2015年04月19日

次回展覧会のお知らせ


「晴子・百歳」展
祝満100歳
堀田晴子作品展


image.jpg

image.jpg


次回の展覧会は
3月に満百歳を迎えられた、堀田晴子さんの絵画展ですぴかぴか(新しい)

萌芽に取りましても
この様なおめでたい展覧会のお手伝いをさせて頂ける事は
有難く、嬉しい事と、喜んで居りますわーい(嬉しい顔)

会期はゴールデンウイークに入る週初めの
4月27日の月曜日からちょうど1週間
5月4日迄グッド(上向き矢印)

新緑輝く
1年間で1番美しい季節の記念すべき展覧会ぴかぴか(新しい)

きっとみんなが笑顔の
ステキな時間が紡げるものと思います。

勿論、ご家族様とご一緒に
晴子さんご自身も毎日、3〜4時間在廊されるそうです。

どうぞ、晴子さんの豊かなやさしい絵に触れて頂きたいですいい気分(温泉)
元気パワーをもらえるかもしれません手(チョキ)

どうぞ、連休中の萌芽に、
どなた様も立ち寄り下さいませon 





posted by artspaceHOUGA at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

2015「さくら♪さくら♪咲く展」終了しました


展示作品のご紹介が終わらない内に

昨夜、満員御礼のエンデイングコンサートを持って9日間に渡る
「さくら咲く展」
関わって下さった皆様のお陰を持ちまして
活況の内に終了致しましたグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

有難うございましたるんるん

image.jpg

迂闊にも今だ、Ipad内蔵カメラの消音方法を学習して居らず
演奏中にカシャカシャと、
かなりの音を立てて撮ってしまい
演奏者にも観客にもかなりのヒンシュク行為がく〜(落胆した顔)exclamationだったと
反省ふらふらパンチ
次回は消音して撮影しまグッド(上向き矢印)す。

かわいい


さて、時系列に進めることにしましょう次項有
前回の続きですon

image.jpg


昨年に引き続き今年も出展下さった30号!
奥の壁と化している
上嶋周子さんの「春らんまん」です。

甲山が見えているので夙川の桜と思われますが
花見客の足だけがここそこに見える
俯瞰した構図は明らかにイメージペイント手(チョキ)手(チョキ)

幹のうねり加減が面白い!

 
image.jpg

昨年8月、萌芽で個展をされた松島英樹さんの色光変更絵画です〜
今回、試し買いしてみたクリップ式のスポットライトが効いてますぴかぴか(新しい)

こちらもキラキラきらきら
image.jpg

奈良から送って来て下さった平野政代さんの油絵
「春光」

写真ではわかりませんが、花びらの輝きに
ラメ粉が散らしてあるコンテンポラリーなアートです。

平野さんのもう1枚
image.jpg


英字新聞が巧妙にデコパージュされた薄ブルーの花瓶が印象的。
花も、桜とチューリップの意外な組み合わせで、

目はこの対象物に行きがちですが、
 バックの色がとてもいいー!


 
image.jpg

金沢明彦さんの水彩画「大宇陀・又兵衛桜」
先日、朝のNHKニュースで生中継していた桜の名所ですね!

後藤又兵衛の屋敷跡にそびえる、滝の様な枝垂桜
ナント15mもの高さだそうです。 

後ろに見える濃いピンクは桃の花だそうで、
又兵衛桜をより美しく見せる為に
地元の方が植えたそうです。


続いて同じく水彩画を
image.jpg


二科会所属、画歴も長い田邊和子さんの「奈良の桜」

image.jpg

「武庫川」

こんな淡々とした水彩はそう簡単に描けるものではありません!

田邊和子さんは専ら油絵を描いて居られる方ですが、
桜を描いた油絵はないということなので、
今回は水彩画ばかりの出展となりましたが、彼女の油絵を是非観たいダッシュ(走り出すさま)グッド(上向き矢印)



水彩画の名手・原田隆夫さんひらめきの作品をもう一枚、どうぞ

image.jpg





image.jpg


常連作家の山本照代さんの油絵「御影・弓弦羽神社枝垂桜」
この絵はこれからも毎年、飾りたい絵です〜

額が去年の銀の幅広から変わったので印象がかなり変わりました。

昨年の出展は醍醐寺の大枝垂桜
10号・横三枚の力作で、DMにも使わせて頂きました。

今年は桜の新作は描かれていないので、もう一枚、桜ではないですが
新作の出展をお願いしましたわーい(嬉しい顔)

image.jpg

躍っている人を描く、ロバート・ハインデルという作家の模写です。
魅力的な小品です。



今年は「土人形」という面白い立体作品が並びましたひらめき

image.jpg

大菅満義さん作「京鹿子娘道成寺」
とても重い「土人形」です

日本舞踊の微妙な振りがフォルムに感じられるので、
大菅さんは日舞の経験がお有りなのかも?

お聞きするのを忘れていました!
勿論、水彩画も一枚出展下さって、
豊中から電車での搬入は さぞ重かったと思います。

image.jpg

すこぶるお元気な方ですが、昭和8年生まれと伺って
帰りはコンサートの後、作品共々、車でお送りしました。

かわいい

作品紹介の合間に、昨夜のコンサートのスナップも入れましょう!
今回、カシャカシャ音にビビって焦くりまくりで

結局、ご不快をお掛けした割にはいい写真が撮れていないという
よくあるパターンで、、、もうやだ〜(悲しい顔) トホホながら

image.jpg

紗里さんが見えません!


絵もお客様も詰め詰め状態なことがよくわかる写真ですどんっ(衝撃)

image.jpg


image.jpg
中えりなさんの織り作品がピアノの上に並んだままの演奏でした
北欧から遥々来たイースターエッグもそのままだったのねッ!


ハフハフハフッ!わーい(嬉しい顔)


〜さてさて、作品紹介に戻って〜


東京オリンピックがあった昭和39年、
私が世田谷区の小学校に転向した時からの友人が
今年のさくら展の為に作ってくれた絵付け作品「さくら模様の箸置き」です揺れるハート

image.jpg

枝垂桜の縦長皿は2年前
この東京在住の友に西宮での個展を働きかけて実現した時に
Getしたもの。
両方共、私の大事なKikukoコレクションです。


その下に敷いているのは
甲子園口の大切な友、中田信子さんの「信子流刺し子」

image.jpg
「羊と桜」


image.jpg

真っ白 な晒に一針一針、色糸を刺していくのですから
気の遠くなる様な時間が掛かっていると思われます。

そして、信子さんが今年選んだ
亡くなった御主人の絵は「春月夜一本桜」

image.jpg



さくら展の会期中、ずーっと助けてもらった信子さんですが
最終日にも山本さんと二人で
まだ直前まで仕上がっていなかったプログラムのFinish up係りです〜
和紙を桜の花びら型にちぎって糊付け作業手(チョキ)

image.jpg
なんだか楽しそう!な、お二人ですねe揺れるハート

この間、極狭キッチン(という程の所ではありませんが)で
コンサート後のワインのおつまみ作りを手伝って下さったのが

次回の展覧会
「晴子・百歳」展
の堀田晴子さんぴかぴか(新しい)のお嫁さんの堀田桂子ぴかぴか(新しい)さん

お二人とも今回のさくら展、出展して頂いています。
晴子さんの絵はご紹介済みですが、もう一度

image.jpg


スライスしたバケットにデイップとサーモンを乗せて
ブロッコリースプライトを散らすおつまみ係りをお頼みした桂子さんは
書家でいらっしゃいます。作品はこちら!
流石!

image.jpg

こんな字書いてみたい!
書けそうで、そうは簡単にカッコつかないんだ!️この崩し方は〜あせあせ(飛び散る汗)

4月27日(月)〜5月4日(祝)
「晴子・百歳」展
会期中、どなたでもご入場、ご観覧頂けますので、
どうぞ、お運び下さい。


さて作品紹介は、あと一点となりました。
会場一番初め、入り口近くの展示でした。

image.jpg

この中の、 こちら

image.jpg

芦屋大学教授・小宮容一先生の「染井吉野七分咲き」は
昨夜のコンサートで素晴らしい演奏を聴かせてくれた
大学の後輩でもある
ピアニストの松尾紗里さんにプレゼントされましたexclamation×2


小宮先生からさくら展搬入日に
芦屋市美術展に入選された朗報を頂きました手(チョキ)
入選者の展覧会は
4月4日(土)〜5月10日(日)だそうです。

image.jpg


るんるん


一気に、遅れを取り戻そうと早足に書いたBlog で、推敲のない
ただ長いだけのBlogになってしまいましたが、
2015・さくら咲く展、無事終了のご報告でした。

感謝るんるんアート





posted by artspaceHOUGA at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

〜さくら咲く展〜 あと3日となりました!


image.jpg

週始めから続いた雨と風で
一気に桜が散ってしまった中、萌芽のさくら展も
残すところ、あと3日となりました。

今回の出展者数は25名
油絵8点、水彩画13点、クレパス4点、アクリル9点
日本画1点、書2点、織り25点、磁器絵付け2点、土人形5点
刺し子2てん、ちりめん細工12点

以上の作品を10坪のギャラリーに展示した室内の様子、
続きをご覧下さいかわいい

先ず、今日の朝一番、明るい内の室内をどうぞ

image.jpg


image.jpg


image.jpg

さて、前回の続きです〜


今回の DMに使わせて頂いた運天善吾先生の「神代桜」

image.jpg

DMでは大きい絵に見えましたが、F3号
樹齢2000年と言われている桜ですから

先生のおっしゃる通り、「お目出度い絵」ですぴかぴか(新しい)
大地にどしっと根付いた太い幹の上に

踊っている様な枝ぶりが印象的で、単なる老木ではない
明るい凄さを感じます手(チョキ)



image.jpg

萌芽をずっと応援して下さっている、上野陽子さんのクレパス画
「春の訪れ」
湖面に映り込む桜の木に春の移ろいを感じまするんるん

image.jpg

こちらも上野陽子さんの「さくら並木」

5月5日から御影・南天荘画廊で、銅版画の個展をされる準備でお忙しい中、
2枚もこのさくら展の為に描いて下さいましたひらめき 




image.jpg

水彩画の名手・原田隆夫さんの作品です。
幹からいきなり、花が力強く咲いているのを観て描きたくなった
自宅近くの桜だそうです。



image.jpg


亀井克二さんの水彩画「大宇陀・又兵衛桜」
花びらの、「盛った」感があります。



image.jpg

こちらのホルンを持った可愛い少年が印象的な絵は
Web上での呼びかけで、ご縁が出来た横溝真由さんのアクリル画ですかわいい

今、吹奏楽部でホルンを吹いているご長男の幼少時の姿を
桜並木の真ん中に配したメルヘンチックな作品で、
母の愛を感じます揺れるハート

母の愛と言えばこちらの絵も揺れるハート

image.jpg

40歳の時に生まれた、3歳になった三男の泰斗君を描かれた絵ですが、

上記、ホルン少年のママに誘われて、急遽さくら展出品の為に
坊やの目線上に桜を描き足したとか手(チョキ)ひらめき




image.jpg

こちらも当方の撮影悪く、外の景色が写り込んでいて、申し訳ありませんが、
ご存知、桜の美しい「清水寺・清水の舞台」

今回、数少ない油絵の中、中澤政子さんの10号の力作!
画歴は長くないと伺っていますが、
とても、よく描かれていると思いますひらめき



image.jpg


大好きな上嶋さんの「春らんまん」が見えていますが、
続きは、また次回に〜soon



かわいい



posted by artspaceHOUGA at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

「〜さくら♪ さくら♪ 咲く展〜」 本番スタート!

image.jpg
昨日4月3日、スタートの夜です


前日の、春麗らかな大晴天と打って変わった雨の中、

昨日、〜さくら咲く展〜
多少の産みの苦しみを伴って
始まりましたかわいい

いつもは前日の夜、満足のいく展示を完了し、
床の掃除も終えて撮った写真を

スタート前夜の記念写真としてUPするのを恒例としているのですが
案の定、今回、予測の通り、
展示に苦しみましたちっ(怒った顔)

昼間は、絵を届けに来てくれた方や
有難い事に
私が一人孤軍奮闘しているのではと様子を伺いに来てくれた方が相次ぎ、


数多の多種ある作品を、どういう方向性を持って展示するか?
思案に思案を重ねる中

硬直した頭とは違う視点のサジェスチョンや
実際の作業手助けを頂いて

どうにか道筋が見えてきたと安堵した午后4時頃もあったのですがー
一人になるとやっぱりー

細部の事が気になり出すといけませんちっ(怒った顔)

またしても、幾度とない試行錯誤が始まり
エンドレスの様相を呈する中

後ろ髪を引かれる思いで

結局、未完のまま
午前2時!️正に丑三つ時の帰還となりました。


という訳で

昨日はまだ準備途上あせあせ(飛び散る汗)  芳名帳を置くのも忘れているー!がく〜(落胆した顔)
そんな無様な、さくら展スタートと相成りましたが

あたかも「本日プレオープン」ぐらいの気持ちで居直って
トントン壁打ち業務も厭わず、作業を進め

どうにか、本日2日目の今日は
安心してお客様をお迎えする事が出来ましたわーい(嬉しい顔)


かわいい


只今、二日目の夜
シャッターを下ろした室内で一人、心地良い安堵感に浸って居りますいい気分(温泉)

今夜はゆっくり室内を写真に収める事も出来たので
遅ればせながらのスタート報告です〜

少し長くなりそうですが、おつきあい下さいるんるん

image.jpg

入り口すぐの芳名帳置場です〜

絵は写真がよく撮れていなくて申しわけ有りませんが
一見、日本画風に描かれた「染井吉野七分咲き」

芦屋大学教授の小宮容一さんの水彩画作品です。


image.jpg


入って、一番に目に飛び込んでくるのは
元・西宮市立病院の看護婦長・春重さんの「一本桜」F10号


image.jpg

次に入り口左手は、これも萌芽初!️の抽象画7点
川上牧子さん作品 がランダムに並びます。

この作品、題名がなんと「萌芽T」 「萌芽U」
春繋がりです手(チョキ)

image.jpg




image.jpg



この2作品はとくに春繋がりという訳ではでは有りませんが
一目で魅かれましたので、上の「萌芽T  萌芽U」繋がりということで 連作展示です〜

カッコイイグッド(上向き矢印)


image.jpg

左側の箔入りの作品は
11日のエンデイングコンサートでヴァイオリンを演奏して下さる
根垣りのさんのお母様、画家の根垣睦子さんの作品「微風」ですぴかぴか(新しい)

つい先日、3月中旬に
伊・フィレンツェで展覧会を開かれた際に出展された作品です揺れるハート

出展のお申し出を頂いた時は、
正直ヤッターグッド(上向き矢印)

4月、京都・ギャラリー恵風でも展覧会されます〜

image.jpg

先日、版画家の務川めぐみさんが珪藻土塗りをして下さった、
萌芽では一番長い塗立ての白壁に

間隔開けず、否、開けられずに並べられた
クレパス、水彩、油絵、
画法も大きさも様々、それぞれに素敵な作品が並びます

詳細は次回UPにさせて頂き、正面に進みます。

image.jpg
こちらも萌芽初の日本画の登場です。
こちら画歴50年を越す?!

元・新美術協会の羽渕尚さんの作品「葉桜」ですぴかぴか(新しい)
静寂感を感じる桜の絵です〜

image.jpg

こちらは100号や150号の大作制作の息抜きに作り始められたという
上記、日本画の羽渕尚さんの作られた「ちりめん細工」

下に敷いた、グリーン系の織り物は
萌芽での作品展から、昨年のさくら展でもご参加頂きました
中エリナさんの新作です〜

写真、奥に見える 小さい額ながら、
訴えかけて来るような書は

(「一瞬と永却のあり 初ざくら」西村逸朗句)

わたくし共の親子共々が 小学校の時のお友達という
ご縁のあるお方、書家の堀田桂花さんの作品です。

アートスペース萌芽、次のイベント「晴子・100歳展」をされる堀田晴子さんは
桂花さんのお義母様ひらめき

そして今回のさくら展にお嫁さんとお母様揃ってご出品頂いています。
 ゴールデンウイークの個展「晴子・100歳展」より
一足早いご出展は  こちらの「彼岸桜」です〜

image.jpg


そして、上記の
「ちりめん細工」や、「書額」の下に敷いている「織り物」は 

昨年のさくら展でもご出展下さった
エリナさんの新作〜

今回のエリナさんコーナーも昨年同様、ピアノ周辺の
萌芽の隠したいコーナーですが、

今日はエリナさんのお姉様の嫁ぎ先のノルウェイより
ご家族4名様お揃いで、おいで下さいました。

お土産として、萌芽にも
頂きましたイースターエッグが、可愛いでしょ!次項有

image.jpg


この続きはまた順次UPする事として、本日はここまでと致します




続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

〜さくら展〜出展応募ありがとうございます!

昨夜、日曜夜のニュースは「東京桜満開exclamation」ばかりどんっ(衝撃)
何でも当初の開花予想より5日も早いそうで、

ここ関西も、満開とは行かないまでも
あっという間に自宅周辺さくらの名所も一面、薄ピンクに様変わりですがく〜(落胆した顔)

確か、関西の開花予想も4/4だったので3日スタートにしたのに
「〜さくら♪さくら♪咲く展〜」  ちょっと、遅かったかな?

さあ、先週から、萌芽へのお持ち込み、始まっていますかわいい

萌芽初めての日本画や抽象画
味わい深い書の作品、ちりめん細工のさくら、

昨年のさくら展とは少し違った趣になるのではと

展示には一工夫が入りそうですが、楽しみですわーい(嬉しい顔)

明日から発送の方の作品が届く予定なので、11時以降はずっと在廊しています。

4月2日に持って来られるという方も居られますが、
明後日からボチボチ展示始める予定です。

ただ今のところ参加表明して下さっている方23名、

今はまだ、全てを目にしている訳ではなく、
正確な出展数の把握も出来ていない情況の中、

期待と不安の気持ちを抱えながら、
額に入らず届いた絵の額装やタイトル作りを粛々と進めている最中です。

そんな中、11日最終日のエンディングコンサートの情報だけは確定手(チョキ)
簡便ではありますが演奏曲目の入りましたご案内も出来ましたので早速UP致します。


さくら1.jpg


小さいスペースの萌芽で
満載の展示作品どんっ(衝撃) に囲まれての上質のクラシックコンサートでするんるん

本当に狭いので
いつも恐々の思いでやっているコンサートですが、
楽しみにして下さっている方がいると信じて

酸欠になるかもしれない不安もありますが
一応、前回と同様27席の椅子を並べるつもりです。

終演後はしばし歓談の時をお楽しみ頂ける様、ささやかながら
エンディングのミニパーティービールのご用意もして、ご来聴をお待ちしていますわーい(嬉しい顔)

どうぞ、お早めの御予約をお願い致します。


それでは〜さくら展〜スタートまでラストスパート準備頑張りますsoon
願わくば、
どうかさくらが散り始めません様にon



るんるん
続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

「さくら♪さくら♪咲く展」自家製DM完成

2015さくら展文書10.docx最終原稿名前入り.jpg
印・スて宛て名面文・1.docx2015さくら展.docx.jpg

今年も、早3月に突入ダッシュ(走り出すさま)

月日の経つ早さを実感します。

これからの人生で何が出来るのか?というより、
何がしたいのか?という自問も自答も
向こうに押しやって、漫然と生きている
そんな
後ろめたい気持ちを抱えながら、
ほとんど立ち止まったまま、手に届く
最低限の課題をこなしている今日この頃もうやだ〜(悲しい顔)

ちょっと鬱っぽい心持ちを
ここに書いてどうすんねん?どんっ(衝撃)

と思いつつ

でも

萌芽に纏わる廻りの方々から頂く、何気ないやさしい言葉に
とても癒されてもいますかわいい

ありがとうの気持ちを込めて
今年も萌芽活動は変わらず、
成るがまま、成すがままに続けていきますので
どうぞ、応援よろしくお願い致します。


萌芽を始めた頃のDM製作は
デザインから印刷まで すべて自家製あせあせ(飛び散る汗)

慣れないPCと格闘しながら
稚拙な原稿を作り、家庭用のプリンターで印刷たらーっ(汗)

素人丸出しの出来栄えでも
自分で作った事の満足感を感じていたような〜?

ギャラリー活動は趣味の範疇だったのかもしれません。

というか、

それは今も全く変わらないどころか
より一層、色濃くなりにけりなのですが、

DM製作は近年専ら、超安ネット印刷屋さんのお陰で
版下データさえ作って送信しておけば

少々の拙い箇所も
いい様に修正してくれて、しかも驚く様な安さでアッという間に
玄関まで届き, 代引にしておけば

銀行振り込みに行く手間もなく
支払いも玄関で済ませらせるという便利さにハマって

しばらく、自家製DMから遠ざかっていたのですが、
今回は取り掛かったのが遅すぎー!

明日予定されている、西宮ギャラリー連絡会の会合時に
「さくら展」開催の各ギャラリーのDMを60件〜90件もの市内にある文化施設宛に

発送するという作業に間に合わせるには
自分で刷るしかなかったという実情のもと、
この二日間で仕上げましたグッド(上向き矢印)

Canonプリンターを新調してまだ日が浅いので、
以前よりストレスを感じることなく

デザインはともかく、
印刷に関しては割合サクサク手(チョキ)と あっという間に300枚刷れましたひらめき

自家製のメリットは何と言っても
足りなくなりそうなら、すぐに追加印刷が出来ることですねわーい(嬉しい顔)


今回はDMに載せる絵さえ、思い当たるものもなく
どうしたものかと悶々と受動的に構えていたところ、

なんと
先週、難波のギャラリー香で催された
運天善吾先生の個展に伺った際の、1枚だけあったさくらの絵
「山高の神代桜」を
今回の「さくら展」のDMに使わせて頂くこととなりました。

満月下の夜桜で、春らんまん感の絵ではありませんが、
幹の太さ、捻じれ具合に古木の持つ力強さを感じますひらめき

先生ご自身も、とても気に入って居られ

「さくら展」までにもう一回り大きいのを描き下ろして下さるそうですわーい(嬉しい顔)exclamation
有難ーいお話ですが、この絵で十分なのですが、、、。


かわいい


会期中のコンサートも決まりましたるんるん

前回の「ボローニャ入選者展」の時、弦楽コンサートで初登場願った

ヴァイオリンの根垣りのさんとピアノの松尾紗里さんに

ラベル 、ドビュッシーといったフランスものを
フランスでの修業経験あるお二人に
聴かせて頂ける事になりましたぴかぴか(新しい)

最終日の4月11日(土)19時半〜スタートの予定です。
楽しみですひらめき

プログラムの詳細についてはまたUP致します。

かわいい

「さくら展」は
春・さくらの繋がりの絵や作品を、所狭しといっぱい並べたいexclamation
というコンセプトなので

お行儀よく並べられる点数×1,5〜2倍 
は集めたいと思っています。

まだまだ、展示作品、募集中


出展料など不要です決定



かわいい









posted by artspaceHOUGA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

2015・萌芽始動 「さくら展」作品募集中!


年頭より自身の創作に取り組んでいたのですが、
そろそろ土の中の虫たちも動き出してきている頃なので

シャッターの閉まっていた「アートスペース萌芽」
活動開始致します。


あと一ヶ月もすれば桜の季節の到来

それに合わせて
昨年同様、今年もさくら展でスタートですダッシュ(走り出すさま)

西宮ギャラリー連絡会協賛企画なので
市内のギャラリー数か所で同様のイベントがあります。

メールチェックを怠っていた為に、先日締め切り過ぎてから慌てましたが、
どうにか、市内各所にお配りする広報にも

末席ながら入れて頂ける様なので、
これから気合いを入れて準備しなければとなりません。


そこでまた、
サクラもしくはサクラ繋がり

春を愛でる展示作品を広く募集中しております。

昨年は
油絵・水彩画・クレパス画を中心に
織物・磁器絵付け・刺し子といった作品が

展示スペース足りなくなるほどに、出展頂き、
会期中に渡辺悠也さんのクラシックギターコンサートも開き

お陰様で楽しいイベントとなりましたので、
今年も多くの方にご参加頂けるゆるやかな滑り出しで始めたいと思います。



「さくら〜 さくら〜咲く展」

4月3日(金)〜11日(土)
11時〜18時

アートスペース萌芽

コンサートも勿論、やりまするんるん
詳細については決まり次第,後日UPお楽しみにかわいい




作品募集要項の詳細をUP致しますので、どうぞご参加お待ちしております。

5アートスペース萌芽201春.jpg

posted by artspaceHOUGA at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

2015、明けましておめでとうございます。

__ (21).JPG


今年も相変わらずの根菜類のお煮〆を作りましたかわいい

今夏、結婚した娘の十八番の伊達巻は
残念ながら入っていませんが、

代わりに
87歳の義母が作って持って来てくれた、若干失敗気味の栗きんとんに
安納芋のマッシュを加えて茶きん絞り
義母と私のコラボ作品が入りましたわーい(嬉しい顔)

そんなこんなの慌しい年の暮れでしたが
明けて、早4日ダッシュ(走り出すさま)
明日から通常の生活に戻す所存で、

ただ今、4日夕刻
大きく滞っていました「アートスペース萌芽」web上発信業務遂行中on
久しぶりにキーボードを打っております。

かわいい

あらためましてアートスペース「萌芽」より
2015年・明けましておめでとうございます


さて、過ぎ去った事はさておき、
本年の予定について、大雑把ながら、今決まっている予定について、お知らせ致します。

1月〜2月はレンタル予約・企画とも
現在のところ告知するべきイベント予定はございません。

この極寒期は
今年も自身の製作期間とさせて頂く予定で
早速、明日からそちらの業務に取り掛かりたいと思っておりますが、

アートスペース萌芽をご利用希望される方が居られましたら
1月・2月いつでもほぼ可能という事でもありますので、是非、ご一報ください。
(1月・2月の展覧会は通常¥2500⇒¥1500/日)


IMG_0967.JPG



コンサート使用に関しては基本、利用料は頂きませんが、
有料コンサートの場合のみ、売れたチケット代の20%のみご負担下さい。

ただし、1月〜2月のレンタルに関しては
店主多忙の為、
DM制作及び、告知業務、ファサードのカッティング等のお世話は出来ませんので
予め、ご了解下さい。


さて、今年も寒さの緩んで来る3月より展覧会始動です。
「さくら展」と「版画アラカルト展」、どちらが先になるかは未定ですが、
3月から4月に掛けて2件の企画展を予定しております。

続いて、

4月下旬より5月連休は
100歳を迎える女流画家さんの油絵展の御予約を頂いております。

その間々、もしくは展覧会の際にコラボコンサートを開く事が出来ればと考えていますが、
具体化しているプランはただ今のところ、まだありません。

先般も、FBで
「コンサートしてくれる方はいませんか?」

という呼びかけをしましたが、残念ながら反応はまだありませんもうやだ〜(悲しい顔)
引き続き、募集中ですので、よろしくお願い致します。

木曜日なら10時〜21時位、その他の日なら19時〜21時頃まで利用可。
キャパ25〜30P
楽器はヤマハDGP(ハンマーアクション)のみ。

__ (3).JPG



以上、5月連休以降は未定です。


今年も昨年以上に、我がまま気儘なギャラリーとなりそうですが、
「他者主導で有効利用して頂くギャラリー」を目指しますので、

どうぞ、ご自分の発表の場に
萌芽をご検討下さいexclamation


少しでも明るい未来を信じて、
置かれた場所で頑張りたいものと年初に当って思いつつ、

今年もどうぞよろしくお願い致しますわーい(嬉しい顔)











posted by artspaceHOUGA at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

始まりました!3日間だけです!

__ (3).JPG

これがアイスキャンデーの棒を利用した
合同作品ですダッシュ(走り出すさま)

何本位の棒を使っているのか?
目算では多分300〜350本位と思われますが、

遠くから見るとキャンディーの棒とは全く気付きませんどんっ(衝撃)

一本一本、好きな色と形で描き込んだ棒を
10本ずつくっつけたモチーフを市松に組み合わせています。

B2のパネルにピッタリと貼ってあるので、
重量感のある作品となっています。

カラーマーカーではなく、絵具を選べば
大人でも十分楽しめて
面白いものが作れそうな気がします。




__ (2).JPG

3日間の会期中、一日2回
マイカップorマイ茶碗を作るワークショップが開かれるそうですひらめき

子供サイズの真っ白な磁気食器に
いろんな図柄の専用シールを自由に貼りつけて焼成すると

食洗機対応手(チョキ)
世界に1つの絵付け食器の完成ぴかぴか(新しい)

子供でなくともやってみたい揺れるハート

大人サイズではないけれど
エスプレッソ珈琲カップとダイエット用お茶碗として
大人用としても、十分便利に使えますぴかぴか(新しい)

材料込みで¥1000わーい(嬉しい顔)

勿論、大人の参加もOKということですので
ご興味のある方は是非ご参加をexclamation


__ (3).JPG


手作りのキャンドルも作ってみたーい揺れるハート



__ (2).JPG

こんな可愛いい飾り付けをして頂けて、萌芽大いに喜ぶかわいいって感じですぴかぴか(新しい)







posted by artspaceHOUGA at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

Sweet Planning スタンバイOK!


__ (1).JPG

教室の名前通り、
Sweetな空間が出来上がりました揺れるハート


壁の展示は幼児の作品とは思えぬ
現代アートが並んでいますひらめき

image.jpg


image.jpg



__ (1).JPG

天井には星形風船グッド(上向き矢印)
垂れたヒモには

思い思いに創作を楽しむ、
普段の教室での生徒さんの写真がカメラ


image.jpg




大量のアイスクリームリームスプーンを使ったという
これ又、面白い合同作品の展示を明日に残して、

1st Anniversaryの準備は
取り敢えず、スタンバイ0Kですかわいい










posted by artspaceHOUGA at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キッズクラフト教室「SWEET PLANNING」1st Anniversary

__ (1).JPG

明日からの3連休の10時〜17時まで。


子供絵画教室の展覧会のイメージでは全くない
コンテンポラリーアート

展示される作品の実物をまだ見てはいませんが、
面白い展示風景となりそうです揺れるハート

今から、搬入&展示のお手伝いに行って来ますダッシュ(走り出すさま)

短い時間ですが、お近くを通られる方は
老若問わず、お気軽に見に来て下さいわーい(嬉しい顔)




posted by artspaceHOUGA at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

描くよろこび見るたのしみ「クレパスの魅力展」報告


2週間近く前に終わった「クレパス展」の記録を遅まきながらUP致します。

最近、心ならずも以前の様にこのHP代わりのBlogに
長々書き込む事を疎かにしてしまっているのは

FacebookなるSNSへの書き込みを始めたからに他ならないのですが、

やはり、記録という意味合いにおいても、
また、
たとえ一度限りのご興味でここ「アートスペース萌芽」にお立ち寄り頂いた方に対しても

この場を疎かにしてしまうのは間違った方向だと
ズゥーっと思いながらもなかなか、軌道修正が出来ずにいました。

という訳で
これから師走という忙しい時期を迎える中、どこまで実行できるかは分かりませんが、

今年の数少ないイベントとはいえ、
記念すべき展覧会やコンサートの詳細を記憶力の衰えた頭を振りしぼって

思い出し、綴ってみる事にしようと思っています。
振りかえった過去の記憶など、おそらく人の目に触れる事は少ないとは思いますが

自分の歩いた軌跡の記録としてだけでも記しておきたい、
そんな気持ちです。

先ずは萌芽イベントの一番新しい11月初旬の「クレパスの魅力展U」からです。






__ (1).JPG

萌芽がスタートした2011年の11月に「クレパス展」を開いて下さった
上野陽子先生と門下の生徒さん3名によるグループ展の2回目です。

展覧会のタイトル通り、正に
〜描くよろこび見るたのしみ〜

次項有言い得て妙手(チョキ)の好きな文言ですわーい(嬉しい顔)

3年の月日は
確実に先生をも含めて皆さんの腕を顕著に上げるに十分な時間だった事を
展示し終わった時、感じましたひらめき


__.JPG

萌芽の倉庫に並んでいた古いデッサン用石膏像から
以前、上野先生に引き取って頂いていたアリアス像がモデルになっていました揺れるハート

両脇にずらりと並べたDM手(チョキ)
何故かというと、
このアリアス像の右方バックの肩辺りが、
今回のDM原稿に使われていたという訳ですひらめき

DSC_0209.JPG
なるほど目

でも
先生に言われるまで、この絵の一部とは
全く気が付きませんでしたどんっ(衝撃)


__ (11).JPG



__ (1).JPG







__ (2).JPG

ここまでの写真は展覧会の始まる前夜の搬入をほぼ終えた状態です。

アートスペース萌芽では搬入に関して半日〜全日の時間が掛るという前提で
会期前日を搬入日としています。

実際、事前に展示プランを机上の上でしっかり考えて来られても、
現場では必ず大なり小なり、試行錯誤の時間が発生してしまいます。

展示はパズル的な要素が多分にあるので
一か所替えれば、それに連動して1枚のみならず、

複数枚の移動が生じてしまったりで、
思いの外、時間の掛る作業です。



上記の写真も、
27枚の絵をそれぞれ、納得のいく場所に納めるまでに
6〜7時間はかかったと記憶していますがく〜(落胆した顔)

この後、スポットライトの移動とタイトルネーム貼りが残っている訳で
確か、この時はこれらの作業を翌朝に残して
写真だけ撮ってこの日は終了ダッシュ(走り出すさま)

とにかく、展示設営は
とてもルンルンの楽しい時間である事に間違いはないのですが、
想像以上に、時間が必要という認識の下、

借りて下さるお客様にも
たっぷりと時間を掛けた展示を心がけて頂きたく思って居ります。

勿論、必要に応じて、展示設営のお手伝いは
いつもさせて頂く事を前提にしていますので、
遠慮なく、お申し出ください。

かわいい

という訳で11月1日からスタートした「クレパス展」は
心配されたお天気も開廊時間には全く雨が降る事もなく、
快適な気温と湿度の秋日和の中、切れ目ないご入場を頂きました。

__ (3).JPG

2日目の日曜日は昼から、甲子園口商店街一帯は勿論の事、
萌芽周辺でも美味しい匂いが漂っていました。

人の往来もいつもの日曜日と違って賑わっているなぁーexclamation&questionと思っていたら、
この日は終日一日限りの「甲子園口バル」という催しレストランバー

JR甲子園口駅周辺にある100以上の飲食屋さんが、
ワンコインTPないしは2Pで食せるバルメニューでおもてなし
というイベントですビール

折角だから
帰りにBARか飲み屋で一杯ひっかけて帰ろうという上野先生の提案で、

萌芽のシャッターを下ろした後、
商店街をウロツキましたが、予めバルのチラシで当りを付けたお店は

どこもいっぱいで入れず仕舞いで、結局
勝手知ったる、お隣の和食の「あおい」さんへ

ここのワンドリンク付き¥1000バルメニューは
「ちょっと一杯」のニーズにはバッチリの酒の肴で

大いに二人満足わーい(嬉しい顔)
展覧会の快調な滑り出しに乾杯グッド(上向き矢印)ビール


この日も天気予報では雨天の筈だったのが
お客様の来られる時間帯には一滴の雨も降らず暖かい一日となり、 感謝on感謝

絵心のある方もない方も、気負わず、すぐに楽しめる「クレパス」
小さい画用紙と88色入りのサクラクレパスがテーブルの上に置いてありまするんるん

連日、クレパスで遊んでいかれるお客様も多かった様ですかわいい

__ (1).JPG



__ (5).JPG



__ (3).JPG



あっという間の5日間でしたが、
連日、萌芽に通って沢山のお客様を迎えた上野先生と森さんは
楽しい時間を過ごされつつも、さぞお疲れになった事と思います。

今回、接客の労は全てお二人にお任せしたので、
私は楽をさせて頂きました。

最後日の夕刻には
遠雷の山本さんや友田さん、お近くの中田さんも駆けつけて下さって、
高橋さんや一色さんも加わって

上野先生の御主人からの頂いた赤ワインで乾杯バーグッド(上向き矢印)
待望の展覧会は
無事、つつがなく終了致しました。


かわいい


__ 2 (1).JPG


上野先生は美大時代やっていたエッチングを再開されて
最近、版画製作に力を入れられています。

今回の展覧会でも3点の新作を出されていますが
来春、神戸御影の南天荘画廊でエッチングの個展をされる予定です。


かわいい


__ (4).JPG




森さんのカタルーニャ・バルセロナ・ガウディシリーズをバックに記念撮影ですカメラ

お疲れ様でした










posted by artspaceHOUGA at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

<クレパス展U> & <船坂ビエンナーレ>



「ふじたみきこ展」を終えるや否や、
9月の大雨から思いがけず始まってしまった自宅の防水・塗装工事も

まだ終わらぬうちに
早、明日から11月ダッシュ(走り出すさま)


11月は3連休が2回手(チョキ) 1週目と4週目の初めにありわーい(嬉しい顔)
本格的な秋をを愛でられる、嬉しい月でもありますが、

萌芽では、
ちょうどそのGoodなタイミングにスッポリひらめき
2つの展覧会の開催です

かわいい

先ず、明日からスタートの、洋画家・上野陽子さんと門下生お三人による、

__ (3).JPG


明日からのスタートの備えて昨日の作品搬入&展示設営も無事終了
今日も午後からライティング調整とフィニッシュワークで準備万端整いました決定


子供の頃に慣れ親しんだサクラクレパスで描いたとは
とても思えぬ、いづれ劣らぬステキな力作が

所狭しと、目一杯並びましたぴかぴか(新しい)


__ (11).JPG


__ (10).JPG


「ふじたみきこ展」より始めた、このパネルをくっつけない展示をまたも採用手(チョキ)
10坪の空間を視覚的により広く、複層的に見せれるパネル使いではexclamation&question と

気に入っているのですが、
どうでしょうか?



昨日午前中より 上野先生と始めた展示設営も
午後から加わった門下の森さんが加わって下さった所から

一気に作業が進み、あらかたの展示を終えるや否や
次なる展示会場へsoon


かわいい


上野先生のオレンジシャーベットカラーのハイブりットと私のブルーのSUV
トヨタ車2台連なって


今年から西宮ギャラリー連絡会も参加させて頂くことになった
西宮から有馬に抜ける山間に残る里山、西宮市山口町船坂での 「船坂ビエンナーレ」
展示会場「船坂春至山荘」(尾崎邸)へGOexclamationダッシュ(走り出すさま)


__ (12).JPG


少子高齢化が進み、廃校となった船坂小学校をメイン会場に
善照寺の境内、廃屋になり掛っている茅葺古民家や棚田を舞台に

10月19日〜11月23日までの5週間に渡って繰り広げられる
アートが人を結ぶ事を願っての芸術祭


__ (14).JPG



里山に暮らす人々に寄り沿う芸術祭

地域の人々、アーテイスト、ボランティアスタッフ、来場者も
皆が心動かす体験を同時に共有することを願っての
人と人との絆を深める芸術祭


思いは分かりますが、なかなか、た易い事ではありませんあせあせ(飛び散る汗)
しかしながら、何事もやらねば始まらぬ、分からぬ事ですから

我がアートスペース萌芽では 
「先ず、参加soon」という事で
手始めにギャラリー5軒でのグループ出展参加ですが、

フランス額装家の高橋弘子さんと萌芽と同時スタートでクレパス展の上野陽子さんに
ご協力頂きました。

__ (13).JPG



かわいい



明日からスタートに備えて以上2件、昨日の作品搬入&設営も無事終了

今日も萌芽はライティング調整とフィニッシュワークで、準備万端整いました手(チョキ)

__.JPG


この3連休のお天気は曇り雨の予報ですが、
ドンマイexclamationドンマイexclamation

少し足を延ばして来られる価値十分な
正に、展覧会のタイトル通り、

魅力的なクレパス画が居並ぶ、この展覧会に是非ともお越しくださいグッド(上向き矢印)



かわいい


11月4週目の3連休のイベントは「キッズクラフト教室展」
11月22日(土)〜24日(祝日・月)
天井に風船が一杯exclamation&question 楽しそうな企画です。

詳細がわかり次第、お伝えします。







posted by artspaceHOUGA at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

11月1日スタート<クレパス展>予告

版画DM NEW SEND 52 (3).jpg

アートスペース萌芽の次回展覧会予告です。

2011年秋にに引き続き、
洋画家・上野陽子さんと門下生による<クレパス画>の展覧会Part2


●●描くよろこび、見るたのしみ●●

ク レ パ ス の 魅 力 展 U

11月1日(土)〜5日(水)
    12時〜18時

3年前の展覧会でも、
クレパスでこんな素敵な絵が描けるんだexclamation

どれもこれも本当に魅力的な作品がならんだ出色の展覧会でしたが、

あれから3年グッド(上向き矢印)
門下のメンバーもお変わりなく、

皆さん、より一層に腕を上げられていることでしょうひらめき
明日の搬入がとても楽しみですわーい(嬉しい顔)

明日は、夕刻より船坂ビエンナーレの展示も予定いしていますダッシュ(走り出すさま)


このところ、
滞りがちなこの<HPブログ>ですが、

明日の様子は必ずUPしたいと思いますので、
又、アクセスの程、よろしくお願い致します。



かわいい






posted by artspaceHOUGA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

ボローニャ絵本展&「ふじたみきこ展」終了。


1978年より続く,西宮市大谷記念美術館恒例の展覧会「ボローニャ展」も
アートスペース萌芽で2週間、開催させて頂きました「ふじたみきこ展」も

両展覧会とも、9月28日(日)終了致しました。

我がアートスペース萌芽にとっても
今年初参加の 〜ボローニャ展〜「西宮ぎゃらりーさんぽ」は
恒例の大事なイベントとなる事と思いますひらめき


第一回の記念的イベントに
ふじたみきこさんの展覧会をさせて頂いた御縁に
終わった今、とても感謝しております。

この2週間はとても忙しく、
このHPでの発信はほとんど更新出来ず

ドイツに居るふじたさんには
展覧会開催中の日々の状況をFBでの大雑把な情報しか
発信しか出来なかったこと、

とても申し訳なく思って居りますが、
会期中には

千葉の御両親様はじめ、御祖母様、関西在住の御叔母様ご夫妻
遠く山口からも御叔母様ご夫妻やご友人にご来廊頂き、

ふじたさんの作品をご覧頂く事が出来、
それだけでもやって良かったなーと思うところなのですが、

勿論、それだけに留まらず、
ボローニャ展で初めてふじたさんの絵を見て

ふじたさんの、真夜中の描写に魅かれた方が連日萌芽に見えられた2週間でしたぴかぴか(新しい)

最終日の最後のお客様は19歳の大阪芸大生手(チョキ)
なんと、彼は3回来て下さいましたグッド(上向き矢印)


私が感じるに
彼はなかなか凄い感性の持ち主で

「ふじたワールドの真価」を体感して下さった
正に、トリに最も応しいと思われる彼が、最終日閉店間際に妹さんを伴って掛け込んで

1時間近くもお二人で
今回の「ふじたみきこ展」を外が真っ暗になるまで

名残惜しんで下さった事は
特筆すべき事でしたわーい(嬉しい顔)


かわいい

__ (3).JPG



__ (2).JPG





__ (6).JPG

お陰様で
前夜27日の弦楽&ピアノコンサートるんるん

エンディングコンサートの様な盛り上がりの中
打ち上げた感があったので

翌日に迎える最終日は少し寂しくフェードアウトするのかなー?と思っていたところ
そうではなく

最終日、午後一番には
みきこさんとライプツィヒで仲良くなったになったという

ドイツで美術史を学んでいたという日本人女性と
今秋から東京駒場に住み東大・院入学予定のドイツ人男性のステキなカップルが来廊ひらめき

ドイツでのみきこさんのお話をお聞きする事も出来ましたグッド(上向き矢印)


そして上記の
心から展覧会を名残惜しんでくれる大芸大で現代音楽を学ぶ岡田君と

展覧会を締めくくる事が出来た事は、
余韻のある最終日になり

最後までいい時間が過ごせたなーとしみじみ感じていますend


あと数日、残務作業が続く中での、取り合えずの御報告です。

また、落ち着きましたら、書き終わっていないblogの続きも完成させて
「ふじたみきこ展」会期中の事、UPしたいと思っています。

__ (5).JPG




かわいい

次は11月1日(土)〜5日(水)
 一昨年に引き続き、上野陽子先生と生徒さんによる

4人4様、達者揃いの
オシャレな「クレパス展U」でするんるん

3連休の中、どうぞお運び下さい。





かわいい













posted by artspaceHOUGA at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

弦楽コンサート in 「ふじたみきこ展」のお知らせ


image.jpg


お待ちかね?
すでに日時だけお知らせしていました

弦楽コンサート in 「ふじた みきこ展」

の詳細情報です。

萌芽にお越しになられるお客様にはチラシをお渡ししておりますが、
ここでの広報が遅くなってしまいました。

お席の余裕はまだまだありますので
どうぞ、ご予約下さいsoon

最終日の前夜、
27日の土曜日の夜、外が暗くなった
ふじたみきこさんの「真夜中の子供たち」の絵が一段と冴える
19時頃からのコンサートでするんるん

image.jpg




たまたまの偶然なのですが、

前回の木管五重奏で素晴らしい演奏を聴かせて下さった
ファゴットの首藤さんとホルン奏者の小椋さんのお二人と同じ京都市交響楽団

チェロ奏者・佐藤禎さん
お越し頂けるそうでするんるん


今回の「ふじたみきこ展」に寄せるコンサートとして、
ヴァイオリニストの根垣りのさんが一から企画して下さいました。

りのさんが
ふじたさんの絵にはチェロの音色が合うexclamationと感じたことから、
恐れ多くも
萌芽初めてのチェロの登場と相成りました。


萌芽のピアノはグランド型で、ハンマーアクションではありますが、
デジタルピアノなので

今回はピアノ無し
チェロとヴァイオリンだけのコンサートかな?と思っていたところ

デジタルでもOKして下さった
ピアニスト松尾紗里さんが加わって下さる事になりましたるんるん

これも偶然?
紗里さんはピアノの手ほどきを受けた先生が我が娘と同じ方ということもあり、

小さい時からよく存じ上げている、音楽的才能がとても豊かな
ステキな曲を作るのがお得意なお嬢さんだったのですが、

月日の経つのは早いもので

京都芸大・院ご卒業後、2年に渡る仏留学を終えて、
つい先日帰国されたばかりのバリバリの新進ピアニストでいらっしゃいます。

りのさんも同じく、東京芸大卒業後
エリック・サティが出たスコラ・カントルム音楽院で研鑽を積まれて
今夏、帰国され日本での演奏活動にお忙しい実力派ひらめき

美女お二人に黒一点の京響チェロ奏者3人の音楽家による
贅沢なコンサートぴかぴか(新しい) 念願のチェロ演奏ひらめき


とはいえ、

何しろ10坪の萌芽ですから、
嬉しさ以上に不安が一杯でもあります。

不安な気持ちを抱えつつも、何時も決行してしまうのは

お客様の心に届くコンサートというのは、
純粋に演奏だけの力ではないと思っているので

きっと

絵も音楽も正に手の届くこの距離で
ダイレクトに楽しい時感を味わえる又とない企画なのではと信じています。

実は誰もどうなるかは全く分からないコンサートですが
ご興味のある方は、是非、お早めにご予約下さい。

イスは沢山ありますが、
音的にも、空間的にも一応25席くらいがちょうどいいかな?と、
今は考えています。

24日に演奏者3人が萌芽に来られて
諸々の事が決まると思います。


かわいい


あと、これは萌芽からのお願いですが、

萌芽は東日本大震災がきっかけとなって出来た場所なので

コンサートや、貸しギャラリーで萌芽を使われる際に
安藤忠雄さんが発起人として立ち上げた震災孤児育英基金「桃・柿育英会」への

寄付をお願いしていましたが、
桃・柿は当初の目標額をすでに大きく達成されているという事なので、

今回のコンサートは

東日本大震災復興支援チャリティーコンサートを
在阪の多くの音楽人や音楽ファンを巻き込んで、震災よりずっと続けて居られる

コンダクターの井村氏の活動に託そうと考えています。

この、井村誠貴氏が今夏挑戦された
「ベートーベン全交響曲1日演奏会」を聴きに行って

彼の行動そのものに深い感銘を受けた事からなのですが、

今回の萌芽コンサートの入場料¥1500の内の¥500を

井村氏を始め彼に賛同した音楽人によって集められた浄財に加えて
東北に届けて頂く事に致しました。



8月31日
この、ベートーベン交響曲全曲演奏会の為に

河内長野のラブリーホールに集まった人々は、
おそらく延べ2000人位になるのではと思いますが、

企画者として、ただ一人のコンダクターとして参加した井村氏は勿論の事、

舞台の上でオケ奏者として参加した方々も、

最後の第9で、ステージ奥、ホリゾントぎりぎりまで設えたひな壇に並び
合唱された方々も

そして、その熱い演奏を客席で、一日聴き続けた私達聴衆も

全員が同じ位の熱い感動の渦に巻き込まれたのは事実なのですexclamation×2


帰りの電車では温かい気持ちになって

こんなに楽しいコンサートは初めてだ―揺れるハート
という気持ちに私のみならず、

誘った友も同じことを感じて、「行って良かったるんるん」 と
彼女はもう、井村コンダクターの芸文での第9のチケットを予約したそうです手(チョキ)


本当に井村氏の行動力と人間力には憧れます。

彼はこれまでも3度に渡り
コンサートで集めた1500万円以上の義援金を
直接、石巻市長に届けに行って居られますぴかぴか(新しい)


<関西音楽人のちから「集」>で検索されると
彼の支援活動がご覧になれます。

来春も5月6日祝日には
シンフォニーホールでの復興チャリティーコンサートの大イベントをされますぴかぴか(新しい)

ご興味のある方はどうぞ聴きに行って下さい。


井村氏は12月、兵庫県立芸術文化センターでも第9コンサート、振られまするんるん

どうぞどうぞ、支援の輪が広がります様に











そして、萌芽も、今回はどうぞ、ご予約をお願い致します。






いすいすいすいす るんるん いすいすいすいす





posted by artspaceHOUGA at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

「ふじたみきこ展」スタートより早4日目終了!


ドイツ・ライプツィヒを
8月29日に経った作品たちは11日掛って

ようやく、スタートの前々日9月9日午後、
無事、郵便配達のお兄さんが届けてくれました手(チョキ)


勿論、送料の事を考えると額装したままでは厳しいので
全て額から出した状態

しっかりした厚みのマットに貼りつけられて届いたので
助かりました

早速、手持ちの額の中から
先ずサイズの合うものをリストアップし、

何種類かのデザインと
色も茶系、シルバーゴールド系、グリーン系の

それぞれどの額が合うか?
それと回りの絵との調和を考慮し、

決めたらサクサクと
額に入れて、紐を解け直したら額装完了です。

サア、ここまで来たらパーツは出揃い
後は
ふじたさんが3度に渡って熟慮した、指示書の通りに

任されてる高さを試行錯誤しながら、
ようやく完成しました手(チョキ)


image.jpg

今回は見上げる夜空の絵が特徴的なので、
少し高めの設置にしてみました。

image.jpg

写真では同じ青に見えますが
原画の青は全部、微妙に違い、全ての空には星空が輝いていますぴかぴか(新しい)



image.jpg



奥の壁に掛るのはシルクスクリーンの版画作品です。
ふじたさんの作品は

今回の入選作品の鉛筆とパステルのモノクロ画に
勿論、とどまらず

油絵・水彩・パステル・版画・鉛筆一本と
今回の萌芽でも多種の作品が並んでいますが、

とても引き出しの多い画家で、そのどれもが遜色ない完成度なので
驚きます。

毎日、彼女の絵を見ていると
その驚きが段々大きくなっていますひらめき

今日来られたお客様の中にも、私と同じく、
特に最初からふじたさんの作品をマークして来られたのではなく

作品を丁寧に見て回られた後、窓辺の長椅子に腰をおろして
DMの絵をゆっくりと鑑賞後、

再び一から又、作品を見て回って
段々と「イャー この人スゴイなぁーグッド(上向き矢印)

「イャー ホントに上手いなぁー右斜め上

感嘆の言葉を連発して萌芽を後にされましたが、
入って来られて時とテンションが全く違っていくのが、とても面白かったですわーい(嬉しい顔)

でも総じて皆さまわーい(嬉しい顔)揺れるハートひらめきの感じで
次のぎゃらりーを目指されますくつ

中には萌芽に長居をし過ぎて
次のぎゃらりーが閉廊時間に間に合わなくなってしまう方も居られましたend


image.jpg


今回は荷物の遅れから
当初、慌しいスタートとなり、BLOG更新する事が出来ないまま

早4日目を終了しましたが、

さすがにボローニャ国際絵本原画展あっての企画ながら、
今回の「ギャラリーさんぽ」の威力は
想像以上

連日、多くの始めてのお客様がここ萌芽にも足を運んで下さっていますexclamation

一様に皆さん、絵本を、絵を心底お好きな方ばかりなのが
話しているとビンビン伝わって来て、

とても楽しい時間を過ごさせてもらっていますが、
さすがに帰宅するともうPCの前に座る元気もなくなり

睡魔に襲われ、夜仕事が出来ないままで、

BLOG更新がすっかり止まってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

「荷物不着でSTOPexclamation&question」では流石にまずいどんっ(衝撃)exclamation×2パンチ



実は連日、萌芽に来て下さった方々との会話など
反芻する様に

その日の内に書き留めておきたい気持ちで一杯なのですが
文章を書くのは集中力がいるもので

今日も
大阪から前輪と後輪のスパークが全く違う
超カッコイイ自転車飛ばしてやってきた服飾デザイナー女子や

ふじたみきこさんの才能を私以上に大絶賛の中年デザイナー男子の話や

出会いの感動、覚めやらぬ内に書き留めたくて
お客様の途切れた合間に

慣れぬお手軽padを
操っていますが、どうにもまだ使いなれぬもので

やっとUPするも、
写真が寝てたり、さかさまだったりがく〜(落胆した顔)

ご指摘を受け、慌てて非公開にして修正soon
一日遅れのUPとなってしまいました。



アートスペース萌芽は昨日15日はお休みを頂きましたが

本日16日は開廊です

12:00〜18:00

かわいい


posted by artspaceHOUGA at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

展覧会準備 その1


image.jpg

青空と白い雲が映り込んだガラス窓に
「真夜中のこどもたち」って!

ちょっと作品のイメージと合わないファサードの写真ですが
ドンマイ!️ ドンマイ!

先週末にドイツより到着する予定の大事な絵が
月曜日も届かず青ざめ

でもスタート迄にはどうかどうか届いてくれる様に念じて
ひたすら待つしかない心境で

いつもの様に粛々と
展覧会の準備は
先ずファサードロゴ貼り込み作業からです。

日曜日、荷物の到着を待ちながら
せっせと細かいカットに勤しんで仕上げた8枚のシートの

レイアウトを考えて
右下がりや左下がりにならない様に貼りました顔1(うれしいカオ)

いつもより字が小さ過ぎて
ちょっとメリハリ感が無い様な気もしますが



いつもは作らないコンサート情報も今回は貼り込みました!

image.jpg

さあ、きっと明日には
ドイツから長い旅をしてきた素敵な絵が届きます様にクラッカー








posted by artspaceHOUGA at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

ふじたみきこ展「真夜中のこどもたち」


いよいよ来週、

11日(木)から ふじたみきこ展「真夜中のこどもたち」 が始まります。

P_C-00208623-N1-001.jpg


ふじたみきこさんは
本年度の「ボローニャ国際絵本原画展」の入選作家のお一人ぴかぴか(新しい)


今年の参加国は59カ国。
3190名のイラストレーターによる15950枚のイラストレーション

この膨大な数のイラストレーションを
たった3日間で、4人の審査員が選んだそうですが、

選ばれた75名の内に
日本人受賞者は14名exclamation×2

中にはもうすでに本屋さんの絵本コーナーに並んでいる作家さんもいます。


1967年から50回もの回を重ね、
昨年、50周年を迎えた

このイタリア・ボローニャ国際絵本原画展は

絵本としての、イラストレーションの表現の可能性を探り、
新しい才能と国際的な出版市場が出会う場として

キャリアを重ねた作家のみならず、
駆け出しの若いアーティストも
区別なくアプローチ出来るコンクールとして

規模においても、評価の高さにおいても
絵本に携わるイラストレーターにとって、重要な展覧会、且つ

出版社や専門家に認められる絶好の機会ともいえる
一大ブックフェアでもありますexclamation

かわいい

欧州の出版社にアプローチ出来る
絶好のチャンスでもある為、

ボローニャを目指す人は常連のみならず、
売り込みの為に
デモ製本した自身の作品を用意して

必死に身に付けた語学を駆使して
コミュニケーションを取る必要がある訳です。

絵本ですから

絵だけでは成立しない、
絵に呼応するストーリーがあって

読む人の心に届かないと成立しない絵本製作の世界は

絵だけで勝負出来ない
なかなか厳しい世界の様ですexclamation

内向き志向の強い若者が増えているとよく耳にする昨今ですが、
ボローニャを目指し、

欧州からの作家デビュ―を目指している頑張っている日本の若者からは

映画や、音楽、バレエの世界も皆、同様に
熱いアーティスト魂を感じますパンチ

かわいい

今年7月、東京・板橋区立美術館からスタートした、
このボローニャ展の日本巡回展覧会は

8月23日より9月28日まで
西宮市大谷記念美術館で開催中です。

私も先日、観て来ました。

ふじたさんの5枚の入選作品は鉛筆とパステルで描かれた
モノトーン一色の、不思議な世界観を感じる

真夜中シリーズ夜


11日から萌芽で始まるふじたみきこ展のテーマも
「真夜中のこどもたち」

作品はこの週末に
ドイツと、関東の日本の御実家の両方から届く予定ですsoon

待ち遠しい思いでいっぱいですが、
到着したら、バトンタッチexclamation

彼女の指示通り、展示設営に取りかからねばなりませんダッシュ(走り出すさま)
責任重大ですが、精いっぱい頑張りますのでグッド(上向き矢印)

ギャラリーさんぽのコースに是非入れて
お立ち寄り下さいますぴかぴか(新しい)


萌芽に一番近い
ギャラリーわびすけさんでは

9月12日~18日は
同じく2014年入選者・木虎徹雄さんの「2冊の本の原画展」

続いて

9月20日~26日も
同じく2014の入選者・「浦上和久展」


萌芽の会期中と同じくわびすけでも
「ぎゃらりーさんぽ」の展覧会が続きます手(チョキ)

萌芽では勝手ながら
会期中の15日・17日・24日を休廊日とさせて頂きますので
この3日間は除いて下さって、

是非とも

歩いて10分足らずで行ける
甲子園口駅最寄りの、<ぎャラリーわびすけ>と<アートスペース萌芽>

その両方に、是非お越しくださいませ。

るんるん

実は懸案の、会期中のコンサートも有り難い事に
今日、急遽決まりましたるんるんexclamation

日時は9月27日(土)19:00〜

萌芽初めての
ヴァイオリン奏者の根垣りのさんが企画して下さる事になりましたわーい(嬉しい顔)

東京芸大を卒業されてフランスに留学し、
今秋、帰国されたばかりの
新進気鋭の素晴らしいヴァイオリニストの登場ですひらめき


長くなりましたので、コンサートに関する詳細は、
次回の御報告とさせて下さいるんるん

それでは次回をお楽しみにわーい(嬉しい顔)


るんるんるんるんるんるん









posted by artspaceHOUGA at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

ギャラリーさんぽ はじまりました!


gallery_sanpo_2014_poster.jpg


西宮市大谷記念美術館で1978年より恒例となりました
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展が
今週の土曜日8月23日よりはじまりますsoon

〜9月28日までの会期中に


以下の市内9か所のギャラリーでは
この大谷記念美術館のボローニャ国際絵本原画展の協力の下

2012~2014入選作家さんの作品を個展形式で観て頂き
いろんな絵本の世界を堪能して頂こうという企画

「ギャラリーさんぽ」

を今年もやります。


参加ギャラリーは以下の通り次項有

散歩くつというより 
自転車でグルッとサイクリングがてら廻れる様な気がしますが、
暑中に付き くれぐれもお気を付け下さい眼鏡


かわいい

先ずスタート地点の大谷美術館近くの
香櫨園【西宮市立市民ギャラリー】
「こども・えほんのえ・てんらんかい」
こちらは夏休み最後の8月26日~31日となります。

かわいい

香櫨園の大谷記念美術館から夙川を北上し夙川大井手町【ギャラリーSHAMA】
さらに北へ苦楽園駅前【ギャラリー6c】

さらに東へ向かって西宮北口【サコダアートギャラリー】 【ギャラリー甲風画苑】

ここから南東方向JR甲子園口駅へ駅から1分の【ギャラリーわびすけ】
6分南下の我が【アートスペース萌芽】

ここから甲子園筋を阪神甲子園駅目指して南下
こちらも駅の北側30秒の【ギャラリーアライ】

西へ一駅の阪神久寿川駅近の銅版画工房の中にある【ギャラリー凸凹】

更に西へ進むと振り出しの大谷美術館に到着位置情報


かわいい

期間中、各ギャラリーそれぞれの趣向を凝らし
2014入選作家12名の個展を中心に
2012,2013入選作家やボローニャ展の過去入選者に絞って
絵本画家の作品展を順次、開催する為、
鋭意準備中です。


各展覧会の案内状と
「ギャラリーさんぽのパンフレット」は

大谷記念美術館はじめ
市内の公民館や図書館、各ギャラリーで事前にゲットする事が出来ます。

まず、これらをゲットして

一日で全て廻るのは無理でも、

興味のある作家さんの個展会場を数か所に絞った行程を考えて下さってもいいですし、
会期が一ヶ月ありますので、何回かに分けてお運び頂くのも有り難いです。


かわいい

期間中に各ギャラリーにご来場下さった方にはスタンプを押印
4つスタンプを集める位置情報

作家さんの描かれた絵の缶バッチを先着100名様にプレゼントわーい(嬉しい顔)

というオマケも用意されていますグッド(上向き矢印)



アートスペース萌芽では、加えて
冷たいお飲み物も用意してお待ちしていますひらめき



くどい様ですが
自転車党のわたくしとしては、

9か所のギャラリーを全部徒歩で廻るというのは実際厳しいですが、
自転車なら、難なく一日で制覇出来る距離ではあります手(チョキ)


かわいい


以上、題して

 「ギャラリーさんぽ」 
今年より萌芽も参加させて頂いているのですが、


アートスペース萌芽では

欧州から絵本作家メジャーデビューを目指して
精力的に創作活動を続けていらっしゃるぴかぴか(新しい)

ドイツ在住の2014入選作家
ふじたみきこさんの作品展

「真夜中のこどもたち」

9月11日(木)~28日(日)

12:00〜18:00

 を催します。



ドイツから作品を送って頂くなど、準備はこれから追い込みに掛ります。

「真夜中のこどもたち」
この、とても魅かれるタイトルに、どんな絵が並ぶ事になるのか
私自身も大いに期待しています。


かわいい

会期中に予定していますコンサートの準備も実はこれからなのですが、
ふじたさんの描かれる絵の世界観を損なわない様な
コンサートを手(チョキ)と思うと、スッスッと進めず、難儀しています。

まだ詳細がお知らせ出来ずにいますが、
決定し次第、
このHP上でご案内致します。ダッシュ(走り出すさま)





るんるん



posted by artspaceHOUGA at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする