2015年08月29日

10月の展覧会『江戸〜現代・版画アラカルト展&務川めぐみ木版画講習会』

来る10月6日〜17日に予定しております
「ギャラリー散歩」の第3弾『江戸〜現代・版画アラカルト展』の
DM原稿がやっとこさ出来ましたので、早速UP致しますわーい(嬉しい顔)
−萌芽DM版画展雑.jpg
jpg- 版画展縦NEW.jpg


2007年製の8年選手のMYパソコン(windows)が、
突然立ち上がらないという事態に陥ったのは
確か6月半ばもうやだ〜(悲しい顔)

「経年劣化によるもので、修理より買った方が安いですよ」と
製造元のサポートセンターの窓口でも言われたので
さて
では、サクサクと動く最新機種の吟味でもしようかと
思っていたところに、人生の一大事で
選定どころでなくなり

結局
入院中もiPadと携帯のお陰で、仕事もその他のアクセスも出来て
退院後も不都合を感じることなく、購入を焦っていなかったのですが、

印刷原稿を作るとなれば、そうも言って居られず、
やはりパソコンがなくては作れませんバッド(下向き矢印)

遅まきながら
ネット情報を集め、大型電器店にも出向き
現況のWindowsパソコンの正しい選定について
しばし、勉強したのですが

私の希望する
CPU:Corei7/メモリ8GB/HDD1TB/DVDドライヴ
Officeなどのソフト面は充実という組み合わせの適正価格商品は
メーカーネット直販しかなく、
しかもそうした要望は万人が欲するニーズなのか
殆どが「完売」exclamation×2

しかもOSは『Windows8.1』
『Windows10』のインスツールは無料で出来ると言っても
いろいろな不都合生じているそうで、

『10』が欲しいなら
もう少し待って最初からOS『Windows10』の秋冬モデルを買うべき
いう結論に達し

取り急ぎの案件である、
版画展と水彩画展のDM・各会期中のコンサートチラシは
主人のMacを借りて
どうにかこの場はしのぐ事に決め

使い慣れないというか、家にあっても全く触ることのなかった
MacのWordで作ったのが上記のDMです。

主人に「パソコン壊さないでね!」と毎日心配させながら
投げ出したくなる程の、試行錯誤の操作を重ね、
やっとこさDM2種とコンサートチラシ原稿を作り

やっと出来て、ホッとするも
今度は入稿するだけでも半日仕事パンチ

入稿の為に
PDF.に変換し、容量を下げる操作をして、圧縮を掛け
また
WebUPの為にこれをJPGに変換したら
上記の様に画像が不鮮明になってしまっても、対処法が分からずgive upexclamation

長々とつまらないMacパソコン苦労話を書き連ねましたが、
それは本題とは関係ありませんちっ(怒った顔)

ただ、やっとこさ入稿出来たDMの仕上がりが気になりますが、
少々画像荒くても、おかしな箇所があったとしても

こんな理由であった事を思い出して
「しゃーないなぁー」と、パソコン使い慣れない60オバサンの
素人仕事と笑って下さいふらふらかわいい


位置情報


本題に戻って、版画展の話ですグッド(上向き矢印)

アラカルト展とした意味合いは
木版画、銅版画、シルクスクリーン、リトグラフと
版画と名の付く様々な技法、様々な手法の作品を プロアマ問わず、

古いものは復刻版も厭わない、
ランダムな展示をひんしゅく覚悟で楽しもうという
単なる思い付きから発した企画で
準備も途上ですあせあせ(飛び散る汗)


展示作品はほぼ手持ち、一部お借りする作品となりますが
並べてみると木版画の類いが圧倒的に多いので、
もっといろんな顔の版画を並べられればと

以前から気になりつつも伺えて居なかった
版画家・神野立生氏が主宰されている「ギャラリー凹凸」さんに
初めてお伺いして来ましたわーい(嬉しい顔)

なんでも、ギャラリーだけではなく、
版画工房も併設されているとはお聞きしていたのですが、

行ってビックリexclamation
見てびっくりexclamation


それはそれは何室もが連なる、まるで版画の学校の様な設備と
下界とは違う、
なんとも心地の良いアートな空気感が漂っていましたひらめき揺れるハート

版画制作の好きな沢山の人達が、真摯に作業に取り組まれているところも
折よく拝見する事が出来て
改めて
神野先生の40年やって来られた営みは偉業とも言える素晴らしい行為ぴかぴか(新しい)
感動しましたグッド(上向き矢印)揺れるハート

是非、是非、神野先生ご自身の版画作品は勿論の事ひらめき

多分、日本では類い稀なのではと思われる
この銅版画工房に集う作家の方々の作品を

10月の版画アラカルト展に出展して頂ければなぁーと、不躾 
且つ
厚かましいお願いをして来てしまったのですがふらふら

実は今年、
工房は40周年を迎えられた記念の年ぴかぴか(新しい)でもあり

また神野先生が留学されていた
パリでの3回目の日仏交流版画展が6月に開かれた年でもあることから
日本巡回展と工房の記念展を9月から開催されるそうでぴかぴか(新しい)

直前の今は工房全体大忙しの真っ只中exclamation

また
11月には神野先生ご自身の個展を なんと
福島の、あのメリヤス会館1階の素敵なギャラリー『LADS gallery』
催されるそうで、これは楽しみですぴかぴか(新しい)
そんな、工房全体がお忙しくなる特別な時に
知らなかったとはいえ、妙なお願いをしに飛び込んだのは
誠に恥ずかしい極みで、申し訳ないのですが

新しいご縁が生まれる事を信じて
作品出展のご連絡をお待ちする事に致しました。


上記、神野先生の工房の展覧会の詳細です。

『アトリエ凹凸日仏交流版画展+40周年記念展』
同時開催:アトリエ凹凸版画教室展

2015/9月8日(火)〜20日(日)
西宮市民ギャラリー

楽しみですグッド(上向き矢印)


かわいい


さて、会期中に
昨年のボローニャ展入選作家でもある
萌芽一押し木版画作家・務川めぐみさんの木版講習会をご紹介ですひらめき

10月11日(日)・12日(祝)・14日(水)
14時〜17時

に開催致します。詳細については以下のチラシをご参照下さい。
一回/定員3名までなので御予約をお願い致します。

image.jpg


務川めぐみさんの作品は素晴らしいですexclamation×2
10月の萌芽での「版画アラカルト展」を待たずして
ギャラリーさんぽ中の9月中に西宮市内2カ所のギャラリーでご覧になれます!

先ず、阪神甲子園北側すぐのギャラリーアライでの

『向こうの岸の余白に』−務川めぐみ・見崎彰広2人展−

9月24日(木)〜29日(火)


続いて 阪急夙川駅北側5分のギャラリーSHIMA での

第4回 『版と描』


9月29日(火)〜10月4日(日)




るんるんるんるんるんるん


posted by artspaceHOUGA at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック