2016年07月12日

『テーマは音楽♪作品展』ご応募状況

スクリーンショット 2016-07-01 23.50.50.png


8月6日からスタートする
萌芽企画
テーマは音楽♪作品展


ただ今、作品募集中ですが、
上記、イラストレーター乾真徳氏による
素敵な展覧会案内状に
出展者のお名前掲載が間に合う期限が
あと、4日となりました

ご応募後検討中の方はどうぞ、お急ぎ下さい。

受付は
搬入の始まる8月1日までですが、
お名前が載っていたほうが
嬉しいですから、

駆け込み応募があればいいなーと
昨日辺りから、ソワソワと
心待ちにして居ります


ただ今の
途中経過をお知らせ致しますと、

出展者数22名様による

30号の絵を筆頭に
油絵・水彩・アクリルの平面作品35〜6点
陶芸作品のご応募です


案内状へのお名前掲載は7月16日の夜まで
お待ちしますので、
まだ、十分間に合います




エンディングコンサート&パーティーも
合わせて、ご検討下さい。
〜♪ アートスペース萌芽コンサート Vo 22.58.42.jpg



御予約受付中









posted by artspaceHOUGA at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

2016夏 テーマは『音楽♪』作品募集中!

嬉しい事に、大盛況となった
今春の『さくら♪ さくら♪ 咲く展』の二番煎じ企画かも?

なんて、
ちょっぴり不安に思いながらも

「いつやるの?」という 嬉しいお問い合わせも
各方面より頂いているので、

若干、時間的に余裕ありませんが、決行する事に致しました
夏の参加型イベント

テーマは「音楽♪』


嬉しい事に思い掛けず
イラストレーター・イヌイマサノリさんが急遽デザインして頂けた
流石のDMも出来ています
スクリーンショット 2016-07-01 23.50.50.png


後は、皆様のご応募を待つばかりです





前回は沢山の方々にご参加を頂き、在廊も助けて頂いたにも関わらず
なかなかに厳しい赤字状況の収支でありました

萌芽活動を少しでも長く続けていく事が出来る様に

出展数に関わらず、何枚でも¥1000という
前回の募集要項を見直し、

『整合性のある』出展料設定へと
変更させて頂きました


が、

額の一辺が50センチを超えない作品を1枚出すという場合の
出展料は以前と変わらず、
¥1000の出展料のみで、
上記のステキデザインの案内状が
出展一作品に付き10枚付いてきます。

アートスペース萌芽 2016夏 出展作品募集案内.jpg

上記募集要項にもあります様に
これから作る案内状に参加される方のお名前を掲載したと思います。

案内状にお名前を記載出来る期限を勝手ながら
7月16日(土)24時まで
と致します。

なお
名前の掲載に拘らないというお方は
応募点数が展示可能量を超えない内は
8月1日(月)18時迄
受け付けます。

申し込みは 上記の必要事項を
下記宛まで、Mail送信Fax送信有り難いです。

Mail: at.mari.4953@ezweb.ne.jp

Fax: 0798-71-5442


展覧会の最終日8月14日(日)15時より
クロージングコンサートを予定して居ります



今回も
Vl.根垣りのさん Pf.松尾紗里さん Vc.佐藤禎さん
によるピアノ三重奏、御堪能下さい

届いたばかりの演目です

Haudn : Piano trio XV.25 "Gipsy"

Schuman : Fantasy sutcke op.88

Debussy : Piano trio G-dur


変わり映えしませんが、
急いで作った自家刷フライヤーをお配りしましたとたん
嬉しい事に
御予約mailを頂いています

〜♪ アートスペース萌芽コンサート Vo 22.58.42.jpg



ご予約受付中
(こちらもご予約アドレス同じです)





posted by artspaceHOUGA at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

『横山由紀子 染織展 』振り返り記録


image.jpg

早、『歌う染織家♪ 横山由紀子展』終了3日が経ってしまいました。
今回の展覧会を振り返っての記録です。


いつも展覧会をされている、
神戸・原田の森ギャラリーの10分の1もない、
天井が低くてミニミニな、10坪の1階萌芽のスペースに

横山さんの大作がどんな風に飾れるのか?
不安一杯で始めた展示設営でした。

作品の全貌が観て頂けない展示が、多々発生したのは
分かっていたとはいえ、
ヤッパリ少し欲求不満ではありました


明らかに萌芽の天井高2,8mの倍近くある作品は、下から巻き上げて、
床に置くしかないという残念な展示にならざるをえないので、
横に、ニューヨークでの展示風景を撮ったのを貼って
織物の全貌はそちらでご確認頂くという
そんな展示もありつつですが、

今回の展覧会は
通常の展覧会と違って

熊本震災義援金チャリティーイベントとして営みなので
展示の不備はお許し下さいということで、
段々と気にならなくなったというか
そんな事、作品の持つ力の前では全く杞憂であったという事でしょう

作品展示、どうぞご覧下さい


先ず1F、入ってすぐの左手の壁
image.jpg




購入希望者が少なからずの作品でしたが
展示作品は一切手放される予定はございません
image.jpg



金茶色、好きな色の一つです

image.jpg
はい
案内状にもなっていました、5mはあろうかという大作の
下3分の1が、巻かれて横たわって居ます。
実はここから下はセピア色が段々と濃くなっています。

image.jpg



image.jpg
入り口から観た正面の壁展示です


image.jpg
染め直しと、確かお伺いした作品2本


image.jpg

image.jpg
涼しげな色です〜




他にも1階展示作品はあったのですが、
迂闊にも撮り忘れたので
2Fに移ります

image.jpg

この織物の真下の椅子に座って
ipadを操りながら、しばらく佇んでいましたら
もう、ホントに
涼やかで、心地良かったです〜


この位置から撮った写真がコレ
image.jpg

いつでも歌える様にスタンバイされていますね

image.jpg

対面の壁も

image.jpg




image.jpg


1階は10坪の狭さながら
天井高2,8m

2階は倍以上の広さながら
天井高が2,5m

4m以上の作品をBestな展示でお見せする事は
出来ませんでしたが、

萌芽得意の夜展示だけは
ちょっぴり面目躍如 

image.jpg
夜は白エナメルのカッティングシートが青になります。


真っ暗な外から窓越しに
よろけ織が浮き立つ「紗感」  美しいではありませんか❗️
image.jpg

image.jpg 
ホントに綺麗

image.jpg

image.jpg
自画自讃の様ですが、
やっぱり
萌芽は夜がいいです

この季節、20時まで開けていないと観れないとのが
残念なのですが、、、



そんなこんなの、雨にも降られた4日間でしたが、
オープニングのコンサートと最終日は
お天気にも恵まれ、

命題の
「熊本震災義援金集め」も
11日のチャリティーコンサートと連日のミニコンサートで
皆様から寄せられました浄財から
主要な経費実費を引かせて頂きました収益金

60880 円
熊本県庁震災義援金口座《ゆうちょ銀行》に
振込ませて頂くことが出来ました。

image.jpg

ご賛同頂きました方々に、心より御礼申し上げます


連日の歌の、声の大サービスでさぞやお疲れだったと思うのに
さすがのパワフル横山さん

展覧会の前夜同様に、最終日も朝から
大量のお赤飯と
ポテトサラダやチキンマリネまで作って
クロージングパーティーを開いてくれた上に

昼だけでなく、
夜も又マイクを握って熱唱
最後の最後迄、私達の期待に応えてくれようとする
横山由紀子さんの熱いハートと体力には
脱帽の極みです〜

image.jpg


image.jpg



Thank you very much for Yukiko

&

 Thank you very much for everyone 










posted by artspaceHOUGA at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

歌う染織家♪ 横山由紀子チャリティーコンサート報告

先ず、終演後に撮った
本日の『歌う染織家♪ 横山由紀子チャリティ−コンサート』
ご出演の御三方面々の満足そうな笑顔をどうぞ

image.jpg


image.jpg
本日13 時より始まりました『横山由紀子 染織家展』
作品の展示紹介は追ってご報告致しますが、
先ずはチャリティーコンサートのご報告です


New Yorkでの個展に備え、歌う事を一年以上、封印していたとは
とても思えぬ圧倒的声量といい声〜の横山さん    と

image.jpg
「アメージング グレース」 「糸」  最後はアカペラで



image.jpg

萌芽お馴染みのフルーティスト・中嶋みのりさんと
ピアニスト・金沢彩子さんにも賛助出演頂いた、
今回のチャリティーコンサートは
萌芽Hallオープン以来、始めてのマチネ開催となりましたが、

image.jpg

スタートの15時より休憩を挟んで2時間にも渡る盛り沢山のコンサート
+
終演後のパーティーも2時間近くにも及び、

通しリハ無しとは思えぬ、さすがプロ三人の歩調もよろしく、
とても楽しい時間となりました

歌は勿論なのですが、
横山さんのMCは声の良さに加えて、
全く身構えることなく、極自然体 なところがイイですね

フルーティストのみのりさんのMCも
吹奏楽器奏者だけあって、発声美しく、優しい語りが
いつも心地良く、大好きです。

image5-1.JPG
命の歌


ご予約無しのお客様が10名近くいらっしゃったので、
プログラムは足りなくなるは
又しても、椅子キツキツの場内となり、
空調の調節も難しかったですが、

マイクやアンプを使うコンサートは初体験で、
また、新たな展開も期待したくなる御三人の演奏であり、
特筆すべき2016年の記念のコンサートの一つとなりました



image4.JPG
「It we hold on together 」「Fly me to the moon」


image.jpg
横山さんは、武蔵美に始めてフォークソング同好会を作った生徒だったらしく
ギター を抱えて歌う染織家登場です〜
「アドロ」



image2-1.JPG
フルート&ピアノのDuoは演目は直近に決定したので、プログラムにはなく、
曲名不確かです。確かプーランクと、

image.jpg
このピアニストのガッツポーズ?は、チャルダッシュ!?
フルートの方が大変なのですが。

image.jpg

image.jpg

演目は他にも色々、ありました
大好きな「ハナミズキ」も「いのちの歌」も
「We shall over come」も

指導付きで、みんな一緒に歌いました



image.jpg
萌芽は、1階も2階も窓が大きいので、
昼間は逆光になり、映りのいい写真がなかなか撮れませんね!

主催者としては、残念ながら演奏に集中することも出来ないので、
レポートも正確とは言い難いのですが、
以上、忘れて終わぬ内の、駆け足ザックリレポートでした



パーティー時の写真が、いつも撮れないのは、
食べるの、喋るの、飲むのに
追われるからですね
案の定、今日もパーティー時の写真はゼロ


因みに本番前夜の萌芽Hallです。
夜はさながら、Jazz Liveが似合うJazzyな空間ではないですか

image.jpg

image.jpg


本番前夜、
一番お忙しい、主演の横山さん自らが
朝から作って持って来て下さった
美味しーい炊き込みご飯で
ちょっぴり
前夜祭気分です〜❗️

image.jpg



image.jpg





「染織展」はあと3日、6月14日(火)までやっています。
是非、近くで観て頂きたいです〜
お見逃しなく






posted by artspaceHOUGA at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

田邊和子 油絵&水彩画展 始まりました


image.jpg

昨日より
『田邊和子 油絵&水彩画展』
快調に滑り出しました。

お預かりした大きい作品3枚
P80号2枚と100号もあまりに素晴らしいので
80号と100号のベニス2枚は
2F  音楽サロンの一面を使っての
展示となりました

image.jpg


先週、京都市立美術館から帰って来たばかりの
2015二科展入選作品の「旅の記憶」のUPをどうぞ

image.jpg

バックに惹かれます


もう一枚の大作は1Fに
横からの撮影ですが
image.jpg


という訳で
1FにはSM〜80号までの油絵22枚と水彩画8枚の
計30枚

2Fには80と100号の2枚
のラインナップ

画業40年に渡る作品群は本当に見応えあります


image.jpg
『オンフルールの港』油彩6号
額付き¥30000は有り得ません


image.jpg
『黄金色のポルトガル』 油彩6号
こちらも同じく、上等な額付きで¥30000です


image.jpg
『ベニス』油彩8号
絵と額がよく合っています。こちらも勿論、額付き¥36000です〜



image.jpg
『坂道のポルトガル』油彩6号  ¥30000




image.jpg
『ひまわり』    『洋梨』      油彩6号 ¥25000

作家さんお気に入りのこの2点は
非売品としていましたが、

欲しい方に大事に飾って頂けるなら手放してもいいという事になりました。
額無しですが、右の洋梨の絵は
額装しない方がいい様に思います。

私も好きな一枚です。


ところ狭しと並んでいる1Fです〜
image.jpg


image.jpg


image.jpg


29日の日曜日までやっています


28日の土曜日夜のコンサートも盛り沢山の演目

終演後もパーティーも付いて
¥2000の入場料となります。

田邊さんの絵と同じく
上質の演奏に、ささやかですが
アルコールと軽食もご用意し✌️居りますので、

演奏者との語らいや演奏の余韻を
是非、お楽しみ下さいます様に




posted by artspaceHOUGA at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

熊本震災に寄せるチャリティーイベントのお知らせ

文書1-1.jpg
♪-1.jpg

震度7に見舞われて、早1ヶ月の熊本は未だ収まる事なく、
今後もまだ大きい地震が来るかもしれない恐怖の中、
被災者の方々の心労は如何ばかりか!

ニュースで見る熊本城の被害も当初の報道より凄まじく、
心痛いです。

5年前に東北を襲った震災と津波の疵も癒えぬ中、
そして、一番不安なのは
壊れた原発の行く末!

この決して広い国土ではない日本列島に数多走る断層図を見ると
明日は我が身ではあるが故こそ、
何もしないでは居られない!

5年前の津波の映像を見て
居ても立っても居られない!

生まれて始めて湧き起こった、そんな衝動に背中を押されて
出来たアートスペース萌芽。

これ、ホントの話!
さて
この5年間、何をやってきたのか?
胸を張って言える事など、何も出来なかったけれど

知らなかった人が集まって来て、
なんとなく、繋がっていく、
そんな楽しさを感じて居る中、ゆっくりだけど無理せず、
まだ。続けていきたいと、
やっぱりそう思っている自分が居る。

もっと、もっと、心を頭を柔らかくして、、、、、
これはなかなか難しいけれど。

そんな事を考えている中、
ささやかながら、萌芽で出来るチャリティーコンサートを
大学の同窓の横山由紀子さんと
やる事になりました。

彼女が40年以上も真摯に続けてきた染織という創作活動。
New Yorkで個展をするという、長年の夢を
この4月に叶えて来たばかりの彼女の話を聞きたい人は
きっと、大勢いる筈

帰国報告やら何やらカンやらと、
それともう一つ、

忘れてならない!Singerとしての顔
折角、ピアノもある、ArtSpace萌芽Hallでご披露してもらって

New Yorkで個展なんて、誰でも出来る事ではない!
そんな稀なる経験を味合えた喜びに感謝して、

全く同じ時期に被災された熊本県民に
ほんの少しだけでも、心寄り添う気持ちのお裾分けが出来ればいいな!
という気持ちのチャリティ−コンサートを
企画しました

さくら展でのオ−プニングパーティーで
演奏で花を添えて下さった
フルートの中嶋みのりさんとピアノの金沢彩子さんも
加わってくれる事になりました


萌芽は横山さんの織物の大作を素敵に展示する天井高は
到底ないのですが、

勿論、作品展示もチャリティーコンサートをする
11日(土)から4日間、14日(火)まで1Fにて続けます

とてもパワフルな彼女の魅力を
作品と歌で感じ、
夢を持ち続ける大切さに

Let's spark joy



続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

次回の展覧会と萌芽コンサートのお知らせ


文書1 のコピー.jpg

次回・展覧会の案内状が連休中に届きました。
♪.jpg

恒例のさくら展に昨年より出展頂いている、田邊和子さんから
先日の『さくら咲く展♪』終了後まもなく、
個展のお申し込みを頂きました


『さくら展♪』への出品は、
昨年も今年も
水彩で描かれた春の風景画だったので、

「油絵の大作を描かれている二科会入選常連者」とはお聞きしていたものの
油絵を拝見するのは 今回が始めてでしたが
驚きました

萌芽のお近くなので
展示する絵をセレクトして運ぶお手伝いの為、
山本さんと一緒にご自宅に伺ったのですが、

作品の数もさることながら、どの絵もあまりに素晴らしくて
二人して、本当に驚きました

本格的に画業に専念出来る様になって25年程とお伺いしましたが、
80を超えられた今も、精力的に毎日絵を描かれている姿勢、
否、多分
描かずには居られないと言った方が適切かもしれません

そんな、素敵な田邊さんの絵を所狭しと展示し
破格の価格で販売も致します

家に1枚シャキッと絵額を飾りたい方には必見の展覧会と思われます

『田邊和子 油絵&水彩画展』
5月24日(火)〜29日(日)

11時〜18時



会期中には2F・ArtSpace萌芽Hallにて萌芽コンサートもございます

5月28日(土)18時開演

当日は、
ご出演のピアニストのお母上様でいらっしゃる
銅版画作家・福田弥生さんの
とてもオシャレな銅版画作品も演奏会場に展示致します。

18時からの開演前にご鑑賞頂けます様に
いつもより開場を30分早めて
17時開場と致しますので
少しお早めにお越しの上、1F・2F共々ご覧頂くたく
ご案内致します。

肝心のコンサートのご案内です

聴き応えのある名曲の数々を
確かな演奏で聴かせて頂ける、初登場のお二人です

萌芽コンサート.jpg


リューミィなプログラムですので、
途中、休憩を入れさせて頂き、

終演後はいつもの様に演奏の余韻を楽しんで頂けます様、
軽くお飲物もご用意して
しばしの歓談タイムを予定して居ります。

コンサートは50席ですので、
なるべく、mailかお電話でご予約を頂き、
入り口で当日精算です。

こちらも破格の¥2000


只今、ご予約受付真っ最中


続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

2016 『さくら♪さくら♪咲く展』御礼

2016年も早、
ゴールデンウィークに時期に突入🔜

さくら咲く展.jpg

『さくら♪さくら♪咲く展』終了より
早くも一ヶ月も経とうとしておりますが、
会期中の記録もA室の駆け足報告で止まっている中、

思い出して書くのより、
リアルタイムの思いを記録致したく、
ゴールデンウィーク初日のラフな自由時間を使って一言啓上


本当に返す返すも
皆々様のお陰で、参加人数だけでなく、中味の濃い、いいイベントとなりました事、
心より感謝、御礼申し上げます


先ず、50名のご参加の申し込みを頂きました
一番の要因はひとえに
画塾の生徒さんに広くお声掛けを下さった
根垣睦子先生と、運天善吾先生のお力添えのお陰と
有り難く思っています。

また、生徒さんからお知り合いの方への伝言効果も
少なからず有った様で、
これも又、思いがけない波及効果と申しましょうか?
予想もしなかったことで
有り難い事でした。

諸先生方の生徒さんは
元より絵がお好きで、定年退職後に習い始めたとはいえ、
皆さん、かなり筆達者な方ばかり

募集するにあたって何の条件も審査もない参加型展覧会にしては
作品のレベルが総じて高かったので

平面作品だけでも80点を超えた、展示数もさることながら
作品の種類・表現も多岐に渡った
見応えのある展覧会になりました。

それらの思い掛けず集まって来た作品を掛ける場所も
タイミングよく、空いたお隣の店舗スペースも加わって
無理なく、展示出来た事も
不思議な偶然で
結果的には
寄せられた作品を全てお返しする事なく
飾れた事も特筆しなければならない事の一つです。

一つだけ残念だった事は、
結構楽しい展開になったオープニングパーティーの出席者が
少なかった事でしょうか、


IMG_0424.JPG


この、クリムトの「接吻」の絵の額に写り込んだ
自宅リビングの出窓から見える春の窓辺と「接吻」のコラボ写真
という、素敵な写真作品を撮られた中村氏がされた作品説明が

取っ掛かりとなって、参加者全員がお一人ずつ
自作品の創作意図など皆さんの前で説明する!という
予定にない流れになったのですが、
予定は未定の面白さもあり、

大勢の出席者であれば、それも無理だったかな?とも思っています。



IMG_0275.JPG



IMG_0281.JPG

適当にBGM演奏をと、頼んでいたフルートとピアノのお二人も
出席者の少なさに、やや拍子抜け、
BGM?とは違う、お客さんの椅子、みんな演奏者の方に向いて
真剣に聴いてくれているー 

IMG_0282.JPG

事前に聞いていた雰囲気と違うやんてな感じでしたが
少しずつ 場の雰囲気にも慣れて
小パーティーも楽しい時間となりました。


IMG_0274.JPG


あいにくの雨のスタートとなった『さくら展♪』でしたが、
二日目のポカポカ陽気で、周辺の桜は一気に満開となり、
日を追う毎に超忙しとなりました。

今回、あまりの出展数の多さに
A室・B室・C室と
展示会場を3ヶ所に分けたので、
在廊要員も各室一人の計3人必要だったのですが、

そちらも、日を追う毎に
予定外でも、毎日の様にお友達やお知り合いを連れて来て下さる出展者が増えて
有り難い事に
後半は私もバックヤードで休ませて頂ける位でした。


そして、最終日の前日には
ずっとお会いしたいと思っていた御方が遠路、滋賀県からきて下さいました

この素晴らしい写真作品の作者・馬場さんです。

IMG_0260.JPG

思わず、作品をバックに記念撮影してしまいました

IMG_0349.JPG
いつも、FaceBookにリンクさせている
彼女のブログ「水の森」で拝見している素晴らしい自然のショットに
感嘆していたのですが、
このたび、私の要請に応えて下さり、
琵琶湖周辺のさくら4作品を寄せて下さいました

実は、今回始めて、ご長男の陶芸作家・馬場匠さんとの親子出品です。
匠さんの作られる作品も繊細で、とても色が美しい

image.jpg
image.jpg
実は『さくら展♪』後も
春作品を追加して頂き、B室展示し、販売も継続中です

新しい展示はバックの絵も『赤冨士』から変わりました。
作者は同じく、山本照代さんの『菱田春草に寄せて』

image.jpg

image.jpg

B室の長ーい作り付け棚のお陰で
流れのあるディスプレイが出来ています。
春らしい器が並んでいます。
全て、販売致します。

お値段もとても低く抑えられています。
オススメです

そんなこんなで、今回はずーっと出展して頂きたいと思って居たり、
お会いしたいと思って居た方にお会い出来たり、
また、今回始めてお出会いした御方も沢山、沢山居られて
そこから、また繋がってご縁の輪も広がったり 

実はそんな事が何より嬉しいことの様にも思います


それとこれも嬉しいこと
今年の『さくら展♪』も昨年同様に

根垣りのさん・松尾紗里さん・佐藤禎さんのピアノトリオで
「さくら展』の最後を飾って頂く事が出来ました

本当に嬉しいことです
本当に素晴らしい演奏をして下さる御三方にも感謝


IMG_0351.JPG




IMG_0367.JPG



IMG_0374.JPG

この夜もご予約以上に
大きくキャパ越えのほぼ60名様のご入場を頂き

この辺りがどうやら限界ラインを実感しましたが、
連日の合わせ稽古を考えると

少しでも多くの方のお耳に届けたいと、

演奏者にとっても演奏し甲斐のある事と信じ、
入場お断りする事など、出来ません。

客席側の多少の不快感を払拭とはいかずとも、
ご容赦頂ける、価値ある萌芽コンサートを心掛けたいと
あらためて思います。

搬出業務も
数が多いだけ、これまでより少し時間が掛かりましたが
遠方からの出展者への梱包・発送業務
車での配達などは速やかに終了する事が出来ました。

今は、早速
『さくら展♪』出展者のお一人様からご依頼頂いた
個展の準備中です。

それも、願っていた展開とはいえ
随分と早いオファーに驚きつつ。勢いに乗って
もう既に作品もお預かりし、
後は3日のDMの完成が待たれます


今日は更に、水面下にあった2つの事案が
少し前に進みました。

この度の熊本大震災へのチャリティーイベント構想が
オファーしていた方から賛同のお返事を頂いた事

加えて

折良く、連休中の上京予定に
9月予定のイベント
「2016・ボローニャ国際絵本原画展入選者個展」の
作家さんとお会いして打ち合わせる
お約束が出来た事


一人ではとても心配な業務推進も
今春よりサポートして下さっている照代さんのお陰で

想像上以上に心丈夫 
これって有り難い事と心より思う昨今です。

















posted by artspaceHOUGA at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

 新ご利用案内についてのいろいろ


2016年4月 『さくら♪咲く展』の時に急
設定する事になった

A室・B室・C室を
今、しばらく現況のまま
臨機応変に使う事に致しました

従来の1Fの白いギャラリーを
A室・33、3平米(壁長19,5~21,5m)

南隣の旧眼鏡屋を
B室・33,3平米(壁長19m)

加えて2FのArtSpace萌芽Hallの
壁使用を指して
C室・68平米(壁長17m)



どの部屋も、
単独使用もダブル・トリプル使用も可能とします。


<A室>
A室は、平面作品の展示向きです。
北東の角に位置し、
窓が広く、外部からよく見える明るい部屋で、
手作り感満載のチープシックながら
白を基調としているので
比較的、作品を選ばず、特に夜が美しいです。

ちらにはYAMAHAデジタルグランドピアノが常設なので、
コンサートが可能です。
(デジタルグランドピアノ使用料 ¥500/h ・椅子は無料/25脚有り)



<B室>
B室は作り付けの長い棚を利用した、
平面以外の置き展示に向いています。

反対側の壁には平面展示も出来て
棚の下には引出しと扉付きの棚が並び、
収納量も多く、
バックヤードも広めで
どちらかというと、物販向きでもあります。


今、活け花同好会が
A室の空いている週末に
月1の活動をずっと続けて下さっていますが、

こうした
同好の士が創作活動を共にし教え合う場
また、専門家の教えを請う、教室の場が、もっと萌芽内に出来て

より多くの人が交流する場となれば、何よりなので、
このB室の出現により、
今後はそうした利用者も積極的に募っていこうと
模索し始めているB室です。



<C室>
C室は2Fなので、
エレベーターのない萌芽には
年配者のご利用に問題がないか?を考慮する必要があるかもしれません。

A室とB室の連動より、単独利用向きかと思われます。

何と言っても、東面・北面の床からの窓の大きさは魅力です。
という事は、
展示出来る面は 南面6,2mと西面7,2m
東面の窓のない部分とピアノの後ろ側の
各1,8mずつの合計17m
やや短めですが、
1,2m幅の可動式パネルを使う事も可能です。


こちらはArtSpace萌芽Hallという音楽サロンでもあり、
YAMAHAグランドピアノCX5が常設で、
本格的なコンサートとのコラボをお考えの方には最適の空間ですが、
平面展示のみのご利用にも対応致します。



音楽使用としては
ただ今、
萌芽企画のコンサート
室内楽のリハーサル、ママさんコーラス練習場として
稼働していますが、


お昼なら¥5000〜、夜でも¥10000〜で
負担少なく、
有料・無料に拘らず
コンサートが開ける場として
有益にお使い頂く事も可能です。


また、もっと気楽に負担なくコンサートを企画してみたいと思われる方には
こういう方式はいかがでしょうか?

¥500〜¥1000の入場料を設定し、
ホールとピアノ使用料を頂かない代わりに
当日の入場料収入を折半する


他に、定期的に教室としてのご利用も可能かもしれません。



れぞれに全く雰囲気の違う
用途の発展性もある
A室・B室・C室の3室をぜひ、実際にご覧になって、
面白い利用法を考えてみて下さる方をお待ちしています。



<利用料について>

ご利用料金はA室・B室共に平面展示ご利用の場合
  ¥6000 /日(10:00~18:00) と致します。

時間貸しの場合は
¥750/h(10:00~18:00)

*18時以降のご利用は¥1000/h

*

C室の平面展示ご利用料金は
¥8000/ 日(10:00~18:00)

時間貸しの場合は
¥1000/h(10:00~18:00)

*18:00~21:00のご利用は¥1500/h

A・B共
*空調利用の12~3月下旬と7~9下旬の間は別途¥50/h加算

C室は部屋も広く動力なので
空調利用は¥100/h加算

以上が展覧会の際の利用料となります。




2F・C室を『ArtSpace萌芽Hall 』として、音楽使用する際は
別途の料金規定となります。


◎リハーサル・レッスン利用 

¥1000/h(曜日に拘らず10時〜18時)
¥1500/h(曜日に拘らず18時〜22時)



ピアノ使用料¥500/h
空調利用時は¥100/h加算

             



◎コンサート利用   

¥3000/h(平日10時〜18時)
¥4000/h(平日18時〜22時)


¥4000/h(土日祝10時〜18時)
¥5000/h(土日祝18時〜22時)

開場〜終演後30分まで(お客様がご入場している時間帯)が上記料金となり
それ以外の時間帯はその半額で計上致します。
超過時間については30分単位の課金となります。


ピアノ使用料 ¥1000/h
空調利用時 ¥100/h加算

ピアノ調律を希望される場合は¥16000〜16500(当ホール専属調律師に限る)



以上がArtSpace萌芽Hall のご利用料金となります。

客席は原則50席ですが、MAX60席までは可能です。

その他、ご利用時の注意事項などの詳細は
お問い合わせ下さい。

上記の内容で、ただ今製作中の利用規約書も
出来次第、ご案内させて頂きます









posted by artspaceHOUGA at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016改定・新ご利用案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

2016「さくら♪さくら♪咲く展」事後録A


image.jpg


B室ファサードの展示です。
山本照代さんの20号の力作『赤富士』と
陶暦25年以上の岡橋弘子さんのさくら絵付け皿が

偶然にも上手くコラボしてくれました。
亡き母の半幅帯も力を貸してくれていますでしょうか?



image.jpg


滴翠美術館の陶芸研究所で25年以上、
陶作を続けて居られる岡橋弘子さんの見事な作品「琳派四百年に寄せて」 を中心に
さくらの絵付け作品が並びます

絵付けの紋様は全て、「さくら」です
岡橋さんは桜と金彩がお好きだそうです。

そして銘々皿の裏には見事な
筆文字でさらさらと書かれた百人一首の句が
多分、書き直しが一切出来ないのでは?

細部への拘りが半端ないのに、
作品の印象は
一見、ダイナミックでもあり
岡橋さんの力作に感動しました

写真は売れ筋のぐい飲みが出払ってしまった後の撮影となり
ちょっと 残念です。


IMG_0406.JPG

image.jpg

こちらは西宮在住の陶芸家・原田洋子さんの作品です。
正に、『さくら展♪』に相応しい直球のデザインです

2015の西宮市長賞の受賞者でもある原田さんに
お声掛けしたのは私本人なのですが、

萌芽用の名刺入れに入っていたお名刺をみて、
「さくら展の出展募集要項』をお送りした中のお一人で、
実は、名刺をいつ頂いたのかも、お顔も全く覚えては居ないという状態でしたが、
応募して来て下さったのです。

お忙しい洋子さんに代わってお母様が搬入して下ったのですが、
てっきり、洋子さんと思い込んでいた位、全くもって
何も存知上げなかった訳です。

でも、知らない御方にオファーの声を掛けた自分の勇気に万歳
有り難いお出会いでした。


そして
今回、もうお一人、同じ経緯で
出展に応じて下さった方がいらっしゃっいます。

筆文字を使ったデザインを作品に活かして
ステーショナリー系グッツ〜アート系まで
幅広い制作をしている
東海律子さんも

二年前の船坂ビエンナーレの時に頂いていた自己紹介のリーフレットを
名刺入れに取り置いていたのがご縁の元となりました。

祝袋がポチ袋、一筆箋は 女子にとっては
いつも引き出しにストックしておきたいものですから
よく売れました

IMG_0408.JPG


それから、もう御一方は黒一点!
一番お若い男性陶芸家・ 滋賀県在住の馬場匠さんは
昨年末のXmas展に続いて、
ご出品下さいました。

元より、彩色の美しさに魅かれる作家さんですが、
春に相応しい、やさしい色の器が
たくさん、届きました。

毎日の食卓で普通に使える、それでいて
普通には売っていない
フォルムの美しい小鉢が
沢山売れました

image.jpg

image.jpg

高台の器も、ホームパーティーの時に大活躍します
花瓶もルーシー・リーを彷彿とする、マット感と色目です

「葉守」の西林ご夫妻が育てたチューリップと
クリスマスローズがとても良く似合います〜

高坂さんの描かれたパンジーも可愛い

image.jpg



こちらも昨年のXmas展で 
エリナ織りと見事なコラボレーション作品を出して頂いた
西野恵子さんのコーナーもB室の作り付け棚コーナーを
期せずして
上手く利用する事が出来て展示した私もビックリ 

IMG_0409.JPG

西野さんに喜んで貰えるか?
ちょっと心配だったのですが、それなりに気に入って下さっていたのでは?
と思っています

こちらも、羽を使った小品が2枚売れました



IMG_0412.JPG


西䏮一恵さんの箔を使った油絵は
さくらの幹からいきなり咲くさくらの生命力を感じる
印象的な作品でした。


IMG_0410.JPG


昨年のさくら展では
娘道成寺の土人形を並べて頂いた大菅満義さんは
今年は手作りの陶額に
ご自宅庭の大枝垂れ桜の水彩画を入れて。

御歳80才を超えられているとは
とても見えないパワフルな元デザイナーさんです




IMG_0414.JPG


今回の一番、ビックリポンの作品
岡谷康子さん作「ガラス絵」は
まず、届いた段ボールの箱の重さにビックリ

梱包を解いて箱から出した時も見てビックリ

フンニャリと溶けて形を変えたウィスキーやワインの、ビアグラスが
それぞれにデザインされたオブジェとなって
油絵の額からはみ出す形で
レイアウトされ、強力接着剤でセットされている

その様な作品『ガラス絵』は岡谷さんの発案だそうです


他にも北側一面には8枚の
『さくら展』無視の油絵を掛けさせて頂き、
少し、寄せ混ぜ感があるかな?と展示中は不安だったのですが、

高級感のあるインテリアのお陰で、
ゴチャゴチャ感というより、バラエティー感と思って頂けたらしく

マジに
ヒヤヒヤがホッとしたB室でした。


実はさくら展終了後も
陶芸作品と東海さんのステーショナリー系グッツ販売品の展示は続行中です。


image.jpg

image.jpg

posted by artspaceHOUGA at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

ArtSpace萌芽Hall  萌芽企画コンサート予告


来る5月28日(土)18時開演の『萌芽企画コンサート』
決まりましたので、お知らせ致します

3月に、兵庫県立文化センタ−大ホールで、
兵庫県医師会交響楽団をバックに
モーツアルト・ピアノ協奏曲第20番という、
モーツァルトには珍しい短調の劇的展開が心を揺さぶるコンチェルトを
表現力豊かに演奏されました
今や、早、油の乗った、若手ピアニスト・福田絵麻さん

海外経験も豊富な、一度演奏すれば、
「アレアレ!」と感じるヴァイオリニスト・谷口朋子さんとの
共演です

クライスラー特集と思いきや、
届いたプログラムは盛り沢山です。

Emmaさんのソロも
大好きなフォーレ・即興曲第2番聴かせて頂けます

少し、先になりますが、
聴き応えのあるコンサートになると思いますので、

是非、御来聴下さいませ

萌芽コンサート.jpg







続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ArtSpace萌芽Hallコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

2016「さくら♪さくら♪咲く展」事後録@

image.jpg

2016年の『さくら♪さくら♪咲く展』
4月1日(金)〜9日(土)の会期を終え、早2日が経ちました。

日曜日にほぼ、搬出作業を終え、
後はこちらから配達サービスする数カ所のみながら
まだ、完全に終わった訳ではなく、

また、陶芸作品に関しては弾き続き、コーナー存続を試みる予定なので、
今しばらくの試行錯誤が続きそうですが

忘却の彼方に行ってしまわぬ内に、
2016の「さくら咲く展♪」の記録をと、思います。



さて、どこから書けばよいのか?
今年の『さくら展』はとにかく、大きなイベントとなりました
先ず、出展数の多さは既にお知らせした通りですが、

50名の参加者がそれぞれ5人のお知り合いを誘って下さったとしても
会期中の来廊者は250名という事になります。

今まで、1週間のイベントでそれほどの来廊者は皆無の萌芽でしたから
芳名簿用紙が、すぐに足りなくなってしまうピッチで

しかも、記名をされない方も多い中、
おそらく、300名近く? ご近所の方は何度も足を運ばれますから、
おそらくそれ以上の方に観て頂けたのではと思います。

寄せられた85点の作品も
三重県・滋賀県・京都・奈良からと、
昨年までとは違う広がりの元、

50人のお一人お一人の熱い思いが込められた
油絵、水彩、銅版、写真、書道、陶芸、織り、縫い、粘土と
多岐に渡ったアート作品が一堂に会しました。

折よく、萌芽のお隣の眼鏡屋さんが3月に退去され、
ここの棚を陶芸作品の展示用に使えた事も有り難く、

3室を使って類型分けした展示が出来た事が
これだけの点数を上手くさばけた大きな要因だったと
この偶然に感謝しています。

アートスペース萌芽をA室・お隣の空き店舗をB室・
2F萌芽HallをC室として稼働した
さくら展期間中は

各会場に一人ずつの在廊者が必要だった訳ですが、
50人の出展者から数時間でも来れる方を募って手当てするというやり方で

前半はやや、アタフタしたものの、段々と活気付いて
後半はどの部屋もいっぱいという感じで
ギャラリーというより、コミュニティー感満載の場となりました

私自身も、今回いろんなご縁を作る事が出来、それは
これから大事にしていきたい事でもありますが、

参加して下さった方々もそれぞれに有意義な時間を過ごし、
出展者同士も繋がり
何より、楽しんで下さったと信じています。

それは私の目指す事でもあり
そういう意味でも
今年の『さくら展』は記念すべき「さくら展』となりました


A室展示は基本、
「さくらを描いた絵」を並べました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg





IMG_0395.JPG

A室の正面展示は甲子園口在住の道下恵子さんの作品『さくら色の川辺』
アクリルガッシュで描かれた、見事に華やか作風です。
描かれた道下さんも年齢を全く感じさせない、
美しく華やかで可愛い女性です


IMG_0328.JPG

6月に大阪市立美術館の大きなスペースを使っての展覧会が予定されている
いのうえくきこさんですが、
準備でお忙しい中、今年もこんな、可愛く力強いさくらを描いて下さいました


IMG_0324.JPG

岩手山をバックにした一本桜を織りで表現した優しさ溢れる作品です。

大学の同窓・口丸弘子さんはスゥエーデン織りで絵を織る
独自の世界を確立されている作家さんで、
作品同様、慈愛に満ちた優しいお人柄です。

彼女の作品で萌芽を一杯にして欲しいという願望を
実は前から持っていたのですが、

今回始めてさくら展への出展を快諾頂き、一歩夢に近づいた思いです




さて、
勝手ながら
今日はここまでとします。

事後録Aに続く







続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

さくら展、早5日目突入!

image.jpg

2月から準備を始めた、今年の「さくら♪咲く展」
アッという間に初日の4月1日を迎え、

本日で早、中日5日目を迎えました

今回はスタートを迎える準備段階で
DMに入れる出展者のお名前の字を間違ったまま入稿し

出展者による指摘で初めて気が付くという
名前絡みのミス連発!

展示においても
悩ましい問題にも直面し、いろいろと学習することも
スタート当初からありましたが、

どうにか、無事スタートし 
連日切れ目のない来廊者で嬉しい悲鳴を上げています。

今回は50人の出展希望者による作品が
なんと、平面作品85点、
その他、陶芸作品、織物、筆文字作品など、150点を超す
正にビックリする程の展示物が寄せられました

一時は4月1日のスタートまでに展示が仕上がるか?
心配になる程の、試行錯誤の連続でしたが、
どうにか予定通りに幕を開ける事が出来、

ホッとしつつも、連日の接客で、
帰宅後はバタンキュウ−の状態です。

ここでの途中経過報告はおろか、写真を撮る余裕も無い有様ですので、
終了後の総括まで、更新はしばらくSTOPです

今日、撮れた、目出たい赤富士を1枚
山本照代さん作です。
岡橋弘子さんの素敵な器と、B室のファサードを格調高くしてくれています。

3写真.JPG


続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

2016「さくら展」出展申込み締め切りました。

文書1.jpg

2016年『さくら展』出展応募は
満員御礼の中
本日、締め切りと させて頂きました

当初、
案内状印刷の原稿入稿日の前日の25日を
お名前掲載の締め切りと、させて頂いていましたが、

26日の印刷原稿の入稿後も申し込みが相次ぎました

幸いにも一回だけなら
まだ修正原稿の再入稿が可能という事だったので
残りわずかのスペースにお二人の名前をどうにかレイアウトし
無事再入稿完了

ルンルン気分で、ギャラリーでの用事を済ませた後、
ギャラリーこもれびさんのCAFEで
3月から始まる倉庫リフォームの打ち合わせ後に向かった

『イヌイマサノリ絵本原画展』開催中の天満橋路上でも、

明けて、本日27日の朝になっても
申し込み問い合わせが相次ぎ

取り敢えず、お名前掲載出来ない事をご了解頂き、
出展だけはお受けしたのですが、

ヤッパリ、自分だけ名前が載ってないのは悲しいなー⤵💧😖

折角、展覧会に自分の力作を出すのに、
友達にも家族にも観に来て欲しいのに、

自分の名前の載っていないDM、渡し辛いなー⤵💧😞

自分だったらガッカリしてしまう

と、思い直して
元原稿のフォントを少し小さくし、行間も少し狭めて
豆粒の様な大きさの字になってしまいましたが、

出展者48名様のお名前を全部どうにか入れた原稿で
改めてまた、1500Pの発注を致しました

出展枚数の詳細把握はこれからなので、
展示しきれるか? が、次なる心配事ですが、

展示に関しては

寄せられた作品を1枚残らずに、展示出来ればと思っています

間隔をあけて、体裁を整える様な展示ではなく、
作品数と、多くの出展者の熱い思いで圧倒される展示空間を目指します

ただ、物理的にどうしても展示スペースに比べて作品が多すぎると判断した場合は
絞り込みをお願いする、可能性もあるので

その時はご協力の程、よろしくお願い致します。

では取り急ぎ、
『さくら♪さくら♪咲く展♪』の出展応募は
本日で終了とさせて頂きます。

多くのご応募を頂き、
誠にありがとうございました

印刷が出来次第、3月上旬から
お一人20枚ずつお配り致しますので、
今しばらく、お待ち下さい。

キャプション作りも極力、挑戦してみて下さい。




posted by artspaceHOUGA at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

「さくら咲く展」出展申し込み、ありがとうございます!

さくら咲く展.jpg


2016年『さくら咲く展』のDM原稿出来ました
昨年の出展作品を並べただけの

何のひねりもないデザインで、誠に恐縮ですが、

昨年、突然壊れたWindows Vistaの買い替えもしないまま
慣れぬ、主人の家用MACで
駆使ならぬ、試行錯誤の結果の産物です

見事に、桜の絵ばかりが、並んでいますが、
今年は昨年以上に 沢山のさくらの絵が並びそうです


本日25日までにお申し込み頂きました方のお名前を
このDMの宛名面に記載して
印刷屋さんへ明後日には入稿する予定です。

現在のところ、40名様からの参加お申し込みを頂いており、
「ちょうど」といいますか、「既に」といいますか、

もう、これ以上お名前を記載出来る
宛名面の余白スペースが、あと1名といった状態です
今日一日お待ちしますので、お急ぎ下さい。

お名前掲載に拘らない方で、
展示したい方の応募は、まだ受け付けますが、
今月末位で、受付終了となりそうです。

出展作品の詳細把握はまだアバウトですが、

油絵・アクリル・水彩画・銅版画が、
SM〜30号までの大小、約47〜50点

写真・書道・立体が各数点ずつ、
陶芸作品も3名の参加申し込みを頂き、

その他、織物・刺し子等、
こりゃ、正に『さくら祭り』 賑やかな展示となりそうです



ここからは出展者様への伝達事項です

今回はキャプション等、各自お好きにご用意下さい。
大きさ・形・文言等はご自由です。

キャプションもご自分の作品の一部というスタンスで
お作り下さればいいのではと思います🚩

搬入日は会期スタートの5〜7日前を予定して居り、
日にちが近づきましたら こちらからご連絡させて頂きます。

その際に
2日のオープニングパーティー参加の有無が分かれば、お伝え下さい。

8日のコンサートに関しては要予約
先着50数席ですので、お早いご予約が宜しいかと思います。

では、あと一ヶ月 
さくら咲く季節に 皆様と作品にお会い出来るのを
楽しみにしています





posted by artspaceHOUGA at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

ArtSpace萌芽Hall 4月8日のコンサート

既に予告済みの次回コンサートの
チラシが出来ました。

〜♪ アートスペース萌芽コンサート Vo.jpg

ロマン派の作曲家・メンデルスゾーンの数少ないピアノ三重奏曲の第一番は
一際、華麗で、かっこいい、聴き応え十二分の曲です。

特にピアノはコンチェルト並の技量を楽しめる
演奏者には過酷ながら、聴く方に取っては
とても楽しみな曲です。


もう一曲
こちらも名曲です。
ブラームスのピアノ三重奏も第一番、二番、三番と、
一度に全部聴いて、ブラームス満喫プログラムというのも
ブラームスファンにとっては魅力的な指向とも思えますが、

今回のもう一曲は
「第二番のハ長調作品87」


このお三方が演奏する
今回のプログラムは本当に貴重なコンサートです

今回は
年度始めの金曜日の夜なので、
聴きたくてもご都合付かない方が居られるのではと、
少々、懸念もしていますが、

どうぞ、皆様、万障お繰り合わせの上、ご参集下さいますこと、
念じて居ります。



 ArtSpace萌芽Hall のご利用希望
及び
1F『さくら♪ さくら♪ 咲く展』の出展作品

ただ今、募集中


〜アートスペース萌芽2016春 「さくら♪さくら♪咲く展」 出展作品募集案内〜.jpg





続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

次回催し「さくら咲く展」作品募集のお知らせ


沖縄に雪が降るとは

那覇のユニクロでは
ヒートテック肌着やダウンコートの類がよく売れたそうです

思いも掛けない事が起こるのが「自然」という認識を
新たにしなければと思いました。

幸いにも
西宮は雪に見舞われることなく、明日からこの寒さも緩んで来るとか。

とはいえ、春はまだまだながら、
冬眠中の萌芽から、次回催しのお知らせとお願いです。

恒例の春の企画展
『〜さくら♪さくら♪咲く展〜』

4月1日(金)〜 9日(土) 11時〜18
2日(土)18時〜 オープニングパーティー 生BGM付き(無料)
最終日前夜 8日(金)19時半〜室内楽コンサート(根垣りのさん企画) 2F 


という訳で只今、下記の要領で出展作品を募集して居ります。

〜アートスペース萌芽2016春 「さくら♪さくら♪咲く展」 出展作品募集案内〜.jpg

今年は恐縮ながら
昨年まで無料としていた出展料のご負担をお願いし、
案内状の印刷、展示設営、オープニングパーティー等の経費に
充当させて頂く事にしました。

ご希望に応じて、お一人様20枚程、案内状をお渡し致します。
なお、
2月15日位までに、詳細は後日とし、参加希望だけでも一報頂けると、
案内状へのお名前掲載が間に合います🔜💨

また

展覧会初日は金曜日なので、
オープニングパーティーを、翌日4月2日(土)18時より予定して居ります 
出展者は勿論のこと
出展者以外のお客様もどうぞご自由にご参加下さい。

会場は2FArtSpace萌芽Hallですので、きっと、多分、
生演奏のBGMetc.も🎶


そして
益々、お忙しい中、
昨年同様
今年も根垣りのさんにコンサートのコーディネイトをお願いする事が出来ました

「さくら展」最終日の前夜8日(金)の19:30開演〜
ウィークディ〜最後の金曜日
年度始めなので、お忙しい事と思いますが

ホームコンサートの近さで聴く室内楽は格別です❗️

演目は
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第一番 ニ短調Op.49

ブラームス:ピアノ三重奏曲 第二番 ハ長調 Op.87

春爛漫の週末、
上質のピアノ三重奏曲をご堪能下さい



コンサート当日は、1Fの「さくら展」も19時半近くまで開廊しますので、
是非、1階にもお立ち寄り下さい❗️




『さくら♪ さくら♪ 咲く展』
出展作品

 募集中


振るってご参加賜りたく、よろしくお願い致します







posted by artspaceHOUGA at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

2016 早、小正月となりました!

今日は1月15日
早、小正月となり、松飾りも外さねばなりません。

まだまだ青々とした松飾りを見るに付け、
もうしばらく、このままにしておきたいなーと毎年思っているのですが、

外に向けて付けている手前、そういう訳にもいかず、
日暮れる頃には外して家の中に取り込み、
枯れるまで保管しているのが常になっています。
 
image.jpg

さて、一昨日は
西宮ギャラリー連絡会(N.G.L)の新年初の顔合わせと新年会がありました。

大好きなギャラリーアライさんも、8月のボローニャ展から
又、再開されるという情報も嬉しいですし、

今年から参加の新しいギャラリー
甲子園口北側の「ギャラリーこもれび」さんと、
阪神甲子園の「カフェ&ギャラリーココカラ∞」さんの2軒も増え

バラエティーにとんだ布陣のスタートとなり、
目出たし!目出たし!です

とはいえ、
例年のことながら、
冬の間は冬眠の如くの萌芽です。

今年こそはと
昨年から始めた2階の
ArtSpace萌芽Hallでの「New Year Concert!」と銘打ったコンサートを
と思っていたのですが、

何のアイディアもオファーもないまま、
早、小正月となってしまいました

1階のアートスペース萌芽も、
残念ながら

年末から心積もりしていた
「本年第一発目の展覧会!」と意気込んでいたお話も
今のところ、進んで居らず、
1〜2月のイベント予定は今だ、未定です。
言い換えれば、空いているからいつでも借りれるという事ですが
一日¥2500(冬場の暖房代¥500/日)です。


さて、さて、寒くても気分は前向きですよー ボチボチ

先日のN.G.Lの新年会で、
頑張っているギャラリーさんのお話に多いに刺激を受けたこともあり、

また、昨年のギャラリーさんぽ企画の様に
4ヶ月先までの予定を決めておく事のメリットを今年も活かそう
という思いも有り

企画展だけでも 年間計画をを立ててしまおう
という試みの思案中であります

決まっている企画展といえば
勿論、
今年もやります
恒例の、夙川さくら祭りに合わせた

「さくら♪さくら♪咲く展」
4月1日(金)〜 9日(土
4月8日(金)夜・根垣りのさん企画のコンサート

も、たった今、決定しました。


例年とおり、ジャンル問わず、
さくら、さくら繋がり、春繋がりの作品の出展を広く募り、
「さくら♪さくら♪咲く展」を開催致します

今年は、2階の萌芽ホールも巻き込んで、
音楽イベントも募ろうか⁉︎と

ただ今、絶賛作品募集中

募集要項は別途、お知らせ致しま〜す 

本年もどうぞよろしくお願い致します。











続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

2015 12月 の Concert in ArtSpace萌芽Hall

   
image.jpg
2015年もあと残りわずかとなりました。
ゆっくりズムの萌芽ですが、

押し迫って来たこのタイミングで
1Fのアートスペース萌芽では
12月18日〜22日  「Chriemas  Exhibition」と銘打った
展示・販売イベント


最終日前夜には
2FのArtSpace萌芽Hallでのコンサート

今年のトリに相応しく、9月萌芽Hallオープンの
Top batter を担って下さった 根垣りのさん企画

『Celebrate  Chrismas Concert』

松尾紗里さんのピアノソロも勿論 
佐藤禎さんも万障繰り上げて京都より駆け付けて下さることになりました
心強い、このトリオに今回は
ヴィオラ奏者・岡本奈那子さんが加わって下さいます
ということで メインは

『シューマンのピアノ四重奏曲Op.47』

第三楽章アンダンテ・カンタービレの美しい旋律を
真近で聴けるとは、嬉しい限りです

22日は祝日ということもあり
大小、いろんなホールでのXmasコンサートが有る様ですが
もし、まだ予定のないお方が居られましたら

どうぞ甲子園口徒歩6分の
ArtSpace萌芽Hallにお運び下さい。

温かいお飲み物と上質のクラシック音楽で
きっと、お寛ぎ頂ける事と存じます

出来ましたら
ご予約を下記迄お願い致します。
(090-1954-4526)





続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする