手に収める事が出来ると思うと嬉しい極みです

12294876_945027422239275_8370969072135404503_n.jpg

中永吏子さんの手織りと 色の共演間違いなし。


今回の展示は
気に入った作品はどうぞお買い上げ下さいませという
萌芽企画では珍しい展示・販売イベントです

勿論、観るだけもよし

展示参加のご希望も受付ております





上記1F催しの最終日
12月22日
天皇誕生日前夜には2F萌芽Halllにてコンサートもあります

萌芽 12.22 A4.jpg


ヴァイオリンの根垣りのさんが企画して下さいました
弦楽トリオ、ピアノカルテット、勿論、紗里さんのピアノソロもあります

萌芽初めてのビオラも登場

ベートーヴェン
『弦楽三重奏のためのセレナーデOp.8』

シューマン
『ピアノ四重奏曲Op.47』

ショパン
『舟歌 Op.60』

甲子園口までお越し頂く価値十分過ぎる豪華プログラムと
間違いなしの演奏者による

 Celebrate  Chrismas  Concert 

ご来聴、お待ちしております。


時間は18時30分開場〜

お寒い中お越しくださったお客様に、
先ず、温かいWelcome Drinkでホッと一息ついて頂き
コンサートは19時より🎵
冬のパリでは定番だったというホットワインをお出ししては如何❓
という流れも、
今回はりのさんにご提案頂きました


当日は1Fは18時30分まで、ご覧になれますが、
2F萌芽Hallへ上がる階段は1Fギャラリーの中からではなく、
建物北側にありますので、
開演に遅れた場合も、北側の階段を上がって下さい。
上がって、左手の大きい鉄扉の奥が萌芽Hallです。

演奏開始ととも、防音上鉄扉を閉めますが、
鍵は掛けませんので、
静かに鉄扉を開けられるか、軽いノックをして下されば
お入り頂けます


御予約の程 、どうぞよろしくお願い致します







続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

ヨドコウ迎賓館見学

image.jpg

 20世紀アメリカが生んだ建築家の巨匠フランク・ロイド・ライトは
帝国ホテルの設計者として有名ですが、

国内に残る彼が設計した数少ない建築物の一つ
このヨドコウ迎賓館に
三連休最後の、雨の降り出しそうな中、
行ってきました。

芦屋川から程近い山手町に有るこの建物の存在は知ってはいましたが
横を車で通る事は有っても、

長年足を踏み入れる事がなかったのが
とても残念に思える、
異常な程、ことごとく細部に拘った芸術的とも言える建造物でした。

image.jpg

大谷石の外壁から繋がったまま、内部の柱や暖炉、階段にも
ふんだんに同じ石が使われているのに
決して寒々しい感じはしません。

ごく近い時期に設計した帝国ホテルでも使われた
この大谷石を内装材に多用したのは
ライトが始めてだったようですが、

細かい細工や彫りを施したいライトにとって
柔らかくて細工し易い大谷石は絶好の素材だったのでしょう。

ただの石の塊ではなく、
独自の幾何学模様等の彫り込みが施されていたり、
暖かな色合いと表面のデコボコ感が
有機的やすらぎ感をもたらしています。

石の階段にはサイズぴったりの絨毯が
一段一段に置かれています❗️

image.jpg

家具や、作り付けのソファー、扉や窓、
はたまた扉のノブや細かい引っ掛け金具に至るまで

既製品ではなく、
全てライトが凝ったデザインをして、一から作った物の様です。

ドアや窓、鴨居の上の欄間に見られる飾り銅板等、
建物周辺の樹木や草花をモチーフにしたと思しき
自然の造形美を意識した部分もあれば、

四角、三角のシンプル形の幾何学的な模様の部分も多々あり
驚く程バラエティー豊かな発想を持った、凝り性の建築家であった事が観て取れます。

image.jpg

ここはライトが帝国ホテルを設計した2年後の1918年に
灘の酒造家・山邑家の依頼を受けて設計し、

1924年に彼の弟子である
遠藤新や南信によって建てられたそうですから
築97年ということになります。

image.jpg


image.jpg


image.jpg

昭和59年から4年の歳月を掛けて、
2億円以上掛けた、細部に渡っての大修理が行われたそうで

修理中の模様は館内設置のビデオで見る事が出来ます。
素通りすることなく、是非ご覧になることをお勧めします。

image.jpg


image.jpg

食堂の天井とそこに施された三角の小窓に至っては
本当に驚かされます。

image.jpg



image.jpg


image.jpg

後の、彼の名作「落水荘」とまではいきませんが

芦屋川の南斜面に沿って
周辺の自然と上手く調和する様に建てられた
ライトお得意の傾斜地の建物です。


大正期に建てられた鉄筋コンクリートとして
初の国の重要文化財に1974年指定されたということですが

家から5キロの距離なのに迂闊にも
今まで全くノーチェックでした❗️

image.jpg


image.jpg




唐招提寺やアンコールワット等の歴史に残る建造物の詳細を
デジタルアーカイブで後世に残していくという仕事に携わっている兄が

この三連休に東京から観に来ていたのに
便乗して同行したのですが、

思わぬ発見で
遠来からの訪問客には
是非お連れしたい場所と、思いました。

「灯台下暗し」



7月始めのいきなりの入院・手術
退院して一ヶ月後の8月末から始まった
「ギャラリーさんぽ」も11月の「旅の水彩画展」で無事終了🔚し、

駆け抜けた4ヶ月を振り返りながら
ホッと安堵のこの三連休前夜

仕事で奈良・京都に西下中の兄からの電話が入り
久々に我が家に足を伸ばしてくれる事になったので、

しばらく招いていなかった義母さんや娘夫婦も呼んで
ゆったりと楽しい時を過ごしました。

image.jpg



image.jpg


久しぶりに皆でダイスゲームも 
なんと、珍しいことに本日、私オールファイブ出ました 


もう一人、オールファイブも
フォアも
勿論フルハウス、スリーも
役の全部を見事に出した婿にも競り勝ち

私め、一番の高得点Get

得点より何より、思い掛けず、
久々に兄も交えて
家族共々、ゲームに興じるなんて事が出来た喜びは
望外の幸せで有りました





posted by artspaceHOUGA at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

12月のコンサート告知

最近、又してもFaceBookにササットUPで
こちらが滞っていること😖
気にして居ます

実はいくつも書き掛けで
非公開状態で留め置いているのが三つ四つあるのですが、

ブログというのは一気に書き上げるべきもので、
途中で手を止め保存したものに続きを書くのはどうにも乗らないものです💔

という訳で、
途中経過をチェックしたいというお方がもし居られましたら
Facebookの下記名称ページにアクセスしてご覧下さい。

「アートスペース萌芽」
「ArtSpace萌芽Hall」

公開範囲を規制して居ませんので両方とも
どなたでもご覧になれます。

さて
アートスペース萌芽は、ギャラリーさんぽ企画の最後
『旅の水彩画展』も、エンディングコンサートも無事終わり、

月曜日から建物全体の外壁塗装工事に入りました。
12月半ば過ぎまで足場に囲われ、シートに覆われますので
又、しばらく休廊させて頂き、

12月22日18時半より下記チラシの内容で
根垣りのさんがコンサートを企画して下さっています

萌芽 12.22 A4.jpg

コンサートチラシもいち早く作って下さったので
先ずは
決定イベントお知らせです。

萌芽初めての弦楽四重奏
クリスマス前の年末ながら、
祝日前夜の豪華なコンサートに是非どうぞお運び下さい。


自転車操業のアートスペース萌芽より
ArtSpace萌芽Hall:12月コンサートのお知らせでした





posted by artspaceHOUGA at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

次回展覧会とコンサートのご案内

8月末より始まった
西宮ギャラリー連絡会(N.G.L)企画の「ギャラリーさんぽ」は
今年は11月29日(日)までの長丁場企画です。

毎週、潤沢に展覧会を催しているギャラリーさんもありますが、

当、アートスペース萌芽は
8月より、貸しと企画を織り交ぜ
月一のマイペースで、4つの展覧会とコンサートを
本年の「ギャラリーさんぽ」での催しとして進めて参りました。

8月の「ビスタリー夫婦の仲間達展」
9月の2週間に渡った「乾真徳展」
10月も2週に渡っての萌芽企画「版画アラカルト展」

いよいよ次回11月10日(火)スタートの水彩画展が
本年の「ギャラリーさんぽ」の最後となります。
金沢明彦水彩画展PDF.jpg

『金沢明彦 旅の水彩画展』
11月10日(火)〜15日(日) 12時〜18時


この間、9月末には
ArtSpace萌芽Hallも出来、
「乾真徳展」のエンディングコンサートが,映えあるVol.1ステージとなり
トップバッターがなんと、乾真徳さん率いる3dogs on the hill❗

勿論、
続くクラシックコンサートでは、
りのさん、紗里さんに
黒一点、チェリストの佐藤禎さんの最強トリオによる
素晴らしいプログラムと演奏で
オープニングを担って頂く事が出来、

10月のVol.2ステージも
大好きなピアニスト辰村千花さんと
留学時に知り合った彼女の友人,ヴァイオリニスト江川友梨さんの
これ又、贅沢なプログラムと素晴らしい演奏を
聴かせて頂きました。



勿論、8月の細川泰恵さん企画の「ビスタリー夫婦の仲間達展」でも
女性合唱団コーロ・プラターノのコンサートが
1Fでありました


11月の水彩画展でも勿論
エンディングコンサートとして最終日の前夜
11月14日(土)19時〜

久しぶりのトリオ編成?
確か、2013年
 明石文化博物館での『安野光雅展』ロビーコンサート以来でしょうか?

フルーティスト中嶋みのりさん
ヴァイオリニスト東瑛子さん
ピアニスト金沢彩子さん
女学院トリオのご登場です

ファイナル1017Vol.3コンサート♪萌芽エンテ_ィンク_コンサート♪.jpg

今回もコンサート後、しばし歓談の時をお楽しみ頂けます様、
ささやかなエンディングパーティーも予定して居ます。

なお、コンサート当日は
一階の展示も19時直前までご覧頂ける様に致します。

ご予約、お待ちして居ります



続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

ArtSpace萌芽Hallのご紹介




image.jpg
9月末に一週間の突貫工事で出来た、ArtSpace萌芽Hallのご紹介です


image.jpg

image.jpg
席数は50席位です。


このところ、毎日ギャラリーに出て居るので
出入りも慌ただしく、発信業務が出来ずにいます。

そんな中、HPがわりの
この「アートスペース萌芽」だけには

告知だけでも急がれる一大情報をUPさせねばと
本日、「版画アラカルト展」のお客様の途切れたところを縫って
狭いバックヤードでiPadのキーボードを打っています。

7月の入院生活の中で、
これを目標にして、生きるモチベーションを
平常時以上にUPさせる事が出来たとも言える
「生ピアノのある音楽サロン」が、

たった,2ヶ月の準備期間で、曲がりなりにもオープンに漕ぎ着け

既に
「乾真徳展・エンディングコンサート」で
根垣りのさん、松尾紗里さん、佐藤禎さんの最強トリオでの
オープニングの演奏会を催して頂けたこと
P1150213.JPG

P1150224.JPG


画家の乾さんが、自ら音楽も、この初披露の萌芽Hallのトップを飾って下さったこと
P1150201.JPG


最後の大合奏は奇跡としか、私には思えません
P1150231.JPG


また
先週の土曜夜には念願の「版画展」のミドルコンサートとして
思い掛けず、寄せられたアトリエ凹凸の凄い作家さん方の作品が並ぶ中、
江川友梨さんと辰村千花さんの精魂込めた
フランクの「ヴァイオリンとピアノのソナタ」の熱い演奏を
お客様に楽しんで頂けたこと
IMG_0074.jpg

IMG_0063.JPG

こんな、奇跡では?と私に思える事象の詳細を書き留めたいのですが、
色々な事を思い出し、推敲もしながら書き進める時間が
とても、会期中の今は難しいので、
それはまたの機会にして、
取り敢えずのご報告です〜。


取り敢えず、ほぼ一週間のハチャメチャな突貫工事で
グランドピアノのある、キャパも50席はイケる空間が出来ました


アートスペース萌芽の真上の2階の
広さ72平米の北東の角に面するお部屋です。
床からの大きなガラス窓が2面と、一階同様、
露出度が高くて、とても明るいです。

勿論、絵と音楽を同時に楽しめる様に、
ピクチャーレールもスポットライトも装備しました。
image.jpg

image.jpg


夜には外から展示作品が一際目立つのは
一階同様です
image.jpg

image.jpg

ピアノはVol.1のオープニングコンサートで
ラヴェルのラヴァルスを、

Vol.2コンサートで
フォーレのノクターンNo.1を

ご披露下さったお二人のピアニストに
萌芽Hallに設置するピアノについて
色々とご助言を頂き、選定に至るまでのご足労もお掛けしましたが、

これからも萌芽Hallの良き応援者で居て頂ける様にと
切に願って居ます


結果

オープンの3日前に、搬入されたピアノは
当初、納期が間に合わない事と、クレーン車で吊り上げても
窓から入れられないという理由で、
諦めていた
第一希望のYAMAHAC5Xを導入することが出来ました

新響楽器のお取り計らいによるところが大きかったと
このピアノとのご縁を
とても嬉しく思っています


これから、
どの様にこの音楽サロンを有効に使っていくか?いけるか?の考察を
しなければと思っています。

今迄、1階で開いていた、展覧会の時だけの演奏会利用ではなく、
積極的に音楽だけの利用も厭わず
演奏者にとってはコンサートをする機会を
お客様にとっては生の演奏を聴く機会を敷居低く
体験出来る場という、
以前から思い描いていた、私自身の理想の形も実現出来たらと
思って居ます。

勿論、
絵と音楽の両方を楽しめる空間としての利用にも拘りたいと思います。 

トコトンすべからく演奏者のやりたい音楽を、聴かせて頂く
という演奏会も絶対ありだとも思って居ます❗️

いろんな面白い使い方をむしろ持ち込んで頂きたいとも思って居ます。

萌芽Hallの弱点はいろいろとありますが、
中でも最も困ったな!と思っていることがあり、
現況は、この点のご了解なくしてはご利用が難しいのですが、

一階の店舗との取り決め事項で、楽器演奏に関して
定休日の木曜日以外は
音だし18時30分以降となって居ります。

これは18時30分からスタートのコンサートがやりにくい状況を呈し、
利用者に多大なご不便をお掛けする事になっているので、
改善の策を模索して居りますが、

只今のところ、
楽器演奏に関してのみ
月曜日〜日曜日(木以外)のご利用は18時30分〜22時
木曜日は基本9時〜22時迄が利用可能です。


利用料金については
これからの決定事項となりますが、
アートスペース同様、利用し易い事がモットーなのは、
2階も変わりなくと思って居ります。

どんな形であれ、ご利用を検討されたいお方は
どうぞ、お問い合わせください。


JR甲子園口南口 徒歩5〜 6分の立地の
一階ギャラリーの2階に位置する
キャパ50席の音楽ホール

見学もご遠慮なく、お申し付け下さい

取り敢えず、見切り発車のArtSpace萌芽Hallのご紹介でした








posted by artspaceHOUGA at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

2階の萌芽Hall 「アトリエ凹凸の仲間たち展」もスタート

image.jpg

急遽、
2階萌芽Hallでやることになった
アトリエ凹凸工房に集う作家さんの作品展ですが、

ピクチャーレールのカワトメさんの日曜出勤と
ビルテックの大工さんのお陰で、
昨日13時半には
しっかりとレールも付いて
ワイヤーを垂らせば
直ぐ絵が掛けられる状態になりました💕😃

そこに
ピッタリのタイミングでお出まし下さった
銅版画の陽子さんと木版画の務川さん
二人にお任せすれば間違いなし

こんな感じに出来上がりました。

本日、昼下がりの様子です📷
今回,作品集めを一手に引き受けて下さった富永真理さんが
今日は2階在廊を引き受けて下さいました😃
奥の横広の作品が彼女の銅版画です。

次はもう少しUPの写真を撮らないといけませんね!
image.jpg


遠過ぎて、
絵の詳細は分かりませんが、
ざっと、こんな感じに仕上がりました。


image.jpg


黒のピアノによく似合う
宮崎雅子さんの銅版画「Beton」と「Man」


image.jpg

左の大きいのが、神谷美智子さん作
「Untitled 1」 「Untitled  2」

右端の2枚は、竹原仁子さん作
「きいろの花」 「きいろのき」


今日は1階に来られたお客様に
2階の銅版画展示をお声掛けして、誘導し
見て頂きました。



さて、1階の様子は?  というと

image.jpg


今回の展示の中で
木版画が、元来持っている力強さを一番感じる
この2枚は敢えて、お隣同士に並べて見ました!

力強いけど、可愛いマレイグマです〜


夜の遠景もなかなかいい感じです🌃

image.jpg

急遽決めた、2階の展示ですが、
1階スタートに遅れること2日で、本日よりご案内する事が出来ました❗️

お力を貸して下さった多くの方に、感謝🔛

会期は両方共に
17日迄です〜

今週末、10日のコンサートも絶賛予約受付中です

 修正 版画展コンサートYuri&Chika印刷GO.jpg
昨夜はピアニストの千花さんが
19時から練習にみえられました🎵
熱いコンサートになること確実のお勧めです〜

改めまして
よろしくお願い致します




posted by artspaceHOUGA at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

「版画アラカルト展」始まりました

秋晴れのいいお天気の中、
萌芽企画「江戸〜現代  版画アラカルト展」
ギリギリまでドタバタの中のスタートを切りました。

image.jpg

今回ほどのスロースタートは
未だかってなかったのではと思います困り

昨夜は
私の体の事を本人以上に心配してくれている家族が
この数日間のアタフタぶりを見るに見兼ねて
手伝ってくれましたわーい(嬉しい顔)

娘はパソコンの扱いに
家族の中では一番長けているので
作家名と題名の打ち込みのプレート作りを、

主人にも、細々と手伝って貰い
昨夜遅くにようやく
ファサードのカッテイングの貼り込みを終え

今朝10時からプレート貼りと拭き掃除〜

どうにか滑り込みで
本日12時のスタートに間に合いました

揺れるハート

今回の展覧会は
版画が好きな主人が
長年チョロチョロと買い溜めたらしい、

玉石混交なら未だしも、
石だらけの版画を家で発見したことから
考え付いたのが発端です〜

最初は主人の浮世絵コレクションをベースにするつもりでしたが、
彼の集めた版画は、手刷りとはいえ 復刻版オンリー!

という訳で祖父から貰い受けた「川西 英の木版」や
母所蔵の「小泉淳平のリトグラフ」、

川瀬巴水の新版画も美しいです〜

国貞の浮世絵、
手刷りとはいえ復刻版の写楽の役者絵、 
富嶽三十六景・赤富士も並べてしまいました!

 勿論、印刷ものは一枚も並べては居りませんが、
江戸時代のものは全て、復刻版ですので
数を絞った展示と致しました。

ここに最近になって
気に入って購入した現代作家の作品を配し
少しはアラカルト感を出せたかな?という感じですが、

スタート直前になって、

兼ねてより出展募集をお願いして居りました
神野立生先生の工房「アトリエ凹凸」で活動されている
作家さんの銅版画作品が数多く寄せられ、
嬉しい悲鳴の先週末となりました!

結局、とても一階のアートスペース萌芽には
展示出来ないので、
2階の萌芽Hallに展示することに決め、

急遽、ピクチャーレールの発注を大至急でお願いし、
本朝到着しましたが、

取り付けてくれる大工さんの都合が付かず、
明朝9時に来て頂ける事にダッシュ(走り出すさま)

思い掛けない方向に一気に進んで
若干、パニクりましたが、

各業者さんも、とても協力的に進めて下さった事から
1階の版画アラカルト展より、2日遅れにはなりましたが

「アトリエ凹凸の仲間たち展」と銘打って、
2階でも銅版画の展覧会をやることになりました。

従って、今週末10日の萌芽Hallコンサートでは
壁中に展示された銅版画に囲まれた中での演奏会となりまするんるん

かわいい

さて、スタート初日の1階の方は、
シルクスクリーンの額装が間に合わなかったり、

川西 英の3枚あった筈の中の
1番お気に入りの「オーケストラ」が見つからず、
取り敢えず、
復刻版の赤富士で確保したスペースを埋め合わせている等、

準備不足故の不都合が多々ありますが、
どうにか、無事始まり、

初日のご来廊は、10名様と、
企画展にしてはまずまずの出足となりました。


image.jpg



image.jpg



image.jpg

明日は、
2階にもピクチャーレールが付き、

今回の版画アラカルト展にも並んでいる
木版作家の務川めぐみ先生と
銅版作家の上野陽子先生のお二人で
2階の展示設営をして下さる予定ですひらめき

とても私一人では出来ないところを助けて下さるお二人には
ただ、ただ、感謝!


会期は少し長めで17日迄となって居ります。
会期中には


<コンサート>も<木版画講習会>もございますぴかぴか(新しい)
2階の銅版画展示も是非ご覧下さい。

盛り沢山の催しに是非お運び下さいグッド(上向き矢印)




posted by artspaceHOUGA at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

次回予告:「版画アラカルト展」& 務川めぐみ木版画講習会 & コンサートのお知らせ


−萌芽DM版画展雑.jpg

jpg- 版画展縦NEW.jpg































会期中には
木版画作家・務川めぐみさんの版画1日講習会を予定しています。
只今の状況は3日のうちの1日だけお一人様のみ空きあり

11日(日) 14時〜17時  1名

 
image.jpg


かわいい


会期中の10月10日(土)には
2階のArtSpace萌芽Hallでコンサートも致しますので、
版画と音楽、両方お楽しみ頂ける10日のコンサートの御予約をお待ちして居りますひらめき

 修正 版画展コンサートYuri&Chika印刷GO.jpg

聴き応え十分のアスリート系コンサート爆弾
熱い週末の夜になること間違いなしexclamation
お勧めですひらめき


るんるん


posted by artspaceHOUGA at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

「乾真徳展」終了と エンディングコンサートのご報告


毎年楽しみにしている絵本ファンも多い
ボローニャ国際絵本原画展の2015日本人入選者
乾真徳さんの個展を9月12日からスタートさせて、早2週間💨

昨夜は最終日前夜のエンディングコンサート❗💡

キャパ50席/要予約でスタートさせたのですが、
直前のメールや電話でのご予約・お問い合わせが相次いだ事から
途中から少し方向転換し
展覧会エンディングコンサートだから、少々ぎゅうぎゅう詰めでも
沢山のお人と楽しく盛り上がれる時間となればいいかな⁉


それが良かったか?悪かった?かは別にして
とにかく、場内溢れんばかりの大勢のお客様にお入り頂きまして
大盛況の演奏会&パーティーとなりました💡
ありがとうございました😃

ご不快な思いをされたお客様や予約可or不可の連絡が出来なかったお客様には
大変申し訳なく、お詫び申し上げます。


💠


乾真徳展のエンディングコンサートという事で、
トップバッターの発声はギターを抱えた乾真徳さんにお願いしました✨

P1150201.JPG

画家から一転してミュージシャンの雰囲気を自然に纏って居られます❗

19時ぎりぎりまで、1Fの個展会場でお客様とおしゃべりしていた乾さん、
何の気負いもなく、すぐ舞台に立てるって、凄〜いなー⤴
プロだなぁー🎵って感心💓感心💓

おしゃべりもとっても自然体で分かりやすくて
クラシックを聴きに遥々やって来たお客様も、思いがけないスタートの様子に
⁉と、若干、戸惑いながらも

スゥーっと 乾ワールドに連れて行かれた感が
後ろから見ていてありました✌

MCというより、
自然なおしゃべりから演奏へと移っていく様が
これ又、自然な流れで始まりましたよー🎵

P1150204.JPG

乾さんのバンド名は 3dogs on the hill

いぬい(乾)・おか(岡)・みわ(三輪)
お三人の名前から取ってつけたとの事✌

オープニングの3dogs on the hillのパフォ−マンスは
19時のスタートまでの待ち時間が長かったお客様や
やっと、会場に通されても、ギュウギュウ詰めの席の上に
まだまだ、駆け込む方が続き、
『エッ,エッ,エッ‼ まだ、入れるんですか!?⁉😠」的な
よろしくない空気を一気に吹き飛ばしてくれる、
ノリと空気で始まり、
自然と体がスイングしてくる、まさに楽しい幕開けとなりました💡


💠



続いて
ヴァイオリンのりのさんとピアノの紗里さんの登場です✨
曲は
乾さんのリクエストしていた
ガーシュインの『ラプソディー・イン・ブルー』

P1150213.JPG


昔、紗里さんのお姉ちゃんが、オケバックに『ラプソディー・イン・ブルー』を
弾かれた舞台を思い出しました💠

この夜はヴァイオリンとのセッションです⤴

もう一曲、Vl.とPf.の演奏の後、
紗里さんのピアノソロ:ラヴェルの『ラヴァルス』
なかなか、大変な曲です❗

ピアニストの紗里さんは足早に楽屋にはけ
入れ替わりに
チェロの佐藤禎さんの登場です✨

ピンクのシャツと足首を出した短めのズボンがイイですね😃
休憩する間もなく再びピアノの前に座った紗里さんとお二人の演奏するは
オッフェンバッハ:『ジャクリーヌの涙』


P1150219.JPG

 チェロ演奏中の佐藤さんの表情、好きです💓



P1150224.JPG

いよいよ、クラシック演奏のトリは
ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲「ドゥムキー』です〜

15分、ガラス扉の外から聴き入りました👂


P1150231.JPG

エンディングコンサートの最後は再び3dogs on the hillが加わって
ビートルズの「ヘイ・ジュード」を
全員の大合奏と大合唱で✌
コンサートの締め括りとしました✨

途中休憩なしで盛り沢山❗
演奏者も観客も少〜し、お疲れだったのではと思いますが、

聴いている方は飽きずに楽しめる
いいプログラムを組んで頂けたと思っています。

出演者の面々には大きな拍手と感謝です✨
本当に有難うございました。


この後、お客様にもお手伝い頂き、椅子をスタッキングして
エンディングパーティーの会場に急いで設え

皆でカンパーイ🍺⤴

しばし歓談の時を楽しみました💡

駆け足のご紹介でした💨


🎵🎵🎵🎵🎵


 開けて翌日の展覧会最終日にも
昨年同様に
いつにもまして多くの方にご来廊頂き 、
18時過ぎに最後のお客様、浦田さんをお送りして

無事、2週間に渡る「乾真徳展」を終了致しました。

会期中、お運び下さった皆様、 影に日向に支えて下さった方々に、
そして
 お忙しい中、個展を開いて下さった乾真徳さん

多くの皆様、有難うございました🔛❗






posted by artspaceHOUGA at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ArtSpace萌芽Hallコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

「乾真徳展」残り、あと一週間となりました!

image.jpg

乾さんは「晴れ男」なのか?
展覧会前の雨続きとは一変した、初秋の秋晴れが続く中

「乾真徳展」は
早、後半に折り返し
あと一週間となりましたon

image.jpg

image.jpg


さすがに大谷美術館のボローニャ展との連動展なので
大谷美術館で乾さんの絵を観て気に入って
こちらまで足を伸ばされる方や

元々の乾さんファンや、お友達、ご近所の方と
狭い萌芽ですが、
場内、混乱しない程度の御来廊を頂いて居りますわーい(嬉しい顔)

概して、乾さんファンは
ユックリと一点一点、丁寧にご覧になり、
気に入った作品に戻っては
しばし、足を留め、室内をぐるぐると回られます揺れるハート

19日から始まった「シルバーウィーク」も
早、残り3日となり

なかなか現れない萌芽のお客様方も
この3日間の休日にお顔を見せて下さるのではと期待していますかわいい

image.jpg


先日、ご来廊頂いた、絵本作家たなかしんさん曰く、「安すぎるexclamation

東京でも大阪でもない、この西宮市内の住宅地にある萌芽に相応しい
上代設定をして下さっていますひらめき

乾さんの絵には
どれもリズム感のある、楽しく、明るい気持ちになれる
不思議な魅力を感じますぴかぴか(新しい)

第一印象で気になった絵はそばに置くと、
きっと、なんらかの効用をもたらしてくれそうな気がしますexclamationわーい(嬉しい顔)

image.jpg

関連グッツ類も
ボローニャ展入選作が載っている来年のカレンダーがよく売れていますひらめき


image.jpg


右から2番目と3番目の絵は昨日、
お姉さんと妹さんが一点ずつ選ばれて、ご購入下さいましたグッド(上向き矢印)

お二人、別の日にバラバラに観に行った大谷記念美術館で
たまたま、お二人共が初めて出会った乾さんの絵に魅せられたそうで、

乾さんの絵をもっと観たいという事で
萌芽にはお揃いでお越しになり、
それぞれのご自宅に合う絵を吟味されてのお買い上げです。

お姉さんの買われた「All My Loving」は私の中でも実はBest 1でした。

さて、1階ではそんな穏やかな空気が流れる中、

最終日前夜に予定しています
エンディングコンサート会場となる2階はようやく
一昨日より、突貫工事に突入ダッシュ(走り出すさま)

たった、半日強の作業で、事務所仕様の部屋に一変して
ステージもどきの空間が現れましたが、
果たして、
このステージもどきの面積が適切な広さになっているのか? が懸念されます。

image.jpg



縁あって萌芽に来てくれることになった、少し派手目の椅子も
昨朝、早朝8時前に到着し、早速、並べてみました。
狭いながらもミニミニホールの出現わーい(嬉しい顔)揺れるハート


image.jpg

ピンクの椅子に囲まれた
このフェイクのフローリングの演奏部分が、段々と
狭過ぎる様にも思えてきていますあせあせ(飛び散る汗)

肝心のピアノは23日搬入予定ですが、
ピアノを置く位置により結果は大きく変わりそうです。

慎重に位置決めをせねばなりません位置情報

全て素人の私の考えとイメージで進めた突貫プラン故に
大失敗かもしれないし、
修正可能かもしれないし、今はまだ全くわかりませんが、
実にタイトなスケジュールの中、
とにかく直感と熟慮を大切にし、本番まで、
出来うる限りの会場に
作っていきたいと思っています。



引き渡し後の一昨日、電気系統の接続ミスがく〜(落胆した顔)
ステージを照らすつもりのスポット照明を点灯させると
部屋の換気扇も一緒に大きな音を上げて作動してしまうという
笑うに笑えない配線ミスどんっ(衝撃)が発覚し

連休明けの数日間で復旧工事が間に合わなければ
折角の照明器具の手配は間に合ったのに
照明プランも思った様に出来ず、実にガッカリバッド(下向き矢印)むかっ(怒り)

でも、こんな事で腹を立てていたら
体に悪いと思い直して ドンマイ! ドンマイ!
ケセラセラ!

演奏者の、りのさんや紗里さんの呼びかけに応じて下さった
萌芽始めての沢山のクラシックファンのお客様が
唖然とされる様な会場になるかもしれませんが、

そこは演奏者の力量で、26日のコンサートが、
楽しい、いい時間になることを信じて
ラストスパート,頑張りますexclamation

一体、何名様のご予約なのか?
正確には把握出来ていませんが、椅子は一杯有りますので、

参加ご希望の方は、今からでもご予約下さい!

プログラムはクラシックファンでなくても
心に染み入る、とてもいい曲ですぴかぴか(新しい)

乾さんご自身の手作りカホンを携えての
お友達3人のパフォーマンスもとっても楽しみです耳グッド(上向き矢印)揺れるハート

 修正ボローニャ〜♪萌芽エンテ_ィンク_コンサート♪〜完成版下.jpg


るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん



posted by artspaceHOUGA at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

乾真徳展-CANTABILE- 搬入・設営完了! いよいよ明日からスタートです〜

ここ関西地方は台風の直撃を免れて久しぶりの晴天に恵まれましたが、

鬼怒川氾濫の映像を見ると心痛いですもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
温暖化によるものなのか?
最近の異常気象がもたらす自然の猛威には
只々、恐怖を感じます。


先週、慣れぬMacと格闘して、やっとこさ入稿した
10・11月のDMも無事出来上がって来たので

明日から始まる「乾真徳展」のDMと一度に纏めて送ろうという目論見で
ギャラリーさんぽとコンサートのチラシもセットして封筒詰めの
第二陣作業も
終えたので郵便局に行く前に
カッティング完成したファサードタイトルと一緒に記念撮影カメラ

image.jpg


あとは乾さんから送られて来る作品と乾さんを待つばかりとなった昨日夕方
貼り込み作業も完成、んで、また記念撮影カメラ

image.jpg

文字は白なのですが、日暮れてくると青に見えてきますわーい(嬉しい顔)


かわいい

という
無理せず進めた故に、
遅くなってしまった準備作業もどうにか間に合い

本日、12時前にヤマト運輸さんが無事、荷物を届けてくれました。
程なく、乾さんも到着し、設営開始ですsoon

実に手慣れたもので、
物差しは一切使われません!

そこらにあった長い棒とご自身の目と感覚だけで

ほぼプッシュピンだけで、しかもたった一本だけの使用で
実にバランスいいレイアウトに、端から淡々と仕上げていく様に
流石〜!️と驚かされました。

最後にスポットライトの微調整もして
16時には全ての作業を終え帰られましたわーい(嬉しい顔)


少しだけUP!

image.jpg




image.jpg


受賞作品の5枚は、外に向けて掛けました。
原画です。

色とテクスチャーを実感しに
是非、萌芽までお越し下さいます様にグッド(上向き矢印)



彼が手作りした面白いブローチも販売致しますぴかぴか(新しい)
image.jpg
世界にたった一つ〜



展示作品のすべて
気に入って下さる方にはお譲りして、部屋に飾って欲しい
という乾さんのご意向で販売可能となっております。

正直、お買得な価格設定と思われますので、
乾ファンは是非お早めに来られることをお勧め致しますダッシュ(走り出すさま)!

乾さんの在廊日は
12・13日、26・27日の予定です。

24日(水)は休廊日とさせて頂いていますが、
26日のエンディングコンサート合わせの為に
乾さんも来られる予定なので
シャッターは開け、来られたお客様には
ご覧頂ける様にと考えております。

もし、遠くから来られる方で、
24日が都合がいいわという方が居られましたら、ご一報下さい。


では明日からスタートですひらめき
沢山の方に乾さんの絵をご覧頂きたいと思います。

明日もいいお天気の様です晴れ
是非、お運び下さい!


ひらめき


posted by artspaceHOUGA at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

9月の展覧会とコンサート!

今日から9月。
9月は、「ギャラリーさんぽ」の第2弾、お待ちかねグッド(上向き矢印)
ボローニャ国際絵本展2015入選作家
乾真徳さんの個展が12日の土曜日より始まりますひらめき
image.jpg


image.jpg


会期は昨年同様、西宮市大谷記念美術館での
「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」の最終日に合わせて
9月27日の日曜日まで、延べ16日間ですが、
大谷記念美術館の定休日に合わせて16日(水)と24日(木)は
萌芽も休廊日と致します。

乾さんの在廊日は基本、土日の予定ですが、
詳細は乾さんのHPでご確認下さい。

アートスペース萌芽のFBでも発信する様に致しますが、
乾さんご不在の日もどうぞお運び下さいます様に
お願い致しますわーい(嬉しい顔)


かわいい

最終日の前夜には
エンディングコンサートるんるんとパーティーを予定しております。ビール


 修正ボローニャ〜♪萌芽エンテ_ィンク_コンサート♪〜完成版下.jpg
オープニングには乾さんとお友達のトリオ演奏ひらめきるんるん

続いて
昨年のボローニャ展でお客様を酔わせて下さった
長身でロングストレートヘアがとってもステキなヴァイオリン奏者・根垣りのさん
天然・自然な、実に羨ましいMCをされるピアニスト・松尾紗里さん
美女お二人に黒一点、今年も
京都市立交響楽団チェロ奏者・佐藤禎氏が駆けつけて下さいますグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)るんるん

御三方によるピアノ三重奏の演目は勿論、必聴一押しグッド(上向き矢印)
ドォボルザーク:ピアノ三重奏『ドゥムキー』ぴかぴか(新しい)

念願の生グランドピアノの導入により
紗里さんにはピアノソロをお願いする事が叶ったのも嬉しいのですが
演目は
これ又、願ってもない素敵な曲でするんるん
ラヴェル:『ラヴァルス』ぴかぴか(新しい)

オッフェンバッハの『ジャクリーヌの涙』も心震える曲でするんるんぴかぴか(新しい)

乾真徳さんリクエストの
ガーシュイン;ラプソディー・イン・ブルーも楽しみですぴかぴか(新しい)るんるん

最後はお客様も全員参加でビートルズの大合奏・大合唱とかexclamation&question

(ご近所からクレームがない事を願って)
ひと時、皆様とご一緒に楽しい時を過ごせればと思います。


会場作りはこれからexclamationがく〜(落胆した顔) ギリギリ滑り込みダッシュ(走り出すさま) exclamation&question
どこまで出来るか分からない状態ですが

コンサートの会場は23日に
ピアノの入るアートスペース萌芽の2階です。

コンサートのある26日(土)に限り、
開演の19時少し前まで1階の展覧会もご覧頂ける様に致しますので

当日は是非どうぞ
乾真徳さんの絵アートとコンサートるんるんの両方をお楽しみ下さい。



アートるんるんアート










posted by artspaceHOUGA at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

8月のイベント無事終了!

7月、一ヶ月近くに及んだ思いがけない入院生活から 早一ヶ月が経ち
お腹の傷も癒え、ほぼ普段の生活に戻りつつあります。

香櫨園の西宮市民ギャラリーで8月24日の搬入
25日から始まった恒例の「こども・えほんのえ・てんらんかい」も
会期中、例年以上のお客様で賑わい
読売、毎日の両紙にも掲載されました映画 手(チョキ)

image.jpg

昨日の15時からの搬出時にも、まだまだ沢山の親子連れで
搬出作業の開始が遅れた程で、無事終了手(チョキ)

子供達の心を込めた力作を
とめた画鋲を一つ一つ外しながら、ふと、
こんな幸せな日本がこれからもずっと続けばいいのになっexclamationという思いが
頭の中を過りました。

それはさておき、
搬出終了後、香櫨園から一路、甲子園口の萌芽までダッシュ(走り出すさま)

入院前から準備を始めていた「ぎゃらりーさんぽ」の4展のスタート
細川夫妻の「ビスタリー夫婦の仲間たち」展
こちらも午後17時の終了時刻直前に駆け込むも、萌芽内「人いっぱいexclamation
と思ったら、最後のお客様だけでなく、

何と言っても「仲間たち展」ですから、搬出には全員集合という事で
萌芽内は超満員だった訳ですわーい(嬉しい顔)



まだ、ご紹介出来ていないガラス作品です〜

image.jpg




image.jpg

ガラスのイアリングは好評でよく売れていた様です。


かわいい

台湾からの留学生、林君の写真カメラ
「野菜」を宇宙に浮かぶ惑星を彷彿とさせる不思議な魅力を放っています夜

image.jpg

何の野菜か,わかるでしょうか?


正解は
上段左から アボガド・椎茸の傘内側
中段左からジャガイモ・トマト・椎茸の外側
下段左からカボチャ・レンコン

ですって目

サーチ(調べる)

細川泰恵さんの
ノートの表紙に描かれた、極細白マーカーによる細密画と柄生地とのコラボ作品も
今や、ノートという実用品を超えた作品に進化した印象グッド(上向き矢印)

image.jpg

これからもますます
唯一無二の作品としていろんな作風が生まれることを期待しています揺れるハート


かわいい

最終日前夜には
可愛いお孫さんのピアノ演奏も聞かせて頂き、温かいご家族とお仲間との
楽しい、充実の一週間だったのではと思います。

毎日の在廊、お疲れ様でした。
有難うございましたわーい(嬉しい顔)





続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

10月の展覧会『江戸〜現代・版画アラカルト展&務川めぐみ木版画講習会』

来る10月6日〜17日に予定しております
「ギャラリー散歩」の第3弾『江戸〜現代・版画アラカルト展』の
DM原稿がやっとこさ出来ましたので、早速UP致しますわーい(嬉しい顔)
−萌芽DM版画展雑.jpg
jpg- 版画展縦NEW.jpg


2007年製の8年選手のMYパソコン(windows)が、
突然立ち上がらないという事態に陥ったのは
確か6月半ばもうやだ〜(悲しい顔)

「経年劣化によるもので、修理より買った方が安いですよ」と
製造元のサポートセンターの窓口でも言われたので
さて
では、サクサクと動く最新機種の吟味でもしようかと
思っていたところに、人生の一大事で
選定どころでなくなり

結局
入院中もiPadと携帯のお陰で、仕事もその他のアクセスも出来て
退院後も不都合を感じることなく、購入を焦っていなかったのですが、

印刷原稿を作るとなれば、そうも言って居られず、
やはりパソコンがなくては作れませんバッド(下向き矢印)

遅まきながら
ネット情報を集め、大型電器店にも出向き
現況のWindowsパソコンの正しい選定について
しばし、勉強したのですが

私の希望する
CPU:Corei7/メモリ8GB/HDD1TB/DVDドライヴ
Officeなどのソフト面は充実という組み合わせの適正価格商品は
メーカーネット直販しかなく、
しかもそうした要望は万人が欲するニーズなのか
殆どが「完売」exclamation×2

しかもOSは『Windows8.1』
『Windows10』のインスツールは無料で出来ると言っても
いろいろな不都合生じているそうで、

『10』が欲しいなら
もう少し待って最初からOS『Windows10』の秋冬モデルを買うべき
いう結論に達し

取り急ぎの案件である、
版画展と水彩画展のDM・各会期中のコンサートチラシは
主人のMacを借りて
どうにかこの場はしのぐ事に決め

使い慣れないというか、家にあっても全く触ることのなかった
MacのWordで作ったのが上記のDMです。

主人に「パソコン壊さないでね!」と毎日心配させながら
投げ出したくなる程の、試行錯誤の操作を重ね、
やっとこさDM2種とコンサートチラシ原稿を作り

やっと出来て、ホッとするも
今度は入稿するだけでも半日仕事パンチ

入稿の為に
PDF.に変換し、容量を下げる操作をして、圧縮を掛け
また
WebUPの為にこれをJPGに変換したら
上記の様に画像が不鮮明になってしまっても、対処法が分からずgive upexclamation

長々とつまらないMacパソコン苦労話を書き連ねましたが、
それは本題とは関係ありませんちっ(怒った顔)

ただ、やっとこさ入稿出来たDMの仕上がりが気になりますが、
少々画像荒くても、おかしな箇所があったとしても

こんな理由であった事を思い出して
「しゃーないなぁー」と、パソコン使い慣れない60オバサンの
素人仕事と笑って下さいふらふらかわいい


位置情報


本題に戻って、版画展の話ですグッド(上向き矢印)

アラカルト展とした意味合いは
木版画、銅版画、シルクスクリーン、リトグラフと
版画と名の付く様々な技法、様々な手法の作品を プロアマ問わず、

古いものは復刻版も厭わない、
ランダムな展示をひんしゅく覚悟で楽しもうという
単なる思い付きから発した企画で
準備も途上ですあせあせ(飛び散る汗)


展示作品はほぼ手持ち、一部お借りする作品となりますが
並べてみると木版画の類いが圧倒的に多いので、
もっといろんな顔の版画を並べられればと

以前から気になりつつも伺えて居なかった
版画家・神野立生氏が主宰されている「ギャラリー凹凸」さんに
初めてお伺いして来ましたわーい(嬉しい顔)

なんでも、ギャラリーだけではなく、
版画工房も併設されているとはお聞きしていたのですが、

行ってビックリexclamation
見てびっくりexclamation


それはそれは何室もが連なる、まるで版画の学校の様な設備と
下界とは違う、
なんとも心地の良いアートな空気感が漂っていましたひらめき揺れるハート

版画制作の好きな沢山の人達が、真摯に作業に取り組まれているところも
折よく拝見する事が出来て
改めて
神野先生の40年やって来られた営みは偉業とも言える素晴らしい行為ぴかぴか(新しい)
感動しましたグッド(上向き矢印)揺れるハート

是非、是非、神野先生ご自身の版画作品は勿論の事ひらめき

多分、日本では類い稀なのではと思われる
この銅版画工房に集う作家の方々の作品を

10月の版画アラカルト展に出展して頂ければなぁーと、不躾 
且つ
厚かましいお願いをして来てしまったのですがふらふら

実は今年、
工房は40周年を迎えられた記念の年ぴかぴか(新しい)でもあり

また神野先生が留学されていた
パリでの3回目の日仏交流版画展が6月に開かれた年でもあることから
日本巡回展と工房の記念展を9月から開催されるそうでぴかぴか(新しい)

直前の今は工房全体大忙しの真っ只中exclamation

また
11月には神野先生ご自身の個展を なんと
福島の、あのメリヤス会館1階の素敵なギャラリー『LADS gallery』
催されるそうで、これは楽しみですぴかぴか(新しい)
そんな、工房全体がお忙しくなる特別な時に
知らなかったとはいえ、妙なお願いをしに飛び込んだのは
誠に恥ずかしい極みで、申し訳ないのですが

新しいご縁が生まれる事を信じて
作品出展のご連絡をお待ちする事に致しました。


上記、神野先生の工房の展覧会の詳細です。

『アトリエ凹凸日仏交流版画展+40周年記念展』
同時開催:アトリエ凹凸版画教室展

2015/9月8日(火)〜20日(日)
西宮市民ギャラリー

楽しみですグッド(上向き矢印)


かわいい


さて、会期中に
昨年のボローニャ展入選作家でもある
萌芽一押し木版画作家・務川めぐみさんの木版講習会をご紹介ですひらめき

10月11日(日)・12日(祝)・14日(水)
14時〜17時

に開催致します。詳細については以下のチラシをご参照下さい。
一回/定員3名までなので御予約をお願い致します。

image.jpg


務川めぐみさんの作品は素晴らしいですexclamation×2
10月の萌芽での「版画アラカルト展」を待たずして
ギャラリーさんぽ中の9月中に西宮市内2カ所のギャラリーでご覧になれます!

先ず、阪神甲子園北側すぐのギャラリーアライでの

『向こうの岸の余白に』−務川めぐみ・見崎彰広2人展−

9月24日(木)〜29日(火)


続いて 阪急夙川駅北側5分のギャラリーSHIMA での

第4回 『版と描』


9月29日(火)〜10月4日(日)




るんるんるんるんるんるん


posted by artspaceHOUGA at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

始まっています!「ビスタリー夫婦の仲間たち展」


image.jpg

久しぶりのタイトルカッテイングで
フォントのバランスが悪いですが、どうにかスタート前日、貼り込みましたダッシュ(走り出すさま)

かわいい

週初めの、大型台風接近と同時スタートになってしまいましたが、
2日目からは お天気にも恵まれ、

暑さも和らぎ、すこ〜しだけ秋の気配も感じられる中
連日、賑わっている様で、本当に何より
有難い事と思います

かわいい

今回は細川ご夫妻に繋がる、もの造りが大好きなお仲間9人!の手による
ジャンル問わずの、いろんな作品が集まってきているので
狭い萌芽は大変なことになって居りますわーい(嬉しい顔)
が、
なかなか、楽しい空間です揺れるハート

こんな催しは萌芽始めてですが、
いわゆる今人気の手造り雑貨とは、一味違う作品が並んでいますかわいい



image.jpg
「仙ちゃんの糸鋸あそび」

image.jpg






image.jpg
ビスタリー夫婦、ご主人の作品「ドリームキャッチャー」
今回のはデザインも弾けて、大量です〜

手先が器用でいらっしゃるexclamation
image.jpg





image.jpg



image.jpg
ジーンズを潰してのデザインが面白いバックやお財布
実用性を兼ね備えた造りです〜

ぬいぐるみもなんともいい味が〜
image.jpg



この他にも
透明感の美しいガラス作品や、

台湾からの留学生が撮った
宇宙に浮かぶ惑星を彷彿とさせる、野菜を撮った写真は秀逸です〜

細川さんの細密画も布とのコラボで新境地ひらめき

写真がないのはipadの容量不足で撮れなかったからなのですが、あと3日ダッシュ(走り出すさま)
土曜日にシッカリ収めて来ようと思います。

かわいい

昨夜は、
前回2013年7月の「細川泰恵展」でも、温かい美声を聞かせて下さった
女性合唱団  “コーロ・プラターノ”の中の
小編成部隊 “7filles”がコーラスで
大きな花を添えて下さいましたるんるん


image.jpg


遅れて来た主人の為に、急遽歌って下さった「夏の思い出」は
主人にとって、
教師をしていた祖父を思い出す特別の曲だった様で
このシュチエーションは偶然だったのだろうか?
と不思議に思えた、楽しい時間となり

只々、皆様に感謝ですひらめき

かわいい

恐竜好きの主人とフクロウ好きの私が昨日GETした
糸鋸駆使の木工作品です手(チョキ)

image.jpg

image.jpg

どちらも¥2000でした。作り手の細やかなお人柄を感じる作品です〜

会期は、8月30日  17:00までです。




続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

2015 後半 〜 展覧会予定のお知らせ 〜

お待たせ致しましたわーい(嬉しい顔) exclamation

今年も8月23日より始まる恒例の
大谷記念美術館でのボローニャ国際絵本原画展に合わせて

ひらめき昨年、ご好評を頂いた「ぎゃらりーさんぽ」企画を
西宮ギャラリー共同企画として
今年は、8月末より11月末迄と、会期を大幅に拡大し、開催致しますひらめき

ただ今、各ギャラリー 鋭意準備中ですグッド(上向き矢印)

萌芽も現在のところ、
8月25日より11月15日まで、4件の展覧会を予定しておりますので、

ご案内申し上げますひらめき


かわいい


「ビスタリー夫婦の仲間たち展」

8月25日(火)〜8月30日(日)   12:00〜18:00
星2️ 27日(木) ワークショップ


ひらめき27日(木) コンサート 18:00〜   無料
                     女性コーラス [セットフィーユ]

       ひらめき29日(土)19:00〜 ジュリアのエンディングコンサート 無料
                        

〜  撮ってみる、作ってみる、描いてみる、想像を創造に 〜

image.jpg



かわいい




2015 イタリア ボローニャ国際絵本原画展 入選作家
「乾 真徳個展」 ーCANTABILEー


9月12日(土) 〜27日(日)   12:00〜18:00
                                     休廊日 16日(水)・24日(木)

    るんるんエンデイングパーティー&コンサート 26日(土)19:00〜萌芽2Fホール             
(¥1500/要予約)       
   ぴかぴか(新しい) 萌芽2Fに9月よりグランドピアノ(YAMAHACX5)導入

Vn.根垣りの/Pf.松尾紗里/Vc.佐藤禎
&
Vo.Gt.乾真徳/B岡壮平/Perc三輪大二郎


色と形が織りなすハーモニーを感じる展覧会。
ボローニャ絵本原画展の入選作品の原画展示も致します。
会期中には素敵なコンサートもございます。

image.jpg



かわいい



萌芽企画
「江戸〜現代・版画アラカルト展 & 務川めぐみ 版画講習」

10月6日(火)〜10月17日(土)   12:00〜18:00

           星2️版画講習  11日・12日・14日  14:00〜17:00(各日3名)
                                    
  るんるん萌芽コンサート
10日(土)19:00〜萌芽2F ホール (¥1500/要予約)

Vn.江川友梨/Pf.辰村千花


木版、銅板、シルク、版画と名の付く様々な技法の作品の
ランダムな展示に加えて、木版作家務川めぐみさん主宰の
ー木版画実験室ーむかめ工房による「版画講習」を4回予定!

広重、国芳から 川瀬巴水、川西英、
活躍中の現代作家・務川めぐみ、ツツミアスカ、上野陽子さんの
括りは「版画」!️というだけの、顰蹙覚悟の
萌芽勝手の気儘セレクト展です〜

image.jpg
                                                                            川瀬巴水  「芝弁天池」1929


image.jpg
                                                                   務川 めぐみ    「ヤマアラシ」木版



かわいい



「金沢 明彦  旅の水彩画展」

11月10日(火) 〜15日(日)    12:00〜18:00

るんるんエンディングパーティー&コンサート
14日(土)19:00〜 萌芽2F ホール (¥1500/要予約)

Fly 中嶋みのり/Pf.金沢彩子/Vn.未定



国内外、旅した折の風景画の未発表の小品数々です。


image.jpg




まだ、少し先になりますが、以上が、「ぎゃらりーさんぽ」期間中に
ただ今、決まっている4展覧会となりますわーい(嬉しい顔)




ひらめき




久しぶりに萌芽の宣伝も少しさせて下さいexclamation
萌芽はJR甲子園口 徒歩6〜7分
白を基調とする10坪のギャラリーです〜

上記日時以外は、空いておりますので、
ギャラリーさんぽ中でも、それ以外でも、展覧会をお考えの方は
どうぞ、萌芽を一度ご検討下さいます様、
お願い申し上げます。






posted by artspaceHOUGA at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 次回イベント予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

アートスペース萌芽 メールお問合せ


アートスペース萌芽ご利用に関するお問合せ、
各種イベントについてのお問合せ、ご予約などは下記メールかお電話にて承ります。

artspacehouga@gmail.com

090ー1954-4526

続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メール問合せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

今年の「ギャラリーさんぽ」は 期間拡大です!



image.jpg




image.jpg



image.jpg

今年もスタンプラリーの賞品は
ボローニャ入線作家の作品がプリントされた缶バッチです!

今年は沢山用意してお待ちしますので奮って
スタンプラリーのご参加を

よろしくお願い致しますグッド(上向き矢印)



ぴかぴか(新しい)









続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次回イベントのご紹介 「ビスタリー夫婦の仲間たち」展


入院中に自宅に届いていた150枚のDM
次回イベントで萌芽のご利用3回目となる、細川泰恵さんからですわーい(嬉しい顔)

image.jpg

1回目の萌芽ご利用は2012年8月
ご自分が開かれている子供造形教室の発表会でした。

2回目は2014年の7月
細川さんご自身の作品展で、会期中に3回もいろんなコンサートをされて
いい時間を過ごされたと思います。

IMG_1232.JPG

お揃いのソレイアード模様の素敵な衣裳に身を包んだ
女性コーラス隊の美声は感動ものでした!

IMG_1267.JPG

そして今年も8月25日(火)〜30日(日)
夏休みの最後の週となります。

細川さんは元美術教師でいらっしゃるので
教師時代のお仲間や元生徒さんが、来易い夏休みを
イベント開催に選んで下さいますグッド(上向き矢印)

今回は、細川さんご夫妻と創作仲間との合同展の様な感じと伺っています。
DMによりますと、

細密駆使の細川ワールドの他、
釣り名人のご主人の作るドリームキャッチャーひらめき

お仲間のガラス作品・木工作品・ハギレ小布作品
写真作品も並ぶ様ですわーい(嬉しい顔)

そして今回も
27日(木)18時〜「セットフィーユ」コンサートるんるん
29日(土)19時〜 ジュリアのエンデイングコンサートるんるん

2回のコンサートが予定されていますひらめき

今回は私も病み上がりの為、
会場設営などのお手伝いが何時もの様に出来ないかもしれませんが、

何度もご利用頂いている細川さんの企画イベントから
久々の再スタートが出来る巡り合わせに
感謝して居ります。

西宮ギャラリー連絡会(NGL)の共催企画
「ギャラリーさんぽ」のトップバッターイベントでもありますので、

同時期に西宮市内のギャラリーで
ボローニャ国際絵本展の今年の日本人入選作家展も始まっている中

ギャラリーをハシゴするコースにも入れて
是非、お立ち寄り下さい。

よろしく、お願い致します。


かわいい

posted by artspaceHOUGA at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 次回イベント予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

人生の一大事! ( 入院〜確定診断まで1週間の心模様)

5月中旬、何の前触れもなく、
襲われた強烈な腹痛と下痢、嘔吐ちっ(怒った顔)どんっ(衝撃)ちっ(怒った顔)

仕事で追い込まれた時など、決まってストレスを感じた時に
若い頃より、見舞われていた

いわゆる持病の様な
過敏性腸症候群の強烈版かなexclamation&question

3〜4日、安静にしていた所、徐々に快方に向ったので
8月から始まる「ギャラリーさんぽ」のポスターとチラシの原稿締切までに

決めなければならない事、作家さんとの打ち合わせ、
その他諸々の準備に追われる中、

再び、お腹の重だるさに加え、痛みのポイントが段々ハッキリとして来たので
一区切りの準備を終えた7月1日に

「これは腸炎をこじらせてしまった」と覚悟を決め、
内視鏡検査の熟練医師のいる、とある総合病院を受診病院

初日は問診、触診と血液検査のみ、
大きい病院は各検査全て予約制なので、

CT検査は翌日、内視鏡は3日後ということで
翌日は前夜から何も食べずに病院に向かうsoon

放射線は浴びなければならないけど
身体を縦横輪切りにして見るというCT検査を受けるのは

齢60を過ぎて始めての経験サーチ(調べる)
着衣のまま横たわって、トンネルの中にスライドされ

息を吸って止めるだけの苦痛のない検査
二日目は検査だけですぐ帰宅し

自分の症状にピッタリする腸炎はないか?と
丹念にネット検索で探した所、

正にピッタリ!️当てはまる症状の
虚血性大腸炎exclamation

虚血性大腸炎の治療法は 絶食、安静、点滴とあるので、
明日には結果が出ている血液検査とCT検査で、

即入院になるかもしれない
否、こちらから頼んででも入院させてもらおうと

入院の用意をして、
予約も取っていない中、3日間連続で車を走らせましたダッシュ(走り出すさま)

ようやく呼ばれた診察室に入ると
予約外にも関わらず、

ドクターの前には昨日撮ったCTの画像が貼られ沈思黙考の様子
僭越ながら、ドクターが口を開く前に

昨夜からネット検索で確信した
「虚血性大腸炎では?」と発したところ、

「凄い!️僕もそれを考えている」
「でも、まだ内視鏡検査をするまでは確定は出来ない」とも言われ

一番恐怖の内視鏡検査を予定通り3日後に受けねばならない事を
改めて覚悟しての、即刻入院となりましたふらふら

幸い、希望した個室に入れたので、まずは一安心かわいい
CT画像からは、虚血性大腸炎の重症化の典型である

腸管の狭窄が見られたので
食欲もここ最近無かった筈だーと妙な納得をして

スムーズに絶食生活に突入することが出来ました
虚血性大腸炎の狭窄は時間が掛かるが、自然治癒出来るという
ネット上の記載を頼りに 

腫瘍マーカーが正常だった安堵感と共に
3日後の内視鏡検査までは 点滴のみの内科的治療がスタートsoon

大腸の内視鏡検査というのは
前夜から下剤を飲み、検査当日も半日近く掛けて大量の下剤水を飲み
お腹の中を空っぽにする準備が必須の、それはそれは辛いものなのですが

私の場合、後から考えると
狭窄部分の流れが著しく悪い為に

前夜の下剤を飲んだ直後より 嘔吐と下痢の繰り返しちっ(怒った顔)
一晩中の七転八倒の苦しみが続く中、夜明けを 迎える事となりましたふらふら

太陽が上り始める頃には どうにか吐き下しは収まったので
予定通り 大量の下剤水を飲まねばなりませんもうやだ〜(悲しい顔)

まあ、3日前からの絶食と前夜の七転八倒の下痢で
もう私のお腹の中は ほぼ空っぽと思われる中、

チビチビと飲み辛い下剤水を氷で誤魔化しながら
500cc程飲んだところで、ドクターからお声が掛かりましたがく〜(落胆した顔)

いよいよ恐怖の内視鏡検査ですむかっ(怒り)
もう覚悟を決め、言われるままに検査服に着替え
車椅子で内視鏡検査室へsoon

勿論
意識レベルが落ちる点滴を入れてもらっての検査を選んだので
検査中の記憶は殆どありません眠い(睡眠)

意識が戻ってドクターより受けた説明は
狭窄箇所より奥にカメラを進めることが出来なかったという事
狭窄箇所までは指したる問題が見られなかったという事

つまり下行結腸の上の方までしか見ることが出来ず
狭窄箇所の2ヶ所を取って病理検査に出したが

結果が出るのに数日掛かるということで
結局、この夜、主人と娘が呼ばれて受けた鑑別診断は

虚血性大腸炎が重症化した腸管狭窄  
or
下行結腸癌による腸管狭窄

今後、腸閉塞や腸管穿孔を起こし、
緊急開腹手術、人工肛門となる可能性もありがく〜(落胆した顔)  という

大変ショッキングな説明を受けることになった7月6日
入院4日目の夜でした夜

これだけヘビーな状況であることを
消化器内科と消化器外科のドクターに告げられた後も

何故か まだ
自説を信じている楽観的な自分が居て

翌朝からは
又 安静絶食に徹して 腸閉塞だけにはならない様、セッセとトイレに通い
日を追う毎にお腹の痛みも浮腫感も嘘の様に消え快方に向かったので

これはやっぱり 虚血性大腸炎と確信し
切らずに狭窄を時間藥で治せるというネット上の
症例を検索しまくっていましたサーチ(調べる)

ドクターはこれほど狭くなった狭窄状態は経験したことが無いと
実に誠実に事実を語って下さいましたが

治療法に関しては

悪性であろうと何であろうと
これだけの狭窄は切って取るしかないという考えなので

既に 押えられる1番早い13日の月曜日に
手術の予約を手配済みexclamation×2

私の頭の中では
腸炎で開腹手術は絶対に受けたくない!️の一念で

どうにか月曜日迄に
ここを円満に退院させてもらえる手立てを講じねばと

意を決して
セカンドオピニヨンの為の検査資料の依頼もして、、、

ドクターの方々は、珍しい症例患者のお腹の中を見たいのだろうが
腸炎如きで、簡単にメスを入れさせないぞーパンチ

という私だけの思いを
研修医の心やさしき若きドクターのお二人と
毎日入れ替わり、立ち代り看護してくれる沢山の優しいナース全員に

訴え続けた
一回目の鑑別診断からの3日間の孤軍奮闘振りは
 正に火事場の底力グッド(上向き矢印)

点滴だけの生活が一週間も続く中で、
よくあんなに喋れたものだと思う

そして、ドクター自身もヒットするかどうか?と
期待していなかった内視鏡検査で取った生検の病理診断が(+)と

9日の朝の回診でドクターより伝えられる事となりましたがく〜(落胆した顔)
全ての数値が正常に戻った血液検査の結果と一緒にですexclamation×2

そんなバカなーexclamation 私にしたら間違いじゃないですかexclamation&question
としか言えない心境です

悪性腫瘍が出てきた以上は切り取るしかないというレールの上に
ポンと載せられた9日の朝から

予定されていた13日の手術日までの4日間は、
それまでの3日間よりもっと苦しい

いろんな思いが交錯した、心千々に乱れる時間となりました。

実は手術を受けた今でも、
間違いだったんじゃないかな?と思っている自分が居ます。

でも、手術前と違うのは もし仮にそうだとしても
ドクターや手術を勧めた人の事を恨んだりはしません。

家族も 内科のドクターも外科のドクターも ナースのお一人お一人も
皆さん、助けたいという一念で

最後まで温かい目で
根気良く説得を続けて、励まして下さいました

そして 
この4日間の乱れる心を整理するのに大きな力となったが
娘の親友の女医さんとの数度のメールでのやり取り

毎日の様に部屋に来て 長い時間
私の疑問や症状の細かな説明を分かりやすく話して

手術の必要性を優しく説いて下さった
若き研修医のお二人

皆さまとの出会いなくして
この人生の一大事を1人で乗り越えられることは出来なかったと
今となっては感謝あるのみです。

術後も変わらず、部屋まで毎日、様子を見に来て下さいますかわいい

点滴生活10日後の体に、口だけはよく動きましたが
外に出て行動する体力はもう無かった事以上に

心優しい医療従事者の凄さに触れて

最後は運を天に任せて
ドクターにお任せしようという心境に至り
手術当日の朝、承諾書にサインしました

只今、術後4日目を迎え、
お陰様で、口から食べ物を頂ける喜びを味わっていますわーい(嬉しい顔)

点滴からの開放はまだですが、
点滴棒を支えに廊下をグルグルと、今日は7周歩きました位置情報

取った組織の病理診断は2週間程先らしいので
まだ安心は出来ませんが、人間いつかは死ぬ宿命ですから

復帰後の人生があるのであれば、
心豊かに大らかに生きて行きたいものと考えます。

今回の事は、ごくプライベートな事ではありますが、
どこかに書き留めておきたい出来事だったので

病室に持ち込んだipadに何回かに分けて書き留めたものです。
緊急必要性のあった方にしか今回の入院はお知らせしていないので

アートスペース萌芽のブログの個人日記にupする事で
目に付く方に読んで頂き、近況報告とさせて頂くことにしました。

8月末より始まるギャラリーさんぽは
予定通りに行う所存で進めて居ります。

いつも以上に皆様のお力添えをお願い致したく思います。
元気になった姿でまたお会い出来ます様、

今しばらくの入院生活を頑張りたいと思います。

退院までの記録も続けて書き留めるつもりですので
よろしければまたお立ち寄りください。

感謝













posted by artspaceHOUGA at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする