2017年03月31日

2017『さくら♪さくら♪咲く展』スタート


前日との気温差12°C、昼前から閉廊まで止む事なく降り続く
雨スタートとなった
『さくら♪咲く展』も大入り満員の来廊者
嬉しい初日となりました

天候関係なく、
素敵なお着物姿でお越し下さった
作家さんと ご自身の作品『日日是好日』のツーショット
雨天の鬱陶しさがすっ飛んで行く思いでした

IMG_0479.jpg

2年に渡って病床にあった亡きご尊父を支えた経験から描かれた絵との
話をを聞かせて頂き、よりこの絵の鑑賞が深まった気がします



今回も平面以外の作品
岡橋弘子さんと、滋賀の馬場匠さんの新作・陶芸作品、
坪本さんのちりめん細工、中永吏子さんのエリナ織、東海律子さんの筆文字アート
B室満載のスタートです

image.jpg



image.jpg



image.jpg



image.jpg

これらは勿論、すべて販売作品ですが、初日から順調な滑り出し
久々の、慣れぬ物販作業で、アタフタの初日でした


なかなか、写真を撮る余裕もない一日でしたが、
閉廊後に撮った2Fの1枚

image.jpg

キラキラピンクの春爛漫
愛犬との思い出を桜の中に閉じ込めた淡い春を隣り合わせた

お気に入りの東面


さて、明日は根垣りのさんのリサイタル
心強きスタッフにお任せして
午後は江坂に駆け付けます




posted by artspaceHOUGA at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

『さくら♪咲く展』いよいよ明日から〜❗️


image.jpg
<A室・入り口>

3月25日・26日の搬入日以降もご応募が続き、
最終47名様のご応募を頂きました2017年の『さくら♪さくら♪咲く展』
いよいよ、明日から始まります

油絵10p、日本画1p、アクリル5p、水彩16p、銅版画5p、色木版1p、
クレパス3p、色鉛筆1p、テンペラ1p、墨彩2p、書文字8p、写真2p、陶絵3p
以上
素材様々の平面作品が63点の他、

陶芸家2名のご参加に依る焼物多数、その他、
刺繍、織物、縮緬細工、刺し子、木工、etc .

27日〜本日21時まで、実に丸四日掛かって
A室、B室、2F・萌芽Hall、3室使っての
展示設営 完了致しました。

さあ、
いよいよ明日よりスタートです

明日はあいにくの、寒い雨模様の予報ですが、
明後日土曜日〜週末の予報は晴れ

肝心の、さくらの開花も
満開には今暫くの時間が掛かりそうですが、
会期は4月8日までです!

ご参加頂きました皆様、ご出展を検討頂いた多くの皆様方に
改めて御礼申し上げます




image.jpg

<1F/B室 入り口>

image.jpg
<1F/B室>

見事にピンクの器が並びました


image.jpg
<2F>

image.jpg



image.jpg

明日11時〜スタート
『さくら♪さくら♪咲く展』



最終日4月8日のエンディングイベントは
クラシックギターソロコンサートと、ささやかな懇親パーティー

展覧会終了後の17時半開演です。
こちらのコンサートはどなたでもお入り頂けますので、
お気軽に生のクラシックギターの演奏に御来聴下さい

終演後には演奏者を交えてのささやかな懇親タイムもございますので
こちらも、是非奮ってご参加下さいます様に


ただ今、ご予約受付中
バックアップ - バックアップ - バックアップ - 渡辺悠也.jpg
















続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2017〜さくら♪さくら♪咲く展〜Vol.4 出展作品募集中!

2017年2月もあと一週間

昔から『1月は行く、2月は逃げる、三月は去る』といいますが、
特に毎年『2月は逃げる』の実感があります。

案の定、さくら展の準備が遅れ気味の中、
早、3月を迎えそうですが、

ただ今、『さくら咲く展』出展作品募集中です

昨年のペースに追いつかねばと
昨日、5時間掛かって、さくら展のDM原稿のおもて面、完成しました
さくら咲く展.jpg
今年も昨年同様、
前年度の出展作品や、会期中の思い出を並べた安直なデザインですが、
このスタイルはこれからも続けていきたいと思っています。

出展作品の一部しかスペース的に載せられないので
申し訳ない気持ちも有るのですが、

その年々の傾向も一目で分かり、
数を重ね、案内状が貯まっていった後年、見返す時の感慨は「ひとしお」なのでは?
と思う次第


昨年度のさくら展は
ナント、締切り日が2月25日
その時点で既に41名のご応募があり、
締め切ってからのご応募も相次ぎ、

案内状へのお名前掲載が間に合わない方が
続出した記憶があります。

という事で、
今年は応募締め切り日を3月15日としています。

出展者全員のお名前を漏れなく載せたいと思うばかりの
超タイトなスケジュールなのですが、
事前広報用の案内状を先に印刷するつもりです

ですから、出展する事を決めている御方は、
取り敢えず、参加表明だけでもご連絡下さい


今年も、A室、B室、C室の3室を開けて
多くの作品をお待ちしていますので
奮ってのご参加を、
お待ちしています



先週より、募集要項書の郵送も始めて居りますが、
ここでの告知が遅れていました

募集要項のあらましです。
〜アートスペース萌芽2017春 「さくら♪さくら♪咲く展」 出展作品募集案内〜.jpg
出展を考えて居られる方は
出す作品の詳細が決まって居られなくとも
出展枚数や詳細はあとで結構ですので

先ず
mailか電話で、出展の挙手をお願いします。
お名前を記載した案内状を
ご希望により、早くお渡しする事が出来ます。


最終日の4月8日は17時で閉廊し、
17時半よりクラシックギタリスト・渡辺悠也さんをお迎えした
エンディングコンサート&ミニパーティーを
予定して居ります

バックアップ - バックアップ - バックアップ - 渡辺悠也.jpg


渡辺さんは、
2013年『さくら♪咲く展」Vol.のエンディングで
まだ、1F A室しかなかった、第一回のさくら展でギターソロを聴かせて頂きました

今回のコンサートは2F萌芽Hallでは始めての
クラシックギターコンサートです

終演後は軽い軽食とドリンクの並ぶ
懇親ミニパーティ−を予定していますので、
是非こちらもお楽しみ下さい。
(要予約/¥2000・軽飲食込み)

お帰りの際に作品を持ち帰ることも、翌日の搬出もOKです。

それでは
2017年 もアートスペース萌芽の展覧会活動は
『さくら♪さくら♪咲く展』より 始動です

皆様どうぞ よろしく


そして、もう一つ大事なお知らせです

さくら展に先駆けて
来週3月5日(日)マチネコンサートでは
いつもお世話になっている素敵ピアニスト・松尾紗里さんのお祖父様が

生前、長くご趣味として続けられていたプロ顔負けの木版画や絵を
2F萌芽Hallに展示した中での
チェロとピアノのDuo Concert を予定して居ります

こちらもただ今、絶賛ご予約受付中
(\2000/終演後に茶菓付き懇親パーティー付き)

完成33ppl.jpg



阪神大震災時、半壊になったお祖父様宅から救い出し、倉庫に保管して以来
20年以上に、眠っていた作品の数々
本当に素晴らしい作品です

木版だけではなく、手慣れた筆運びの墨彩画など、
どれも素晴らしい作品群のごく一部ですが、

今回のコンサート会場の壁に展示し、
お孫さんである紗里さんの奏でる上質な音楽の中で

御来聴のお客様に見て頂きたいと急遽、展示する事になりました

目でも耳でもお楽しみ頂ける
萌芽理想の空間となる
3月5日(日)14時開演

チェロ・一樂 恒 & ピアノ・松尾紗
Duo Coencert

at
ArtSpace萌芽Hall

16681943_1362169167188873_4585823020318569311_n.jpg



16684062_1362169177188872_2492901929267671872_n.jpg




16708261_1362169207188869_3823520287065449314_n.jpg

木版画の数々、必見です

posted by artspaceHOUGA at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

2017 New Year Concert

2017年の萌芽のスタートは
萌芽初登場こちらのお三方です

image1.JPG


笑顔の絶品かわいい安達萌さんが企画して下さった
クラリネット・チェロ・ピアノのトリオコンサート

萌芽始めて、私自身も始めての編成です

演目もバラエティーに飛んで、
若手音楽家のやる気満々を感じる
ボリュームたっぷり 聴き応え十分の
お得なコンサートが予想されます

帰りの電車を心配する事も無く、
冬は休日の昼下がり、マチネコンサートいいですね


1月29日(日)14時開演(開場13時半〜)

<演奏>
♪クラリネット・竹内久力(東京芸大卒)
♪チェロ・有梨瑳里(東京芸大卒/兵庫芸文管弦楽団所属)
♪ピアノ・安達萌(大阪教育大卒)

<演目>

ートーベン   三重奏曲『街の歌』

 ヒンデミット  ルードゥス・ミノール

ブルッフ   コル・二ドライ

 シューマン   幻想小曲集 作品73

        ブラームス   クラリネット三重奏曲 作品114






続いて、
一週間後の2月5日 同じく日曜日の14時開演〜

こちらは
どなたも聴き馴染みのある名曲を
キャリア十分なピアニストお二人による四手連弾で
お聴かせするコンサートです。

例えば、原曲がヴァイオリンとピアノの曲を
ヴァイオリン部分もピアノで奏でる
四手版楽譜の演奏という訳で、
ピアノの持つ迫力を楽しめる四手連弾は本当に聴き応えあります

2017-0205 ohiru-1.jpg


2月5日(日)14時開演(13時半開場)

<演奏>

ピアノ・松本直子(京都市立芸術大学・大学院卒・北フロリダ大学留学)
ピアノ・大河智子(桐朋学園音楽学部卒・ニュルンベルク音大・ザルツブルク音大院卒)


<演目>

エルガー  愛の挨拶

サラサーテ   カルメン幻想曲よりメドレー

シューベルト   幻想曲Op. 103 D940

クライスラー   愛の喜び 愛の悲しみ

映画 「サウンド・オブ・ミュージック」メドレー

ラヴェル   マ・メール・ロワ




続いて、たった今、フライヤー原稿が届きました
3月のコンサート

ピアノトリオで何回も演奏して下さっている
ピアニストの松尾紗里さんがお声掛け下さった、
同窓のチェリスト・一樂恒さんとのDuo Concertです

完成33ppl.jpg

一樂恒さんは、若手のポープ誉れ高いチェリスト
演奏しているお姿もとても絵になるステキな演奏者でいらっしゃいます


以前、兵庫県立美術館での超満員となった「松尾紗里コンサート」において
一曲だけ、紗里さんとのセッションを拝聴した事があり、
ずーっと気になっていた、萌芽待望の御方の初登場

演目もカプースチンって?期待大
待ち遠しい想いが致します


3月5日(日)14時開演(13時半

<演奏>

♪ピアノ・松尾紗里(京都市立芸大・大学院卒 仏エコール・ノルマル音楽院卒)
♪チェロ・一樂恒(京都市立芸術大卒)

<演目>

カプースチン  ブルレスク

ラフマニノフ  チェロソナタ ト短調


以上が
1月〜3月までに決定しているコンサートのご案内です


ArtSpace萌芽Hall は
JR甲子園口駅 南側徒歩6〜7分に位置する
アートスペース萌芽の真上2Fにある

キャパ50席の小さなホールですが、

Hall入り口は 建物北側にある階段から上がった
左手にございます。

写真 2.JPG



どちらのコンサートも温かいお飲物とお菓子をご用意して
多くの方のご来場をお待ちして居ります

終演後には演奏の肩の荷を降ろした奏者との語らいと共に
暫し、演奏の余韻をお楽しみ下さい。


萌芽Hallのコンサートはチケットがありません。
電話かメールでご予約頂く方式です。

チケット制作に掛かる費用削減と紙ゴミを出さない為もありますが、
当日の都合がその日にならないと分からない方の為というもの
チケットレスの大きな理由です。

勿論、当日でもご予約頂ければ何よりですが、
当日、急に来れる様になったり、聴きたくなった場合でも
ほぼ、お入り頂けると思いますので
駆け付けて鉄扉をお開け下さい

鉄扉の奥にもガラス扉がありますので、曲の切れ目まで
ガラスの扉越しに座ってお聴き頂けます

遅れても お気軽にお運び下さい。



どちらも ただ今 絶賛ご予約受付中です







続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2016年12月年末にて

いよいよ、2016 年も残りわずかとなりました

本年の萌芽活動は
萌芽A・B・C全室を使って賑々しく催しました、

先日のA室での
二紀会会員 根垣睦子先生門下の『南紀の旅 信州の旅』展

写真 1-1.JPG



写真 2.JPG



写真 3.JPG


B・C室での
萌芽企画『旅っていいね!旅の思い出展』

写真 1.JPG


写真 2.JPG

写真 4.JPG

写真 3.JPG

この2展覧会の同時開催による7日間をもって
12月15日、終了させて頂きました。


12月9日〜15日迄の会期中に3つものコンサートを無事に開く事が出来ましたのも
演奏者、聴きに来て下さるお客様、助けてくれるスタッフ
多くの方のお陰と、あらためて心より皆様に御礼申し上げます。

事後報告もなかなかUP出来ないままの慌ただしさではありますが、
年を越す前の記録として、
12月のコンサートもラインナップ

先ず、
展覧会スタート翌日12月10日夜の
Louis Quartet
『弦楽四重奏コンサート』
Louis_Quartet_1.jpg
IMG_0182.JPG

IMG_0186.JPG

IMG_0195.JPG
弾けんばかりの、若さ溢れる音楽家の皆さん

女性陣は勿論の事
黒一点のヴィオラ奏者・椎名君のお肌もつるピンのカルテット
熱〜い演奏でした





翌、12月11日 日曜日のマチネコンサート
谷本華子さんによる
モダン&バロックヴァイオリンソロコンサート

2016年12月11日コンサートチラシ原稿-2.jpg

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 3.JPG

 谷本華子さんの演奏は本当に凄いです 
カッコいいーの極みであります

『今ナニ聴こ?』次回Part3 が待ち遠しい限り




そして
展覧会最終日の12月15日の夜は
いつもの
根垣りの&松尾紗里&佐藤禎トリオのご登場

16-11-18-13-02-32-185_deco.jpg

2016萌芽コンサート、今年のとりも
この御三方の演奏で
締めくくる事が出来ました

ピアソラ
『ブエノスアイレスの四季』痺れました!
ラフマニノフも最高
佐藤さん、かっこいい
素晴らしかったです

今回は一聴衆として拝聴しましたので
演奏中の写真を1枚も撮っていないのが、
少し残念ではありましたが、

演奏を楽しむ事が出来たので心より満足したコンサートでした

3コンサートとも、萌芽Hallにはモッタイナイ位の
本当に素晴らしいコンサートでした
多くのお客様に御来聴頂く事も出来ました
何より、お客様に楽しんで頂けたと思います


来年も
演奏者も、お客様も、私自身も楽しむ事の出来る
コンサートを沢山催す事が出来ればいいなと思っています


2017年の
アートスペース萌芽&ArtSpace萌芽Hallも
どうぞ、よろしくお願い致します。

新年のスタートは
1月29日(日)14時開演
クラリネット&チェロ&ピアノ
萌芽始めての編成の室内楽コンサートが催されます

image1.JPG




続いて
2月5日 こちらも日曜日の昼下がり、14時開演のコンサートです。

欧州での修行を積んだピアニストお二人による
どなたにでも心地良くお聴き頂ける
名曲ずらりのプログラム

2017-0205 ohiru-1.jpg

是非とも、萌芽の2017New Year Concert
寒い時期には、お昼のコンサートがいいですね

温かいお飲物も用意して
お待ちしています☕
どうぞ、お気軽に御来聴 賜ります様に

皆様 良いお年をお迎え下さい











posted by artspaceHOUGA at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

2016年 12月・最後のイベントのお知らせ

次回の展覧会も、2展同時開催です

特に意図した訳ではなく、
自然とこの様な形になりました


2Fの萌芽コンサートも然り
意図せず、連続3つの素敵なコンサートの連発となり
ビックリポン

という訳で
先ずは展覧会のご案内です

アートスペース萌芽・A室(白い部屋)

二紀会会員・根垣睦子先生と行く
『南紀の旅 信州の旅』
写真.JPG

&

アートスペース萌芽・1F/B室&2F萌芽Hall

萌芽企画「旅っていいね!旅の思い出展』
文書3.jpg

こちらは一般公募で出展して下さる23名様のご参加です

お一人2点、3点、出される方もいらっしゃるので
展示枚数が最終何枚になるか?まだ正確に把握していませんが

水彩、油、アクリル、版画、写真と
技法の違う平面作品が並ぶ予定です


続いて
2F萌芽Hallコンサートのご案内です

時系列にご案内しますと

12月10日(土)18:30~開演(18:00開場)
Louis_Quartet_1.jpg



次に
翌日、日曜日の昼コンサート


12月11日(日)14:00開演(13:30~開場)
2016年12月11日コンサートチラシ原稿-2.jpg


次に
展覧会のクロージングとなる
12月15日(木)19:00開演(18:00開場)
814修正.jpg



フライヤーに着手し遅れた萌芽に代わって
演奏者のりのさんが作ってくれたGooなフライヤーも出回っています

16-11-28-16-14-03-355_deco.jpg

どちらも同じ本年最後の萌芽コンサートです


ピアソラの『ブエノスアイレスの四季』
ワクワクです

『その他』って 
楽しみです〜


3コンサートともご予約承り中です
どなた様もお気軽にお運び下さい








posted by artspaceHOUGA at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

小貫恒夫展 〜 水彩画からのぞくヨーロッパの風景〜

image.jpg

なんと月日の経つのはアッという間なの!とは
いつも思う事ですが、

20日からスタートした「小貫恒夫展」
早、明日で終わりとは、寂しい限り

最終日前日、本日朝は少し早出の10時前の萌芽です

寒いけれども、お天気のいい中、
お客様の入る前にザッと撮った室内

説明は後日追加するとして
取り敢えず写真のみ列挙させて頂きますので、
直にご覧になりたいと思われる御方は
明日、是非お運び下さい
一応、18時が閉廊予定です。


南面壁はほぼ、デユッセルドルフ近郊
image.jpg

展覧会スタート前から届いていた
西宮市長・今村岳司氏からの祝辞とツゥーショットの
雪景色は人気の1枚
image.jpg

今回は、読売・神戸・朝日の阪神版の展覧会情報に
掲載して頂いたお陰もあり、

毎日、「萌芽への行き方は?」の問い合わせも多く
初めての、少し遠くからの来廊者が増えた様子が
芳名帳から感じられました。

image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg



パリ・ノートルダム寺院
image.jpg

パリ・モンマルトル

image.jpg


image.jpg



image.jpg


image.jpg

仏・アヌシー湖
image.jpg


image.jpg

ベルギー
image.jpg


image.jpg




image.jpg





image.jpg




image.jpg



image.jpg


急ぎ足でしたが、
取り急ぎの作品UP


実に、細やかに描かれたヨーロッパの水彩風景画です


明日18時まで🔚
JR甲子園口南口より徒歩6分のアートスペース萌芽です🔜

お待ちして居ります






続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

布アート

image.jpg

布と糸で描いた絵


image.jpg

何という細やかな素材選びでしょうか!
布と糸と極小のビーズ
ジャワ更紗の花器が生きています

image.jpg

何色ものオーガンジーの重なりが、更に色数を増やして
まるで透明水彩で描いた絵の様です

image.jpg

降りしきる雨と、スゴイ雨に打たれる2本の傘
音が聞こえて来る様な、なんとも凄い絵です

四作品とも、四様全く違う表現の幅に作者の意気込みを感じます

今回の布展の、
正直、思わぬ出色の極上アート作品を制作、出品して下さった上ちゃんに
心より感謝

ずーっと憧れていた宮脇綾子さんの布絵以上の
魅力を感じます

ご興味のあるお方は是非、真近でご覧になって下さい

他にも色々並んでいる布展、
初めてですが、予想以上に楽しい展覧会となっています。

明日は、四手連弾のコンサート
こちらもとても楽しみです

ご予約無しでも、結構です❗️
どうぞお運び下さい

ジュネーヴ2016.jpg





posted by artspaceHOUGA at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

『小貫恒夫・水彩画展』&『布っていいね!展』2展同時スタートです!

萌芽初の2展同時スタートです

流石に2展同時は、なかなか準備が大変でしたが、
プレオープンとして
昨日のベクトレフ先生の演奏を聴きに来て下さったお客様にも
ご覧頂く事が出来ました。


A室は
『小貫恒夫・水彩画からのぞくヨーロッパの風景』

image.jpg


image.jpg




image.jpg


image.jpg

&

お隣のB室は萌芽企画『布っていいね!布で作った作品展』

image.jpg


image.jpg



image.jpg


image.jpg


今回、期せずして全く違う、展覧会を同時開催することになりましたが、
どちらの展覧会を目的に来られたとしても、
ほぼ、全ての来廊者が両方の展覧会を観て下さると思うので
接客面の大変さはありますが、なかなか面白い事になりそうです。

明後日 11月23日勤労感謝の日には
2Fにて、ヨーロッパ仕込みのピアニストお二人に依る
四手連弾コンサートも予定して居り
小貫恒夫氏もご来聴予定です〜

終演後にはささやかながら
軽食とワイン付きの懇親パーティーもあります

ご予約は
まだまだ承りますので、
どなた様もお気軽にお出掛け下さい。
きっと素敵な時をお過ごし頂ける事と思います

ジュネーヴ2016.jpg







続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

中山邦子展終了。


image.jpg


11月8日から始まった『中山邦子展』

白いA室30〜100号7枚展示。

image.jpg


image.jpg



image.jpg



image.jpg





暗めシックなB室にはクロッキー6Pと水彩画6P。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg


ファサードには30号の現代アート系作品1P

image.jpg

スッキリ展示がお好きな中山さんの割には
流石に2室利用ですから、ボーリュームあります



そこに、インスタレーション?
テレイドスコープの映像作品が加わって、充実の展覧会となりました

image.jpg

image.jpg


image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

ほぼ毎日の在廊で個展開催のしんどさと見返りの歓びの両方を
体感なさったのではと思います。

今回はコンサートなし、始めてのB室でのプロジェクター上映を楽しみながらの
クロージング前夜のささやかなワインパーティー

image.jpg

ゆったりとした6日間に渡る上質な展覧会となりました



中山さんのまっすぐ前を見据える人生の生き方に感銘を受けた
私にとっても見習うべき人生の処し方を考え直した時間でもありました。

社会的一線を退かれる今後も
ますますのご活躍を願っています

アートスペース萌芽をメモリアルな個展開場に選んで下さった中山さんに
改めて御礼申し上げます



image.jpg





続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

『中山邦子展 Teleidoscope』展示設営。


image.jpg

久しぶりに至福を味わった、昨夜23時の萌芽です

昨日のスタート前日は
大きな絵を満載にした青野運送さんが到着した13時から
中山さんと手分けして展示をスタート

30号〜100号の近作・現代アート作品7点は
白い空間を気に入って下さったA室
中山さんの100号組み立てから始まりました

私の作業はB室での額装からです
以前、描かれた静物の水彩画5点、風景画1枚の額装を終えた時点で、

B室を先行させるべく、協働作業に体制を変え、
B室特等席=ファサード壁展示作品決め
image.jpg

ヤッパリこの席はこの絵しかないね!二人文句無しのほぼ即決で
A室から移動させた現代アート、
題名のチェックをする余裕は昨日は有りませんでしたので
後日お知らせするとして、先に進みます。

次なる作業は
中山さんはひっつき虫で、ひたすらクロッキー展示
私は物差しとプッシュピン持って、水彩額の位置決めとフックトントン❗️

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

深夜の撮影につき、やや暗めの写真ですが、惹かれる筆致の水彩画です〜❗️

平面作品がここまで辿り着く前にもう一つの協働作業タイムが
このB室メインイベント
Teleidoscope の映写環境の設営です
設営と言っても
私は麻の紗幕垂らしを手伝っただけ、

パリでもやったという、このTeleidoscopeインスタレーション
プロジェクター準備はバッチリの中山さんの一人仕事で
実に昨日一番の素早い作業で、
美しい画像は、外のビル壁にまで届いて居りました

この映写作品をご覧になりたいお方は
日暮れる頃にお越し下さい。

残念ながら、昨夜の試写の写真は取り忘れました

キャプションをひっつき虫で貼って、
届いた胡蝶蘭を飾って、
スポットライトの位置決めして、ほぼ18時過ぎにはA室へ

A室は7点の大作展示ですから、B室よりはスピードUP出来る目算で、
ここで水分とカロリー補給

休憩そこそこに展示スタート
大作展示はヤッパリ協働作業が早いのですネー

物差しとプッシュピンを持った人と離れてチェックする人の役割分担で
比較的、試行錯誤に時間を取られることなく
サクサク、進んだつもりでしたが
終了したのは21時半を超えていました。

image.jpg


image.jpg



image.jpg


image.jpg

今日8日から13日(日)17時までです。

12日(土)19時〜B室にて ビー玉万華鏡の映像を楽しみながらの
クロージングパーティーあります
今回はコンサートはございませんが、
美しいインスタレーションをお楽しみ下さい

昼間でも夕刻でも、どうぞお運び下さいませ





posted by artspaceHOUGA at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

11月の展覧会・コンサートのご案内!

早、11月秋をゆっくり楽しむ間もなく、
木枯らし一号とは 

今年もあと、2ヶ月🔜

師走を待つ事なく
11月から12月半ばまで 大忙しのラストスパートとなりそうです💨

さて
先ず、順番通りに、11月開催予定の
展覧会3展ピアノコンサート2回のご案内をさせて頂きます

既に告知済みの、重複はお許し頂くとして
3展覧会のDMです〜

先ず、11月8日(火)〜 13日(日)
個展案内A.jpg
個展案内Bのコピー.jpg

武庫川女子大学で非常勤講師をされているインテリア・デザイナー
中山邦子さんの8年ぶりの個展となる、展覧会です。

長らく嗜んで来られた、少し以前に描かれたクロッキーや水彩画と
ここ何年か取組んで居られる、現代アート的、テーマを持った大作と
この、全くニュアンスの違う作品をを10坪の萌芽A室1室に
正に押し込めた様な展示となるのだけは避けたい❗という判断の元、

隣のB室に、過去の作品と映像作品を
外に向かっての露出度の高いA室に、100号サイズをはじめとする現代アートを

という事になりました。

2室の運営は誠にモッタイナイのですが、
こんな時こそB室の出番です 使わない手はありません


展覧会の題名 <Teleidoscope>とは?


テレスコープ(望遠鏡)+カレイドスコープ(万華鏡)
が合体した、ビー玉万華鏡の事らしいです。

普通の万華鏡は筒の中にビーズ等のオブジェクトが入っていて、
それにより、見える模様の色や形が限定されますが、

ビー玉万華鏡は中には何も入っておらず、
筒の先端に大きなガラスのビー玉が付いているのみ!

ガラス玉が外の世界を映し、その映像がオブジェクトになる
つまり、自分の周辺に見える物が全てオブジェクト!
依ってオブジェクトは無限❗️ 究極の万華鏡という訳です

そう考えると
なんと、ハードルの高い題名でしょう
どんな展示になるのか? きっと、とてもボリューミィーになりそう
楽しみです


続いての展覧会は、一週間開けての、20日〜ですが、

その前日11月19日に、まさかのコンサート
来日中の
ボリス・べクトレフ先生をお招きしてのコンサートです
2016年チラシ原稿-2_ページ_1.jpg
1996年〜2011年まで、15年の渡って日本に滞在し、
ご自身の演奏活動や多くの後進を育てた
ロシア人ピアニストBoris Bekhterev先生をお迎えしての貴重なコンサートですが、

先生に一度ならず教えを請うた御方や
先生の演奏を愛するファンの方々にまで広く
このコンサートを知って頂き、ご参集頂ける事を
念じています

そして、
翌日から1Fで始まる展覧会の展示を早めて
コンサートに来られたお客様にも観て頂ける様にと考えています

終演後にご覧になるもよし、14時半の開場前にご覧になるもよし

さて、どんな展覧会でしょうか?

1FのA室とB室での展開ですが、
全く別々の展覧会、2展の同時開催となります。

白い、外へのアピールが大きいA室は
『小貫恒夫展・水彩画でのぞくヨーロッパの風景』
Post Card 2016.jpg
ドイツ在住30年以上、ずーっとドイツ博報堂に勤務される傍、 
主にヨーロッパの風景を水彩で描き綴られている
空間デザイナー・小貫恒夫氏の3年ぶりの個展となります❗️

既に作品は25点、ドイツより到着しましたので、
明日から、額装の予定です

前回同様
今回も会期中に日本に来られる予定ですが、
萌芽に来られるのは23日(祝・水)18時半〜のコンサートと、
25 日・26日のみ在廊のご予定です


その、23日勤労感謝の日の夜のコンサートが、
こちら
ジュネーヴ2016.jpg

パリ、ジュネーブで長らく研鑽を重ねた二人のピアニストによる四手連弾です
帰国して、まだ日の浅い藤井優香さんは、今回が萌芽初登場

辰村千花さんはナント、
三年前の『小貫恒夫展』のオープニングコンサートでも
確か、まだ留学中だったかな?

勿論、2F萌芽Hallが出来るずっと前ですから、
1Fのデジタルグランドピアノで、
果敢にソロ演奏に挑戦して下さったのが思い出されます。

お二人の四手連弾は
お二人が留学途中より、帰国される度にコンサートされていたシリーズものです

一言で言うと、とても楽しい、聴き応えのある、
聞き終わった時に満足感を感じるコンサートなのです。

それは多分、彼女達の音楽に対する真摯な姿勢が
伝わって来る事に依るものと思っています。

萌芽Hallが出来た時から、是非来て頂きたいとオファーしていたのですが、
今夏の藤井さんの完全帰国で、早くも応えて頂き、実現の運びとなりました

しかも、全く意図しないのに
偶然にも小貫氏より2回目の展覧会の打診を頂いたタイミングと
ピッタリ重なった事は、とても不思議な驚きです

今回は、小貫氏もコンサートには間に合う様に駆け付けて下さるそうで
聴いて頂けそうなのも嬉しい





そして、もう一展はB室『布っていいね!布で作った作品展』

文書1pdf。.jpg




こちらは、まだ、以下の要領で作品募集中です!
11月萌芽企画 『布って素晴らしい.jpg


以上が、
アートスペース萌芽の11月のイベントです







posted by artspaceHOUGA at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

次回展覧会のお知らせ

個展案内A.jpg

個展案内Bのコピー.jpg

武庫川女子大学の非常勤講師をされているインテリアデザイナー
中山邦子さんからご依頼頂きました展覧会が
11月8日(火)より始まります。

8年ぶりの個展という事で、

過去に描かれたクロッキー、淡彩画、映像作品は B室
最近作の50号、100号と大振りの現代アート作品は A室、
ボリュームダウンせず 2室使っての展示となります

萌芽始めての画風

チープシックなA室ではありますが、
割と何でも合うのでは、と密かに思っているA室に
どんな風にフィットしてくれるか?
とても楽しみな展覧会です

会期中のコンサートは、
残念ながらセッティング出来ては居りませんが、

クロージングパーティー(1F)は
11月12日(土)19時〜予定して居ります。
どなた様もお気軽にご参加下さい。





続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

2016ボローニャ入選作家「稲葉朋子個展」最終盤です〜


image.jpg

本日18時で、「稲葉朋子展」終了です❗️
長った様な、短かった様な、、、

でも今年もやって良かったと心底思える
感慨深いイベントとなりました


image.jpg
前半の特筆すべき事は、
何と言っても
ワークショップの開催に伴って、

毎日新聞の方が取材に来られた事
image.jpg


サンテレビの撮影隊が来られた事でしょう
image.jpg
image.jpg

image.jpg
image.jpg

image.jpg

結構、長い時間が掛かるものです〜

なんでも、10月8日 17時45分〜18時
Sun TV「我が街 西宮」で放映されるそうです

忘れるといけないので留守録しなければ


後半の特筆すべき事は
ヤッパリ
稲葉さんのアコーディオン演奏から始まった
『クロージングコンサート&パーティー』  ですかね

想像するに、
殆ど、ぶっつけ本番に近いラフさ加減で臨んだのではと思しき
各出演者の自然体加減が、心地良かった様な、、、

イヤイヤ、そんなことを言っては失礼かも❗️
稲葉さんは、閉廊後、遅くまで、自主練習に勤しんで居られました

IMG_1518.jpg

IMG_1524.jpg



ピアニストも
アニメ上映に付ける演奏譜と、映像に合わせる練習の為、2連夜来廊でした


そして
イヌイバンドが今年も来てくれたのも
大きな喜び  

IMG_1527.jpg

写真 4.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG


会場に新旧のボローニャ入選作家
務川めぐみさん、イヌイマサノリさん、たけうちちひろさん、浅野成亮さん、
そして稲葉朋子さん

5人も集まってくれた事も
それは、それも嬉しい事 でありました  



今回は稲葉さんのアニメ作品の連続上映があったので、
2Fの展示照明はかなり暗めにスポットライトを少なくしたので、

全体に光量不足の写真ですが、

14408841_1703986583259757_1010769249_n.jpg


IMG_1539.jpg


稲葉さんのアニメーションに生演奏をコラボさせてくれたのは
萌芽お馴染みのトリオです〜

途中、機材トラブルが生じるアクシデントも何のその❗️
Vl.東瑛子さんの機転の早さで、止まることなく、
トリオ演奏を聴かせて頂きました

image.jpg

流石に場数を踏んでいるだけあって、
スムーズこの上なく、ヤッパこのトリオは萌芽の宝です〜

下の写真は、機材調整中の、機転の一曲演奏中ですが、
曲目を忘れてしまったのは、ただ単に私の頭の老化です〜!

IMG_1538.jpg


ハイ❗️機転と言えば
今回、映像と音楽機材の用意から操作まで
何から何まで、お世話になりましたお方がもう一人❗️

今回、
映像と音声機材の用意から操作まで
何から何まで、
『急遽』
スタンバイして下さった、小畑篤志さんの存在なくしては

会期中のアニメ連続上映も
このクロージングコンサートの成功もなかったと思われます。

いつも、N.G.L広報でお世話になっている彼ですが、
彼は本当に素晴らしい 

image.jpg

IMG_1551.jpg


無事、生音楽付きアニメ上映も、稲葉さんの解説➕で楽しんだ後は、

萌芽らしく、一曲ピアノトリオ演奏で
映画音楽ですっかり有名になってしまったニノ・ロータの三重奏曲を
(実はクラシック音楽の作曲家でもあるのですね)

一曲演奏願いました❗️

一曲と言っても、この曲はフルートとヴァィオリンとピアノ、
どの楽器も遜色なく、技巧を必要とされ

折り重なる様に旋律が現れ、入れ替わるので、
アンサンブル力も必要なかなり、難易度の高い作品です〜

ロータと言えば、
「ロメオトジュリエット」や「太陽がいっぱい」「ゴットファーザーの愛のテーマ」
どれもこれも琴線に触れる名曲ばかり❗️の名作曲家ですから

クラシックとて、然り
ほぼ会場にお越し頂きました満席に近いお客様の心にも届いた事と
信じて居ります

コンサートの最後は
稲葉さんリクエストの「ブラジル」を演奏者全員で大合奏❗️
長時間に渡るクロージングコンサート無事終了となり、

IMG_1550.jpg

終演後のパーティーを終えたのは
10時を過ぎていました。

会期は開けて翌日の日曜日まででしたが、
最終日も有り難い事に
中田さん、山本さんスタッフ一同、全員集合で
搬出の為の荷作り作業も無事終了!
内輪の打上げと相成りました

image.jpg

11日間の渡る『2016ボローニャ国際絵本展入選者・稲葉朋子展』
今年も楽しい時間でした。
皆様、本当に有難うございました

image.jpg

最後にUPし忘れていた2Fの展示も、ちょっとご覧ください。
稲葉さんの引き出しの多さを感じて頂ければと思います

image.jpg


image.jpg

スクリーンショット 2016-09-12 21.24.14.png

image.jpg
稲葉さんらしい、コンテンポラリーな木版画です


image.jpg
銅版画もあるのです


木版と銅版のいいとこ取り作品まであります
image.jpg




image.jpg




image.jpg




image.jpg


絵本の原画、いいんです、この感覚好きです〜
image.jpg


image.jpg


カクカクデフォルメ、なんかいい〜
image.jpg








続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

「稲葉朋子個展ーNEWESTー」報告

image.jpg


スタートよりの思い出し記録です〜

稲葉さんは東京在住のイラストレーター
美しく、魅力的な御方です


大きいお仕事を抱えられていた今夏はすこぶるお忙しかったそうで、
根性で目一杯頑張って

この地縁皆無の西宮での個展に向けての作品発送後、
展示設営、在廊の為に
自らもスタート前々日の夕刻、
アコーディオン背負って、駆け付けて下さいました

迎えに出た駅前で、停車中の車に抵触するという失態も生じましたが、
それはドンマイ

時間は止まることなく進んでいきます。

翌日、朝から夕方まで掛かって
1Fと2Fの展示を
東京から駆け付けて下さった、頼もしい助っ人と
稲葉さんのコンビネーションよろしく、
実にサクサクと 

今回珍しく、展示寄与が何も出来なかった私には順調に感じましたが
多分、ご本人達には大変な作業だったと思われます。

とにかく、
アニメ上映環境以外はスタート前日無事完了


ファサードのカッティング転写用シートを作家本人に剥がして頂いたのは初めてです〜

image.jpg

今回もスタート前夜の1F、撮りました📷

image.jpg


image.jpg


image.jpg

何だか、楽しいですね〜

image.jpg



image.jpg


image.jpg


image.jpg

image.jpg

image.jpg

まだまだありますが、、、
次回に続く

ということで



17日の18時半はこちらにどうぞ
2016ボローニャ国際絵本原画展入選者.jpg



posted by artspaceHOUGA at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 ボローニャ展入選作家『稲葉朋子個展ーNEWESTー』


『稲葉朋子個展ーNEWESTー』始まって、
早6日目満了❗️ 本日休廊日。

スクリーンショット 2016-09-12 21.23.35.png



そう!朋子さん、6日夕の到着より、もう一週間にもなるんですね〜
という事で、
展示作品の鑑賞をやっとゆっくり出来る余裕が出来た中、
Blog topに選んだ写真は
いつもの様にファサードのカッティングシートによる展覧会タイトルではなく、
私の好きな稲葉作品です


2Fでは稲葉さんのアニメ−ション作品が連続上映されています
その中のワンショットもいいんです〜

スクリーンショット 2016-09-12 21.22.24.png



そして、
ただ今販売王手が掛かっている木版作品

image.jpg


この木版画のコンセプトの元となった水彩画がこちらです〜
とても  魅かれます

スクリーンショット 2016-09-12 21.23.53.png

そして そして
東日本大震災をきっかけにして出来たアートスペース萌芽ですから
私が選ぶべきは、ヤッパリこの版画でしょうー
スクリーンショット 2016-09-12 21.24.14.png

この2枚の訴える意図は
原発事故以来、ずっと考えている大事な事

そう言いながら、今年もエアコンに頼ってしまった猛暑の夏でした

『 稲葉朋子個展』
スタートよりの思い出し記録は、次回、忘れぬ内にupするとして、
本日は2F展示作品ばかりのご紹介でした。

1Fでは受賞作品、及びオドロキの細かい立体作品が並んでいます

image.jpg



極めつけ作品ですが〜
まだまだ並びます
image.jpg

 



最終日前夜のコンサートでは
稲葉さんのソロアコーディオン演奏、ありますので

こちらもよろしく
まだまだ、予約OKです〜
2016ボローニャ国際絵本原画展入選者.jpg








posted by artspaceHOUGA at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

いよいよ9月に入りました!

好評の内に幕を閉じた
『テーマは音楽♪作品展』が終わってから、
萌芽は一休みする間もなく、長年の懸案事項であった

1階の倉庫?と思しき、
可動式パネルや、石膏像や何でもかんでも放り込んでいた倉庫の改装工事について、
あれやこれやと頭を悩ましていたのですが、

直感と熟慮の両方!それと出会えた一大工さんの存在も大きく、
進むべき道筋を付け、8月末日より遂に着工へ

という訳でただ今、
毎日トンカントンカン
結構早いスピードで進んでいます!

ほぼ、毎日大工さんの仕事の進捗状況を見ていられる事が
とても楽しい日々なのですが、

いよいよ、今週8日・木曜日より
ボローニャ入選者『稲葉朋子展』が始まります!

その前にお問い合わせも若干増えて来た、コンサート情報を中心にした
9月〜11月までの3ヶ月間のイベントを列記したフライヤーを
作ってみましたので、UPします。

各イベントのDM、フライヤーの制作もなかなか取り掛かれずにいますが、
これから着手予定ですので、今しばらくお待ち頂くとして、
取り急ぎ
ただ今、決定しているラインナップです

<♪ 2016.jpg

 萌芽Hallでコンサートを!とお考えの方は
今からでも空いている日を
ご検討下さっても、勿論OKです

これは、あくまで、ただ今決まっているイベントですので、
コンサート、展覧会どちらもどうぞ






posted by artspaceHOUGA at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

「西宮大谷美術館ボローニャ展」&「ギャラリーさんぽ」スタート!


gallery_sanpo_2016_flyer_前期_表面4.jpg


gallery_sanpo_2016_flyer_前期_中面4.jpg
 
先週土曜日から同時スタート

西宮市記念大谷美樹館で始まりました
『2016イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』
8.20<土>→9.25<日> *水曜日休館


N.G.Lの共催企画「ぎゃらりーさんぽ』
ボローニャ展会期中に
西宮市内にあるギャラリーでやっているボローニャ入選者の個展にも
回ってね〜

というイベントもはじまります



アートスペース萌芽では『稲葉朋子個展』開催させて頂きます

ボローニャ入選作品以外の
受賞以前よりのいろんな作品を
楽しい展示で見せて頂けることでしょう


DMfront-1.jpg


9月8日<木>〜18日<日>   *14日休廊
 11:00〜18:00



始まって直ぐの週末、9月10日と11日には
とっても楽しそうなワークショップも開かれます

workshop.jpg


11日には なんと
サンテレビの撮影隊が萌芽に来られるという情報もあり

ワークショップの参加者募集に励まねばと思っているところであります。

どんな事をするかと申しますと、
稲葉さんの受賞作品「CITY PLAN」を使って
切ったり、貼ったり、折ったりして
箱の中に自分の好きな様に並べて
小さな町を作りましょう

という
大人もやりたくなる様なワークショップ
実際、私もこんな様な事ををやって遊んでいた記憶があります


それと、嬉しい事に
9月17日<土> 18:30〜
クロージングコンサート&パーティー
(参加費・軽食&飲み物込み \2000)

では
昨年の入選者・乾真徳さん率いるバンド3Dogs on the hill

&

昨年同様に作家さん自身の演奏
今年の稲葉さんはソロ・アコーディオンを聴かせて下さいますよー


稲葉さんのアニメーション上映に合わせて
是非ヴァイオリンの生音をという事で
来て頂くことになった、
萌芽おなじみのピアノトリオによる

今、注目のロータ作
「フルートとヴァィオリンとピアノのための三重奏」

終演後の懇親パーティーでは
食べ物・飲み物もいっぱい出ますので、

老若男女、どなた様もお楽しみ下さ〜い


ワークショップもクロージングコンサート&パーティーも
ただ今 絶賛受付中









posted by artspaceHOUGA at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

『テーマは音楽♪作品展』 残り2日目で〜す❗️

毎日、気温は36度越え
一年中で1番暑い中で、何故か開催している
『テーマは音楽♪作品展』ですが、

流石に連日大賑わいの来廊者❗ とはいきませんが、
萌芽での出会い、ご縁の輪の広がりを今回も感じる毎日です〜

猛暑も顧みず
「ギャラリーさんぽ」期間前に
密かにやっている展覧会にも関わらず、

ナント❗️
西宮市長・今村岳司氏からお祝い状が届きました


image.jpg


今回は珍しく開廊時間を12時〜19時にしている為、
朝はゆっくりと、家事をしてから出勤出来る余裕が、あるにはあるのですが、
(家事をキチンとしているかどうかは別として

夜はすこぶるタイトであります。
先ず、帰宅はほぼ20時を超え、そこから夕食の準備!

自ずと会期中は手の込んだ料理などから遠ざかり、
普段なら口にする事も滅多にない鰻も
簡単、美味しい、元気が出る❗️ということで
ここ最近、連続登場

ところが、
手抜きしてもPCの前に座る余力も無く
夜はバタンキュウ

何を言いたいかというと、
つまり展覧会状況のリアルUPが意に反して
なかなか出来ないという事。

実は今、8月16日 

4日前に書き出した、このBlog、今から本題に入ります
ワオー


さて続きはどこから始めましょうか❓❗️

まあ、カワイイ

image.jpg

今回の出品者最年少 12才
山形真子ちゃん作の『ウクレレ犬』です❗️ 

色合い、影の付け方、何とも可愛い子犬の表情、タイトルに至るまで
小学6年生とは思えぬ油絵だな〜と思っていましたが、

お母さんと妹さんと御影から揃って来て下さった眞子さんは
スラッと背が高い、とても小学生には見えないお嬢さんでした

好きな事を追求して行って欲しいなー
そんな風に思えた出品者!
出展に感謝です

では
同じB室の展示から〜
ランダムですが、ご覧下さい。

image.jpg


東海律子さん作『音楽♭ ♯ 』

音楽器号だけで表した「音楽」です
これは考えるのになかなか時間が掛かったのではと思われる力作ではありませんか❗️



image.jpg
野村覚二作『更紗』

野村さんの筆使いは、このほかの絵も
実に細かく丁寧で、素直なお人柄を感じます

image.jpg
野村覚二作『 奏者 T 』

モデルは少し若い頃の、チェリスト佐藤禎さんですね



image.jpg
廣瀬一兵作 『水のシンフォニー』

人工滝の前でマンドリンを弾く女性
よく観ると状況がシュールで魅力的な絵です〜
ドレスや顔部分の表現、独特です。




image.jpg
image.jpg

川崎廣進作  クロッキー 

image.jpg

14日最終日のクロージングコンサートの時も
2時間近くに渡って、ずっと3人の演奏者を即描されて居た川崎さんです〜

とても70歳を超えた方とは思えない若々しい精神をお持ちの
ハンサムな御方です




image.jpg

image.jpgimage.jpg

































image.jpg


C室展示には欠かせない
岡橋弘子さんの陶器は今回も素敵です

左上の柳のお皿も5枚セットで、
その後ろの、紫陽花が描かれた箱形の陶器も蓋を添えた途端に
お買い上げ頂きました

両方とも私も狙っていた逸品です!
今回、有り得ない破格の大放出でしたから、
さもありなん

ということで、私は上の新緑の紅葉の箸置き5ヶ¥1000を頂きました。
どうです、ホントに破格でしょ?!



image.jpg

常設の馬場さんの色の美しい器も
音楽繋がりではありませんが

今回、真ん中のテーブルに移して並べたところ、
何だか新鮮な感じ

早速、初日から
遠くにお住まいの、萌芽の常連様に
グリーンとブルーのボール、光ったピンクの器は冷酒様にと
2個ずつお買い上げ下さいました


その後も
若い女性のお二人連れのお客様が
共に馬場さんの陶器を気に入って下さって、

アアや、コウや、どれにしよう?と
しばらく、悩まれ、
ボールと菊皿をお買い上げ下さいました



そしてこのC室ではもう1枚、
叢の上に
よく見ると五線譜が刷り込まれている
上野さんの銅版画も一目見て気に入ったお客様が御予約下さいました。

image.jpg

どうです? 素敵でしょ


C室の展示は他にも有りましたが、申し訳ない事に
何故か写真を取り忘れていた様です。


そんな訳で
お隣のA室に戻ります。

今回一番大きい絵F30号の油絵です。

image.jpg
青木真一郎作 『パウゼ』

さくら展に続き、連続30号の出展を頂きました

夜に、外から取った写真なので
実際より、やや暗めに見えますが、
実はとても、色爽やかな涼しげな絵という第一印象から、

1F北面の外へのアピールNo.1の
稼働パネルに鎮座です。

ここも、昼観るよりも、夜がいいんですが、、、

てなことで、
次回は総括バージョンかな?






続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

『テーマは音楽♪ 作品展』2日目です〜

image.jpg


今回も又、てんてこ舞いの中
カッティングシートが未完成のままのスタートとなりましたが、

昨日
無事初日を迎え
ホッと安堵の胸中で居ります


展覧会の始まる前日が
術後1年の検査を受けて2週間、
検査の結果を聞きに病院に行く予定だった為、

今回は出展者の皆様に予定より搬入を早めて頂き、
タップリの展示準備時間を取って

とにかく
スタートの前々日には展示設営を済ませる事を目標に
どうにか粗方の展示を済ませて

ドキドキ緊張で迎えた、展覧会スタートの前日でしたが、
お陰様で無事通過する事が出来、

私事で恐縮ですが、昨日は心底、嬉しい展覧会の初日となりました事
感謝の気持ちで一杯です。

この2週間の間、ご心配を頂き、励まして下さった皆々様、
本当にに有り難うございました



スタート2日目を迎えた本日は
朝一番より、弘中先生、岡橋さん、中田さんと
在廊して下さる出展者が相次いで

駆け足で写真を撮る時間もありましたので、
チョッピリながら、作品のご紹介です📷


image.jpg


稲垣正子作 『奏者・B』
演奏の臨場感、迫力が伝わって来る作品です




image.jpg

岩本好夫作 『サウダージ』

タイトルの「サウダージ」という言葉、
恥ずかしながら初耳だったのでネット検索をしてみました。

ポルトガル語が公用語となっている
ポルトガル。ブラジル、アンゴラなどの国々で

特に歌詞に好んで使われる語彙の様ですが、
郷愁、憧憬、思慕、切なさ等の意味合いながら
他の言語では一つの単語で言い表し辛い 複雑なニュアンスを持つ言葉の様です。

温かい家庭や両親に守られ、無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分への郷愁や
大人に成長した事でもう得られない懐かしい感情を意味する言葉、

それ以外にも
追い求めても叶わぬもの、いわゆる「憧れ」といったニュアンスも含んだ、

簡単には説明出来ない言葉、
ポルトガルに生まれた民謡ファドに歌われる感情表現の主なるテーマの様な

そんな意味合いを持つそうです。

この絵から受ける印象としては
後者の「憧れ」が、より近いのでしょうか?


バックの表現が好ましく、
ピンクのラインに作者の意図が感じられます。



他にも
南面の壁には ヴァイオリン奏者の絵が並びます

image.jpg



image.jpg




image.jpg


根垣あも作 『アモーレ音楽隊♪』

始めて描かれたとは思えない完成度です〜

何より面白いと思ったのは
マットのスペースまで使って、マットの段差を上手く使って表現したところ

可愛らしいというだけでない
あもさんらしい「Hospitality」を感じるのは私だけではないでしょう



image.jpg

阪本操作 『チクタクT』『チクタクU』


萌芽オープン時より
ご縁を頂いているご近所に住む御方の始めての出展です

彼女のこの度の初出展は
この日を待ち侘びていたと言っても過言ではない出来事で、

とても嬉しい限りなのですが、
見れば見るほど、いい絵です

色も涼やかではありませんか



image.jpg


北澤幸子作 『ヴァィオリン少女』

半立体の作品です

服のデザインやバックの色や表現、銀に塗った額
いい感じです〜



image.jpg


川崎 廣進作 『猫とヴァイオリン』

何だか、不思議な作品です

彼のクロッキーは圧巻です

本業のガウディを彷彿とする様なタイルアートや
日本各地に点在する石を使った野外オブジェ作品も驚きです

見せて頂いたこれまでの作品の守備範囲を知るに付け、
希有な御方と思います


image.jpg


彼がクロッキーの個展をする時にはいつも一緒に展示するという
御年、百歳のご婦人の作品を見せて頂きました

全て布で作ったお節料理

ナント、ナント、不思議な偶然です

今、頭の中で温めている11月の企画展
『布を使ったアート展』に
この100歳婦人の作品を是非とも出展頂きたい

何より、驚きなのは
この作品を神戸のお宅まで返しにいく途中に萌芽に立ち寄られ、

話の展開から、車に乗せていた、この作品を見せて頂くに至ったのは
単なる偶然とは思えない事

この事のみならず、
萌芽で
ご縁の輪がまた、繋がりそうな予感を感じた
スタート2日目でありました。


又、明日もレポート出来ればと思っています。

楽しみにして頂ければ 幸いです










posted by artspaceHOUGA at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする