2017年05月28日

次回 萌芽企画『水と緑』展 作品募集のお知らせ

2017萌芽企画展[.jpg

さくら展から、次の企画展のテーマは
『緑』『水・雨・流れ』なんて、話をしていましたね

覚えていて下さった御方、
しっかり準備して待って下さっていた御方、
頭の片隅には置いてはいたが、準備はまだだね!という御方、

はたまた、
そんなテーマなら、今迄に何枚も描いてるよーって御方も
いらっしゃるのではと思います。

募集要項の告知が
搬入日まで、一ヶ月を切るタイミングとなってしまったから
言うのではなくて、
既に描かれた習作でも全く構いません

ギャラリーと名の付く所に飾って、
スポットライトを浴びれば、
輝き出す作品も家に眠っているのではと
私は思っています

今から新作挑戦は無理だと思う御方が居られましたら、
是非一度、過去の作品に思いを巡らしてみては如何でしょうか?

勿論、今から描き上げて頂くのも嬉しいですが

この公募展は
画歴も、手法も、画材も、ジャンルも様々な作品が集ってきます。

集って来た作品を展示するのはギャラリーをやっている私一人。
船頭多くして、船、山に登るの諺通りになるのが必定なのと
朝から晩までの試行錯誤に付き合ってくれるご仁は
そう簡単には見つかりません
一人で3〜4日掛けて、展示するのが、いつものやり方です。

展示するのは、
白い壁と 薄汚れてしまってはいますが白い床のチープシックな10坪のA室

そして、外階段から上がらねばならない
2面共、床からガラス張りの音楽Hall併用の、広くて明る過ぎるC 室

それと
平面以外の作品の展示場所でもある
展示棚が沢山あるB室の壁にも似合う絵を選んで展示します。

どの絵をどの部屋に割り振るか?に悩み
それぞれベストと思える3室に配置するのに朝から夜迄、試行錯誤しても
翌日に持ち越す事も多々あります。

そして、やっとのこと、
割り振られた絵を どの壁のどこら辺りに掛けようか?というのが
次なる山!しかも部屋は3室あるのですから
一室当り半日!時間にして3〜4時間で 仕上げていかねばならない計算です

実際には、絵と絵の間隔や、床からの高さを揃え、
見目美しい展示を目指さねばならないのですから
決して目算アバウトという訳には行かず、

急がば回れで、メジャーとプッシュピンを両手に持って
額の位置決めをするのも結構 時間が掛かる作業で、
ここまで来ても、時間との格闘が最後まで続きます

方々から集って来た作品達は
萌芽に到着してからも、そんなこんなの顛末の末、
晴れの日をを迎える訳です
どの絵も私にとって愛おしくない訳がありません


さあ、今回はどんな作品達が集ってくるのでしょうか

『水と緑』というテーマ
皆さん、どんな切り口で作品作りを展開されるのかも、愉しみです。

地球環境の存続に危機感を感じざるを得ない今だからこそ、
やっぱり『水と緑』と言えば、『自然』を描いた絵が多くのなるのかな?

さてさて、
如何様なアクセスでもご自由です
是非、始めての方のご参加もお待ちしています


応募の締め切りは 6月18日として居りますが、

案内状にお名前の掲載を希望されない場合は
6月26日作品到着
まで大丈夫と致します

それまでにご応募が3室の許容量を超えてしまったかなという場合は
締切り日が早まる事もありますので、

出展の意思のある御方は
先ず、お手を挙げてお申し込み下さい

万が一、
キャンセルされても、ペナルティー等の心配はございませんので


そして、最終日には「水と緑』に特化したコンサートをと考えています。
実は演奏者もまだ決まっていません。

諸々、急がねばー









posted by artspaceHOUGA at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする