2017年07月20日

次回、次々回のArtSpace萌芽Hall コンサートのお知らせ。

次回、直近のコンサートです

July.30.2017new.jpg

名古屋から来て下さる実力派のピアニスト
江川智沙穂さんのソロリサイタル

東京芸大を出られた後、
故郷に戻り愛知県立芸術大の大学院で研鑽を積まれ、
先般には、かの有名なピアニスト小林道夫さんと
フォルテピアノとモダンピアノの
弾き比べCDを出される等、
ご活躍の若手ピアニスト


同じく、愛知県芸大ご出身の日本画画家でいらっしゃる
お母様・江川照美様の作品

母娘の嬉しいコラボレーションコンサートを
お楽しみ頂けます

お母様の絵の展示は今のところ、
コンサートの日だけの展示となる予定ですので、
ご覧になりたい御方は
是非、コンサートにご来聴下さいませ。

終演後はティーパーティーもありますので、
絵の鑑賞もゆっくり楽しめます


江川智沙穂  PIANO RECITAL

7月30日(日)14時開演〜





萌芽は恒例の夏の一大イベント
西宮市大谷記念美術館で始まる『ボローニャ国際絵本原画展』
期間中の関連展の準備に追われる8月を迎えますが、

8月お盆休み頃のコンサートも
あります

兵庫県立芸術文化センターオーケストラのクラリネット奏者
ヘルバシオ・タラゴナ・ヴァリさんと

イタリアから初来日のピアニスト
ルカ・デッレ・ドンネさんのよる
Duo Concertです

tarragona02.jpg

〜ロマン派から印象派〜
演目からも、内容の濃いコンサートとなる事でしょう

何より、この萌芽でのコンサートは
彼らの
『JAPAN TOUR CONCERT』
一環という事の様なので、
必聴コンサートに相違ありません



JAPAN TOUR CONCERTのフライヤーはこちら
JapanTourFront.jpeg

JapanTourBack.jpg

一見して、
クラシックコンサートのフライヤーには見えない
デザインで、タラゴナさんから届いたメールを拝見して、

Japan Tuerという文言にも、このフライヤーデザインにも
一瞬、驚きましたが、

ジャパンツアーコンサートの一会場に萌芽が選ばれている事に
感動致しました

ツアーの皮切りは8/10(金)神戸・三宮Pia・Julienにて、
翌、8/11(金)四日市・ミュージックサロンパレア
そしてその翌日、
週末の8/12(土) が当、西宮・ArtSpace萌芽Hallにて

最後に8/17(木)東京・赤阪のクラシックライブハウス・Casa Classica

なんだか、嬉しい


一人でも多くの方に、
ご都合のつく、お近くの会場で
日本で頑張っているウルグアイ出身のクラリネット奏者と
初来日のイタリア人ピアニストの
コンサートを聴いてほしいなー
と思います。



して、西宮在住の御方には是非
萌芽でお楽しみ下さい

お盆休みに旅行したりせず、ゆっくりお過ごしの方には
ぜひ、ぜひオススメのコンサートではと思います

夜19時半開演ですから、
夕食も済ませれて
お出掛け下さい

演奏時間も長そうなので、
終演後までお待たせせずに

お飲み物や、つまむ物をお出しする方法を考えようと
思います。

フライヤーの配布も今日からという
タイトな広報時間しかありませんが、

絶対オススメの
クラリネット/タラゴナ・ヴァリ & ピアノ/デッレ・ドンネ

8月12日(土)19時半〜



7月〜8月のコンサート
是非とも、ご来聴下さい



ご予約(090−1954−4526)
お待ちしています





posted by artspaceHOUGA at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ArtSpace萌芽Hallコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

「水と緑」展

IMG_0745.JPG

『水と緑』
文字通り、梅雨時期の会期でもあり
雨天が続く中での展覧会を少し覚悟のスタートでしたが、

幸いにも、只今のところは
蒸し蒸しと暑くはありますが、
雨の続く事は少ない中、あと残り少ない会期となりました。

今回は延べ2週間に渡っての長丁場なので、
休廊の日も3日間頂き、
ゆったりと展覧会を楽しんでいます。

出展者の方々も、始めての出展の御方は
毎日、お友達やご家族を伴って、
足繁く、通われていたりと、
展覧会を楽しんで下さっている事が何より嬉しく感じられます。

逆に展覧会慣れしている御方は
搬入以後、一度もお見えにならない方もいらっしゃいますが、

14日最後のクロージングコンサートにご来聴方々、搬出
ということかな?と
楽しみにお待ちしています

さて、会場の様子です


エントランスのこの1枚は
先日・御影の南天荘画廊での個展を終えたばかりの
口丸弘子さんの絵織物作品
『ニューヨーク』

IMG_0695.JPG


ウールと麻糸、
海面や空の輝きに刺繍糸を織り込んでいるそうです

ハドソン川から見たニューヨーク、
以前のこの風景には右端にWTCツインタワービルが見えたそうです。






IMG_0696.JPG

貴田明良さんの水彩画「八ヶ岳・清里』

清々しい空気が漂ってくる素晴らしい風景画です
展示最終日、明日からスタートというタイミングでのご応募でしたが、

連続3回もの留守電を頂いていた事にお応えして
もう掛けるスペースがない中、
搬入されたこの作品を見て、ビックリ

既に展示の終わった長い壁の作品を移動する事は出来ないので、
見落とされがちな、エントランス右手の、
やや傾斜の付いたパネル掛けさせて頂きました。






エントランスの、この反対側は外からもよく見えるのですが、
今回お一人で5枚も出して下さった
友田みのりさん作のコラージュ2作品
IMG_0766.JPG

『アビスに咲く』

IMG_0698.jpg

『ウォーターホール』

コラージュ作品は萌芽では珍しいですが、好きです
いいですね
さすがに長年デザイナーとして仕事をして来られた方らしい作品です






コラージュ作品の下に掛けた
この可愛い木版画は
萌芽で木版画教室を開いている
木版画作家・務川めぐみさんの生徒さんに
始めての御出展頂きました
今夏の書中見舞いとして春より取り掛かって居られました

IMG_0765.jpg
源祐子さん作 木版画
『ぷかぷか』
アイスを手に浮き輪でぷかぷかのシロクマさん






こちらも初出展の作品
IMG_0701.JPG
香川 昌平さん作 アクリル画
『知床の春』

搬入された時より、
ちょっぴりドレスアップして、
作家さんご自身もビックリ見違える程、素晴らしい絵になりました

最初から絵には魅かれるものがあったのですが、
額装を丁寧にする事はとても大切な事です。







IMG_0767.JPG
どこかで見た様な色合い⁉ ですよね
そうです

今回の案内状に使った原画という訳です
使った絵から、MACイラレタで、
印刷原稿の制作まで、エンディングコンサートフライヤーまで
作って下さいました
横溝真由さんのアクリル画です

真ん中の大きい「水の境界』がスタート前日に間に合って、

『うまれたての海』
『うまれたての森
『深碧のこえ』
『鴎緑のうた』
『?』
この壁にピッタリの6作品が揃いました





更に奥に進んで

IMG_0743.JPG

今回も金谷教子さんの驚きのちぎり絵
水と緑のテーマにぴったりの作品です。

IMG_0707.JPG

筆も絵の具も一切使っていないとは驚きです。
間近でご覧になると、驚き倍増の
制作日数 約半年という力作であります






IMG_0775.JPG
小川英紀先生の水彩画『ロシュホール公園の噴水』

今春のポルトガル逗留中に描かれた絵を
『水と緑』展に出展下さいました。

絵には、それを描いている時の気持ちが投影されものとお聞きしましたが、
この絵はとても晴れやかで明るい心持ちの中、描かれたのでしょう






IMG_0746.JPG

京都から送って来て頂いた、石山勝義さん作の木工作品『は は は』
展示は彼の指示書と写真とで、代わりに致しましたが、
お気に召して頂けるか?心配です。

この作品は夜になると美しいのですが、、、
この作品が輝き出す時間まで、開けていられないのが
ちょっと残念





1F展示作品はまだまだ、ご紹介し切れていませんが、
今日はここまで。


明日から14日まで。まだご覧になれます。
作品は2Fにも、
また1F、この部屋のお隣には、
いろんな手作りアートグッツが並ぶお店もございます

IMG_0762.JPG

IMG_0759.jpg



14日のエンディングコンサートのお席も
まだご予約頂けます。

阪神ファンの方、是非お越し下さい。


0714-1-2.jpg


京都市立芸術大学の現役生でもある精鋭奏者の演奏を
ごく、身近で聴く事が出来る
2Fの萌芽Hallで
是非一度、お楽しみ下さい

展覧会と関係のない御方でも 
どなた様でも
電話一本のご予約で
ご来聴下さい

(ご予約は090-1954-4526まで)



続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする