2018年01月01日

2018 1月のお知らせ。

2018  新年明けましておめでとうございます。

スライド2.jpg

我が身をさらす賀状は始めての事かもしれません。

そんな事より
この写真、合成でも何でもありません!

パッと一目でここがどこかが分かる御方が
何人いらっしゃるかな?

ここは昨年の2月22日〜5月22日まで
52万人以上の入場者数を誇った

東京・六本木・国立新美術館
草間彌生展
「わが永遠の魂」

1F展示室出口前ロビーで開催されていた
オブリタレーションルーム内です。

壁も床も置いてある家具も全て真っ白な部屋の
好きな場所に
入り口で草間彌生展のチケットを見せるともらえる
大小のいろんな丸いシールを入場者が貼って行くという
一種のインスタレーションです。

私が行ったのは5月の連休でしたから、
もう展覧会の後半という事で、
真っ白い部屋ではなく、もうかなりの枚数のシールが
幾重にも貼られた
意図せぬ不思議な空間となっていた中で
撮影した、加工全く無しの写真です。

この写真を見た主人が
これを萌芽の年賀状にしたら面白い
珍しく、強く何度も言うもので
つい、作ってしまいました。

面白いとは思いますが、
無差別に送る勇気が持てず、

ごく、一部の御方にだけ送った今年の賀状です。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、

年初に当たり、
2017年を振り返ってみると、
展覧会5展、コンサート14ステージ、
それと、
手作りグッツショップ『HandMade 萌芽』の
自然発生的スタート✨

展覧会数こそ前年より少かったけれど、
振り返ってみれば
内容的には一展一展が大切に思える
思い出深い展示でありました。

ただ、11月に予定していた企画の「生きもの展』と
恒例の12月Xmas展が
衣裳制作の為に出来なくなってしまった事が
止む無しとは言え、残念ではあり、
出展を楽しみにしていて下さった方々には
申し訳なく思いつつ、

それでも、これだけ出来た事に感謝したいと思っています。

2018年もどうにか健康に生き長らえる事が一番大事な事
そして量ではない,
より良い萌芽活動を続けられる事、
今年も閃きを大事に、出会いを大切に、
一つ一つ丁寧に
 且つ、フットワーク軽く取り組んで
自分なりに頑張って前に進んで行ければと思います

どうぞ,よろしくお願い致します。


2018年スタートの萌芽イベントは

小貫恒夫展
〜水彩画から見るヨーロッパの風景〜 

2013年・2016年に続いて
今回で第3回目となる、
萌芽にとって、とても大事なシリーズ的展覧会となりました、

敬愛する先輩・小貫氏の展覧会です。

DM小貫展2018.jpg

今回は萌芽での個展の前、
1月4日〜8日の5日間

神戸・原田の森ギャラリーで

武蔵野美術大学同窓会兵庫県支部ビエンネーレ展の
招待作家として、10点の作品出品と

〜印象派の旅〜と銘打った講演会で
35年に渡る在ヨーロッパ生活の中で
通り一遍のWikipedia的知識ではない、
実際に旅し,見て感じた、様々面白いお話を
聞かせて下さるそうです。



アートスペース萌芽では
念願の小貫氏による音楽講座もを開催

チラシ-Bオペラの歴史.jpg

是非、ご期待の上
宜しければご来聴頂きたく思います。

アートスペース萌芽&ArtSpace萌芽Hallを
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
















posted by artspaceHOUGA at 12:05| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする