2017年10月23日

『車谷孝男展』無事終了!

10月13日から10日間 休廊日なしで、開催した
『一世一度の車谷孝男展』

最終日の昨日、大型台風21号の風雨強まる中を
16時半まで頑張りましたが
電車で来られている車谷さんが帰れなくなるのでは?と懸念し
予定より一時間早い閉廊をもって
昨日、展覧会無事終了致しました


秋晴れの中での展覧会をイメージして、
夏から準備していたのに
天候だけはどうする事も出来ません

会期中は見事に 雨続きの10日間となりましたが
車谷さんは連日在廊の 皆勤賞
よく頑張りました


台風21号に追われるように幕を下ろした
昨日の最終日
夜には早速
丁重な御礼のメールを頂きました

「こちらこそ、有り難うございました」の心境です。


月・水・金と、普段は週三日しか開かない
萌芽の隣に構えるアートグッツ店も
展覧会会期中は
スタッフが力を合わせて
10日間、ノンストップで頑張って店を開けた上に

一声掛ければ、暗黙の了解で
ギャラリーの店番、接客も
縦臨機応変に
対応してくれるグッツスタッフは萌芽にとって
誠に頼もしく、
本当に有り難い




思い起こせば
連休前の10月3日・4日
2日間に分けて車谷さんの自家用車による搬入から
萌芽での作業が 始まりました

image.jpg


先ずは1F・2Fの割り振りを
作家主導でサッサと決めて頂き、

ザクザクッと並べるところで、搬入終了。

実際の展示設営は
連休前の5日〜7日で仕上げる予定が
その通りに行く事も稀なる事

案の定
三連休完全休養の積もりが、
仕上げるまでは 休む気にもなれないので

展示設営は 大好きな趣味だった事を思い出し、
1F、2F、ゆっくり じっくり
試行錯誤して
連休開けの10日まで掛かって ほぼ完了

IMG_0002.JPG


この油彩静物画『秋果とビン』(額付き¥29,000)
人気あったのですが、販売には至らず。

IMG_0097.JPG

同じく,こちらもファサードの展示作品
水彩画『中央公会堂』
絵になる建物で、こちらはお買い上げ頂く事になりました

IMG_0096.JPG


中央公会堂の真向かいに掛けた
石膏像『カラカラ帝』の油彩F4も ご家庭で掛け易い絵と思いますが、
重厚過ぎますか!?

油彩F4号 \18,000(額込み)
IMG_0098.JPG


水彩画は難しい!
何だか,美大受験の時を思い出す、この絵!
車谷さんはビンの描写がお上手!

IMG_0099.JPG


油彩のカラカラ帝のお隣は水彩画
『赤目四十八滝・荷担の滝』

IMG_0030.JPG


車谷さんにしては弾けた水彩画!
ご本人もお気に入りの絵〜

IMG_0032.JPG



展示は夜が捗るので、写真撮影は今ひとつ!
実物は素晴らしく細かい表現です。

使う筆は面相筆との事

正面の女性像
『ホッとひといき』
今春,示現会・神戸新聞社賞入賞作品

IMG_0004.JPG



IMG_0005.JPG



IMG_0104.JPG

石膏像の油絵2種
面取りアグリッパとドナテルロ少女

IMG_0105.JPG



ルノアールの模写が1枚
IMG_0106.JPG


新制作展入選作品の油絵F8
布の表現は秀逸です
バテンレースも針を刺す順番通りに
面相筆を動かしているのでは思われます

IMG_0027.JPG




IMG_0028.JPG

バリの民族衣装だそうです。


IMG_0102.JPG
油彩20号作品
来年年初、公募展出展予定の最新作です


以上
1Fの展示は 油絵12点+水彩4点の計16点。


今回の「車谷孝男展」は一世一度の個展という事なので
展示枚数多いです

F30号の大きい絵は2Fに並びます。

2Fへと


IMG_0140.JPG

IMG_0087.JPG


油彩30号
『アルプス風の少女』
IMG_0081.JPG




IMG_0139.JPG


IMG_0117.JPG


IMG_0118.JPG


IMG_0116.JPG


IMG_0119.JPG


IMG_0079.JPG



IMG_0136.JPG


IMG_0134.JPG



IMG_0072.JPG



ここで、
作家さんの「My favorite picture Best3」です

Best 1は 油彩F30号
『舞妓は〜ん』
IMG_0069.JPG


Best 2 油彩20号
『鹿鳴の華』
IMG_0011.JPG


Best 3 P12号
『うつせみ』
IMG_0115.JPG



萌芽Hallによく似合う 水彩画「ヴァイオリン」

IMG_0082.JPG


以上
2Fの展示は
油絵10点+水彩2点

総計 油絵22点・水彩6点


どの作品も
案内状に車谷さんが書かれた通りに
「一所懸命に描かれた絵」ばかり


20歳の時に
デッサン教室に通い出して間もなく頃に描いたという、
石膏や裸婦の木炭デッサンを拝見すると

元より 優れた形の描写力をお持ちという事が
確かに分かりますが、

その後、現役を引退するまで 画業は封印されていたそうで、

今回の出展作品は
40年以上の長〜いブランクの後
ここ7〜8年の間に描かれた作品ばかり
という事は驚き


ご本人にはまだまだ、到達出来ない写実絵画への憧れや闘志も
お有りの様ですので、今回の個展を弾みに、

お身体を大切にしながら、
新境地を目指して、更なる高見を目指して
励まれますことを
祈念したいと思います。




タンゴを聴くのも,踊るのもお好きという
車谷さんのオファーの元、
萌芽始めてのラテン音楽の夕べ

最終日前夜のエンディングコンサート&パーティーに
大きな華を添えて下さった
Carlos・Ortega Trioの皆様に
Thank you very much

IMG_0150.JPG

IMG_0160.JPG

雨の中、来て下さったお客様に
ありがとう


毎回、ケーキを焼いて 
持って来て下さる道下さん
いつもありがとう

DSC_1850.JPG




車谷さんのタンゴオファーから始まった
今回の萌芽企画でしたが、

彩子さんから繋がるご縁の輪
正に必然の様に
今回クルッと繋がりました

甲子園口に住むアルゼンチンご出身のオルテガさんと
日本人のヴァイオリニスト高橋太郎さん、
関西学院大学で英語を教えて居られるギタリストのオリバーさん

国際色豊かなカルロス・オルテガトリオの奏でるラテン音楽に
カルロスの弾き語りに
お客様は一様に心動かされたのではと思います


IMG_0026.jpg


是非,もっと沢山の方に聴いて頂きたいものと思っていますので、
次回はどうぞ、お聴き逃しなく
よろしくお願い致します






posted by artspaceHOUGA at 13:28| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

めっきり秋!『車谷孝男展』搬入完了

BMWのセダンで2日に分けての搬入終了

油彩 F30号 2P
   F20号 3p

油彩 P12号 2p
   M12号 1P

油彩 F8号 9P
   F4号 4p

                        水彩  5P

   全て額装の 計26P かなりのボリュームです

    そこに  
6月から描き出して、最近仕上がったというF20号の力作が
急遽,加わることになるやもしれません


複数の公募展で、入選、入賞している大きい絵は
先ず、2階に運びましたが、

大きい美人画ばかりが並んでいるのも
お腹一杯の感じがするので、

1階に残した絵の中から花の絵、水彩も間に入れて
額の間も広く開け

ポンポンポン!と二人で並べて こんな感じに


IMG_1087.JPG


IMG_1085.JPG


IMG_1091.JPG


IMG_1092.JPG


IMG_1086.JPG


次に1階

1階の展示はいつもの様に北側大窓、外からの特等席、
一番天井高のある,入り口正面、
とにかく独立壁に掛けるべき絵を
作家さんご自身に決めて頂きました


長手の壁には8号の油彩と水彩を並べて、
量的には多すぎず,少なすぎず、

でも主菜揃い
ボリューミィーな一枚一枚なので、

余白だけは確保したつもりですが、
さて,実際に展示してみないと分かりません。

明日は、置かれたこのままの配列で
粛々と然るべき高さに掛けて
迷いなく,進められる様にと 願うばかり


IMG_1080.JPG


IMG_1081.JPG


IMG_1082.JPG

なかなか、壮観です


今回展示の作品,全て販売致します

しかも、彼の画力、賞歴とは見合わない、驚くべき価格を
彼自身が付けて来られています。

お気に召しましたら、どの絵も格安でお求めになれる展覧会です。


スタートは10月13日(金)〜

 最終日前夜10月21日(土)18:30~
タンゴ好きな作家さんに合わせて、
アルゼンチン人のカルロス・オルテガさんトリオ
お招きしたコンサートを予定して居りますので、
こちらも、どうぞよろしく

JAZZ (2).jpg


是非、ご来廊・ご来聴下さい



posted by artspaceHOUGA at 18:57| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ぎゃらりーさんぽ/萌芽企画『Comfortable Concert』

今年のアートスペース萌芽の
「ギャラリーさんぽ」は
『ボローニャ入選作家8人展』と『Comfortable Concert』
の2イベントに絞っての参加でしたが

昨日・9月30日の『Comfortable Concert』をもって
無事終了致しました

期間中、御来廊、ご来聴下さった皆様に
感謝申し上げます。




ギャラリーさんぽの最終日に
滑り込む様に催した、展覧会無しの
萌芽企画コンサート
   
心地良くなるコンサート」という、萌芽側から提案したテーマを
演奏者が さらに〜五感に響くコンサート〜という
コンセプトに膨らませて下さって

正に萌芽にとっても
Comfoetableな
コンサートとなりました。


映像の力や、分かり易い言葉の力も借りて

クラシック音楽に馴染みのない方でも、お好きな方でも
遜色なく 耳開く👂,目開く👀

2時間に及ぶコンサートタイムが
決して長いとは感じない

萌芽にとって確実にメモリアルな
充実のコンサートとなったのではと、嬉しく感じています。

ご来聴者さまにおかれましても
昨日の週末午後のひと時が
何かと気忙しい日常の
リセットタイムとなっていましたら
嬉しい限りです。



出演者それぞれに、とても忙しい日常の中
萌芽の出したテーマ『Comfortable』に
真剣に取り組み、
期待以上のサプライズなコンサートに仕上げて下さった事は
感謝の極みであります。

加えて

本番当日のコンサート前後の3人の楽しそうな笑顔
嬉しいものでした

このコンサートを思い付いて
本当に良かった


今後もこうした
ひと味違う方向性の試みを応援するArtSpace萌芽と
若き音楽家にご期待下さいます様、
お願い申し上げます。




予約者3名様、到着待てずの
5分遅れの開演。

スタートの演目は
バレエ・リュス『ペトルーシュカ』映像のステップに合わせての
四手連弾版 ストラヴィンスキー『ペトルーシュカから ロシアの踊り』

このいきなりの映像付き『ペトルーシュカ』で
来聴者の気持ちを先ずキャッチ


続いて


菩薩の様な表情と優しい語りの フルーティスト中嶋みのりさんによる
開演のご挨拶と、演奏者紹介に続いて


2曲目はみのりさんの演奏です
ダマーズ:『フルート&ピアノの為の演奏会用ソナタ』
ピアノは海外経験も長いピアニスト・大河智子さん

IMG_1067.jpg

大河さんは桐朋のご出身で、
ArtSpace萌芽でピアノ教室を開いて下さっています。

楽しく、フランクな語り口調のMCが魅力の
オリーブの様に細くてスラーッと背の高〜い智子さん、
ピアノ、お上手です


続いて


自作の映像と共に
金沢彩子さんによるピアノソロ
ドビュッシーの『映像第一集』より『水の反映』

IMG_1041.JPG


IMG_1040.JPG

この6月の萌芽企画『水と緑』展に出展頂いた
横溝真由さんの絵も映像に組み込まれて居りました

因に今回プロジェクターで映写した映像制作は全て
金沢彩子さんが作ったもの

本番当日、数十分の説明のみで
映像を発信するパソコンを操って下さったのは彼女のご主人
お世話になりました


続いての演奏は

ラヴェルの『亡き王女の為のパヴァーヌ』(ピアノ連弾版)

亡き王女とは
若き日のラヴェルが魅了された ベラスケスが描いた
スペイン・ハプスブルグ家のフェリペ4世の長女マルガリータ王女。

15歳でオーストリアのハプスブルグ家に嫁ぎ、
22歳の若さで世を去ったマルガリータの運命に思いを寄せながら作曲したのでは
という事で、映像はベラスケスの描いたマルガリータ王女の成長毎の数枚。

宮廷画家に描かせた肖像画は
当時、お見合い写真の様な役割があったらしいとのこと。

パヴァーヌとは
17世紀に流行った宮廷舞踊のステっプの名称 と、
これは先日、NHKの音楽番組で仕入れた知識ですが、、、


IMG_1045.JPG


第1部の最後の曲は

大河智子さんによるソロ演奏
武満徹の 雨の樹素描U−メシアンの追憶にー

形を持たない水にとって『雨』や『海』は水にかりそめの形が与えられたもの。
音楽もまた形を持たない音に対して
作曲家がかりそめの形を与えた様なものと、考える武満の

「雨の雫を滴らせる木の葉を描写するかの様なフレーズの後、
極めて,繊細で静謐な響きを作り出す」

とは
配られたプロブラムの説明から


IMG_1050.jpg



休憩15分



IMG_1076.JPG




15:10 第2部のスタート


第1部、約1時間
これまでに一番長いコンサートと確実になりそうです

撮ったビデオを確認しながら
今、このブログを書いているのですが、

休憩中も撮影状態が続いているのを見ていて
この15分の休憩時間中のお客様の心情は 如何ばかりだったのか?

不安がよぎります
もうそろそろこの辺りで、聴き疲れていらっしゃるのでは?
退屈されてないかしら?

いささか 心配が大きくなってきたので

PCキーの打鍵を止め、
最後までビデオを観てみることにしたのですが、

どうやらそれは、多分、全くの杞憂である様な・・・

その場に居合わせたのに
こんな???の感情の推移は可笑しいかもしれませんが、

なにしろ、『Comfortable』の提案者ですから
当事者と言えなくもなく、客観的目線ゼロだった様です。

ビデオによる
一定の確認作業をしたので

再度、キーボードの前に腰を据えて
第2部報告に進ませて頂きます



第2部の1曲目は

ドビュッシーの前奏曲 第一集 第四番
「音と香りは夕べの大気の中に漂う」(大河さんPf.ソロ)

第8番は「亜麻色の髪の乙女』で有名です。

この「音と香り〜」という美しいタイトルは
ボードレールの詩「夕べの調べ」から取られているそうで

映写される詩と共にピアノソロ演奏を楽しみつつ、
香りも楽しんで頂こうという趣向で
用意されていた柑橘系フレグランスのほのかな香りが
漂っていた様な、、、

続いて

サティ作の小作品3曲。

      グノシエンヌ」第2番 (金沢さんPf.ソロ)

古代ギリシャにおいては踊り、音楽,詩が一つの芸術であり、
詩の韻を踏んだリズムが伴奏部に使われているなど、

詩は音楽であるというサティの曲は
間違いなく〜五感に響く〜
同感です。

ここにコンテンポラリーな踊りが
観られたら最高でした


君を愛す(Pf.連弾版)

ピアノ独奏版がよく知られているそうですが
元々は歌曲で、パコーリの歌詞が映写される中での拝聴は
伝わるものが大きい感じがしました。
字幕説明はとても有効です


         梨の形をした3つの作品より U(金沢さんPf.ソロ)

仲の良かったドビュッシーから「形式に拘った作品を』との助言を受けた
サティが作った、この曲に付けられた題名の「梨』には

「まぬけ、うすのろ」といった意味もあり
サティはドビュッシーの忠告に対して
アイロニーで応じた様です。

ドビュッシーとサティの人柄が微笑ましく
しのばれます



さて、小品連続のあと、続くは

リスト:ラ・カンパネラ(Pf.連弾版)

超絶のラ・カンパネラを本日の『Comfortable』の趣向に合わせて
ピアニストも心地良く演奏出来る様に
本来ならソロのところを、四手で樂をさせて頂いたとの 智子さんのご挨拶。

一人で弾くより,二人合わせる別の苦労もあるのでは?

IMG_1065.jpg

いよいよ,残りの2曲です

ゴールに向けて、ドンと聴き応えのある曲が連続して
一気にクライマックスへ

フランスオペラの「ミニヨン」によるグランド・ファンタジー(Fl.+Pf.)

オペラの曲という事は 即ち劇伴でもあり、アリア部分は
歌詞と共に沢山の印象深い旋律の宝庫でしょうから
やっぱり五感に響くといえば、
オペラの曲は必須といえるでしょう。

特に1800年代、フルートの改良が盛んに行われ、
新しいフルートの演奏法を確立したタファネル作のこの曲は
フルートがカッコいい

ピアノの金沢彩子さんもコレペティ経験豊富なピアニストなので
オペラ曲のメリハリカッコいい

IMG_1808.JPG


いよいよ最後の曲です
組曲『惑星』より 木星 〜快楽の神~(Fl.+Pf.+Pf.)

おそらくこの曲を聴いたことのない方はいないでしょう。

西欧では惑星は古来より神々と結びつけられ、
英語のJupiterはギリシャ神話のゼウスと同一と見なされる
ローマ神話の主神ユーピテルを語源とし、

中世の占星術師からは
「陽気、愉快、幸せな」等の意味を持つ
木星=守護惑星とみなされていたとの説明。

木星が出来る過程の映像と共に、
最後の曲を楽しみましたが、

本番では木星が入った写真が撮れていなかったので
これだけは三日前のゲネプロ時の写真です。

写真 2.JPG


IMG_1057.JPG


IMG_1058.JPG


IMG_1054.JPG

IMG_1053.JPG


IMG_1052.JPG


みのりさんによる最後のご挨拶と
アンコールのお伺いに大きな拍手を頂きました

ラストは
一転してジャジーな一曲
ガーシュインの I Got Rhythm」



満場の拍手で
2時間に渡る『Comfortable Concert 』終了。

コンサートでは味わえなかった味覚は
終演後の懇親パーティーでお楽しみ頂けたでしょうか?

おしゃべりの花も咲かせて頂けたでしょうか?

ご来聴のお客様より、
早くも次回オファーを受けていたこの始めてのトリオ
嬉しい限りです。

全てに感謝一杯の
今年のギャラリーさんぽ
無事終了

今回のコンサート
再演する機会が持てて、
もっと多くの方に体験して頂ければいいなーと
考えてもいます。

ギャラリーさんぽにご参加頂きました多くの方に
心より感謝しております。

有り難うございました












続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 11:38| Comment(0) | ArtSpace萌芽Hallコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする