2019年08月30日

本日より『たなかやすひろ展 /懐かしくて、ちょっとSF』スタート❣️

67407481_2600997079912086_1064949325865418752_n.jpg

67386085_2600997183245409_2640256958245896192_n.jpg

いよいよ本日から

2019 ボローニャ国際絵本原画展日本人入選者

たなかやすひろさんの個展
スタート致します


昨日の午前中に東京より到着され、
午後からご本人による作品の展示設営開始
日暮れる前に、ほぼ展示終わりました

DC011CC2-2757-4884-BCB1-BB39AABDFC23.jpeg



07B1BAFB-15B0-439E-AB09-C246CDF23442.jpeg


571F9E0F-F5BD-4BBE-99FA-5CD7819700FC.jpeg


作家様ご本人の在廊は
ただ今、出版準備真っ最中のお仕事の為、
明日〜明後日のオープニングパーティー終了までのご予定です🔜

正に、今回の個展名
『懐かしくて、ちょっとSF』とは言い得て妙そのもの❣️

どの絵もちょっと不思議な、
懐かしく、やさしい世界感に満ちた作品です✨💖

会期は9/8まで、
大谷記念美術館展示中の入選作品と合わせて

萌芽でのたなか作品も是非共、
ご覧下さい。

明後日の18:30〜は

萌芽2Fの音楽サロン『ArtSpace萌芽Hall』にて
展覧会オープニング記念の
ヴィオリンとビオラのコンサート
終演後に懇親パーティーもございますので、
どなた様も、ご自由にご参加下さい。

3735D9E3-D101-4568-833D-AD88D7FF7A3B.jpeg




posted by artspaceHOUGA at 05:05| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和元年トップバッター『安藤友久作品展』

本日、令和元年、スタート致しました

おめでとうございます

日本国は10連休の超ゴールデンな時間が始まりましたが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

10連休と言えども、
全てがお休みになる訳ではありません。

この時ばかりはと儲ける事を考えなければならないところも多々ありますし、
人の命に関わるところはいつもの通りが続くでしょうし、

萌芽はこの長い連休を挟んで前後に
素敵な展覧会のオファーを頂いて居りまして

前半の展覧会
『MAYU YOKOMIZO EXHIBITION』は、
季節に超相応しい「水と緑」の色彩美しい作品が並び

実際に優しいグリーンの植物が随所に飾られた
爽やかな空間となりました

会期中、展示が日々増殖を続け、
毎日、会場の様子をFB発信されるのを楽しみに拝見していましたが、
最終日にやっと顔を出す事が出来、
好評の内に無事、会期満了となりました

今回の展覧会は
わたくしごとの連発で、
ギャラリーの解錠〜施錠まで
全てを作家の真由さんにお任せするという
今までにないご負担をお掛けする事となりました。

会期中、お運び下さった方々、お手伝い頂きました方々、

そして、何より
お隣の内装工事の音のご迷惑もあった中、
全ての状況を快く受け入れて、応えて下さった真由さん、
本当に
有り難うございました
お疲れ様でした


そして
迎えた令和元年本日、5月1日
わたくし自身も本日は、プライベートな事も一息入れて

溜まっていた萌芽の仕事にも頭が向いているところで、
次回の展覧会の御案内させて頂きます

連休明けといっても
展覧会のスタートは5月18日(土)ですが、
何と言っても
萌芽初めての陶芸展

昨年よりご縁あって、
昨秋の「尖展』、今春の『さくら咲く展』と
萌芽企画展に出展して頂いております、
陶芸作家・安藤友久氏の個展開催を賜わりました。

andoDMDM-2安藤作品展.jpg

andoDM1atena-2安藤作品展.jpg

若き日より、陶芸に興味を持たれ、

サラリーマン時代を挟んで
ご退職後に、念願の腰を据えての陶芸生活に入られて久しい安藤さんは
毎日の様に滴翠美術館の陶芸教室で制作に励んで居られる
情熱と若さをお持ちの、フットワーク軽やかな
万年青年の様な御方です

勿論、作品も
素人の域を超えた腕と趣味人としてのセンスを感じます

今回は多岐に渡る作品の数々の中から、
普段の生活で使う場面の多そうなお品をメインとした、

テーマは正に

『見て、手に取って、使って楽しむ焼物』
安藤友久作品展

開催させて頂きます

今回は、破格の上代を付けて、所狭しの展示とさせて頂きますので、

勿論、鑑賞だけでも結構ですし、お買い求め頂くも良し

会期中、全日在廊の安藤氏との陶芸談義も
勿論OK
お楽しみ下さい


5月18日(土)〜26日(日)
12:00〜19:00 

中日の22日(水)のみ休廊しますが、
前後4日ずつオープンですので

是非、どうぞ,お運び下さい




+コンサート情報です

展覧会の会期中前半の日曜日
5月19日(日)14:00開演 

チェロ・ピアノデォオコンサート

IMG_3359サロンクラシックDuo.JPG


翌週の土曜日
5月25日(土)14時開演 

チェロ・ヴァイオリン・ピアノ三重奏

IMG_3743.JPG





どちらも聴き応えのある上質な
オススメコンサート

クラシックファンも、
そうでない御方も、

オススメです

楽器の音をダイレクトに楽しめる
週末のマチネ・サロンコンサートに是非お運び下さい











posted by artspaceHOUGA at 16:52| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

平成4月・令和5月 展覧会のお知らせ

43名様のご参加を頂いた恒例のさくら展
入場止めとなった大入り満員のさくら展ミドルコンサート

続いて

チャリティー形式での開催を決めた
来日中の
クラリネット:タラゴナ氏&ピアノ:デッレ氏
お二人による熱いDuo Concert

ご来聴者の気持ちが一つに連帯するが如くの、熱い萌芽Hallとなり、
みやぎこども育英基金への寄付も叶いました

お陰様で、どの催しも思い出深い余韻を残し、無事に終了
多くの方のお力添えを頂き、感謝の念に耐えません。
有り難うございました。



今年は新年早々、
予定日より2週間も早い初孫の誕生や
思い掛けない、義母の圧迫骨折による長期の入院もあり

萌芽活動に専念する余裕のないまま、さくら満開の時期も過ぎ
いよいよ、残すところ、あと2週間で
新しい年号の幕開けとなります

そんな平成と令和の切り替わり時の催し2展の御案内です

先ず、
平成最後の展覧会はこちら

IMG_3881.jpeg


萌芽制作の印刷物のデザイン、印刷原稿を
一手にサクッと引き受けて下さっている横溝真由さんの作品展です

会期中はギャラリー内で制作もされるそうで、
さすが、現代アート系作家の考える事は違いますね

ただ今、ノリに乗っている真由さんのパフォーマンスに期待が膨らみます




そしてこちら、令和最初の展覧会となる
記念すべき催しは


andoDMDM-2安藤作品展.jpg

andoDM1atena-2安藤作品展.jpg

こちらの作家・安藤友久さんは
芦屋の滴翠美術館の陶芸教室:滴翠窯で長きに渡って
土と親しんで来られた御方です

これまでの種々様々、小さいものから大きいものまで
沢山の作品の中より、
今回のテーマは『見て、手に取って、使って楽しむ焼物』に絞って

つまり、
普段の生活で使って楽しめる作品を中心に
展示即売もさせて頂きます

是非、お気に入りの器を見付けにお越し下さい





そして、「令和」を迎えての、初めての萌芽コンサートは
サロンクラシック協会主催のこちら

IMG_3359サロンクラシックDuo.JPG

海外での修行も積んだ、若手の実力派の女性奏者による
チェロ&ピアノの
上質なデュオコンサートです



間もなく、平成から令和へと時代は進みますが、
新しい年が、字の如く、

イケイケゴゴー!ではない

思慮深く、和を持って尊しの、穏やかなる時代となります様、
こころより願って居ります

間もなくゴールデンウィーク
今年は10連休とも言われています

何より、一年中で一番大好きな、新緑の季節到来

良い時間となります様に















posted by artspaceHOUGA at 01:30| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

4月12日(金)15時〜今春もタラゴナ氏のクラリネットコンサート

素敵なコンサートの緊急告知です

2014〜2017まで
兵庫県立芸術文化センター管弦楽団コアメンバーとして
活躍されていたクラリネット奏者の
ヘルパシオ・タラゴナ・ヴァリ氏と

素敵なイタリア人ピアニスト
ルカ・デッレ・ドンネ氏との

Duo Concert

tarragona2019 print.jpg


萌芽恒例の『さくら咲く展』終了直ぐのタイミングなので
もしかしたら
さくら作品の展示もまだ残っている中での
春コンサートとなるかもしれません

今回は平日金曜日の15時〜なので、
普段、時間的に来難い方にも

是非、萌芽でのコンサートを楽しんで頂きたいと
思っています。


今回、演奏者が海外在住である事もあり、
コンサートの詳細把握が遅れ、

このチラシも実は昨日、特急便で印刷屋さんに出した次第で、
これから、いろんな方法で
このコンサートの告知をし捲って満席を目指したいと考えています

そんな思いもあり、
このコンサートは入場料を設定しない、
チャリティーコンサートとする提案を演奏者にしたところ、
二つ返事で賛同頂きましたので、

このコンサートは
東日本広域に渡って大震災に見舞われた春より8年目を迎えた今も
まだ癒える事の無い、多くの被災者に
共に思いを寄せる時となる様に願い、

募金先は
宮城県庁が募っている
震災遺児の支援金・奨学金『みやぎこども育英基金』とさせて頂きます。



今回の来日は
昨年、お二人が受賞された「東京音楽コンクール木管部門第一位」と
合わせて「聴衆賞」もダブル受賞された
お披露目コンサートご出演の為なのですが、

タラゴナ氏がオーケストラ在籍中の4年間、西宮在住であったご縁に因るもので、
素晴らしいお二人の演奏を萌芽の様な小さなサロンで
それぞれの楽器の音を存分にお楽しみ頂ける
貴重な機会です

是非、是非、聴きにお越し下さい。
15時スタートのコンサートですので、
終演後は桜餅と知覧茶のティーサービスのご用意もして
多くのご来聴を期待して居ります












posted by artspaceHOUGA at 09:44| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

2019『さくら♪さくら咲く展』近況

2019
「さくら♪さくら咲く展」

今年のさくら展 案内状です
萌芽のDesigner 真由さん作


Web用.jpg

ほぼ、前年度のさくら展 出展作品をレイアウトした
久々の過去作品デザインです✨


真ん中の「桜」は
デザイン書家でもある東海律子さんの作品

両隣のさくらは
久保田雅江さんの七宝焼絵画
七宝焼と言えば、昔
若かった頃に流行ったブローチやペンダントのイメージがありますが
それとは違う、工芸品の様な絵画です

右端は
何ともツボにハマる、大好きな稲垣正子さん作品
ナント黒い枝垂れ桜 ずんぐりとした樹形が面白い


その両端のさくらは
弘中先生の多版木版に因る吉野桜
気が遠くなる程の工程と計算と緻密さと、求める完璧さに
完全リスペクト
この作品は萌芽所蔵として購入させて頂きました


左端は
日展入選の賞に輝く、期待の若手作家
京芸ご出身・幸山ひかりさんによる
正統日本画のさくら
先日、京都二条城の展覧会で拝見した仁和寺のさくらも
一ひら一ひら細やかな描写でしたが、
彼女の描かれる植物からは
それぞれに強い生命力が伝わってきます

上段左端は
DMの原稿制作をして下さった真由さんの作品
正方形のキャンパスにアクリル絵の具で描かれた
超ビックな桜の花びらが印象的

右隣は
大学同窓の口丸弘子さん作品
彼女は絵の具ではなく糸を織って絵を描かれる
絵織物という希有な世界観のある
素敵な作品でご活躍です
額から溢れんばかりの存在感に皆さん足を止める作品でした

上段センターは
いつもあの手この手で、画一的ではない表現が楽しい
引き出しの多い上嶋周子さん作品
これも古くなって壊れた飯台の丸底板に描かれた枝桜
なかなか、捨てるに捨てられない物を
こんな素敵にリユース出来る人はそうは居られません


右隣、
淡いピンクが全山覆い尽くして
春の優しさを伝える
青木真一郎さんの作品は
お人柄同様にとてもやさしく、品がいい
吉野山の千本桜を
こんなにホワッと描かれるとは


上段右端は
確か2014のさくら展時の話題の写真をベースに
PCの技を駆使して加工も加えられているとお聞きしましたが、
この時の4連作の1枚、
滋賀在住の馬場知江さん作品
湖面から立ち上がる幽玄をバックにした
海津大崎の桜

この作品はお客様にお買い上げ頂きました


続いて下段に参ります。

下段右端の「月夜の一本桜」も確か、
赤ポチを貼らせて頂いた
金沢明彦作品
有り難い事に、この作品も萌芽の常連様のお眼鏡に叶って
お買い上げ頂きました

お隣は
出展作品ではありませんが、
桜の花びらを高感度カメラで撮った写真


下段センターの
セントバーナードと桜の絵は
甲子園口在住の日本画とフルート演奏を愛する
高橋義美さんの作品
今は亡き大好きな愛犬との春の日の思い出を絵にされました
思いを認めた、大きめのキャプションを添えて✨


左隣の枝垂桜は
フィギアスケートの羽生君で近年一躍有名になった
神戸・御影の弓弦羽神社の桜です
長らく油絵を描かれている神戸在住の山本照代さん作品
こちらも展示の後、お声が掛かりお嫁入りしました

ラストは
ビックリする超素敵マジックとしか思えない、
小畑篤志さんの不思議立体作品です

これは実物を見て触って、
老若男女のお客様お一人お一人に楽しんで頂きたい作品
不朽の名作ですので、さくら展の続く限り
毎年登場します

是非この作品をご体感下さいね

横に並ぶ2つの桜小鉢は滋賀の陶芸家・馬場匠さんの作品
フォルム繊細で、釉薬の色が美しい作家さんです。


以上
長い説明にお付き合い頂き有り難うございました


宛名面には

勿論、出展の意向をお伝え頂いた方のお名前を入れさせて頂きました
今年も沢山の挙手を頂き、有り難うございます。

今年は初めて出展して下さる作家様がいつもより多く、
どんな展示になるのか、楽しみにしています。

展示に関しては毎年、
ほぼ、私一人、孤軍奮闘の作業ですが、

展示が自分の作品と思って
本年も
3日掛かって
一生懸命取り組みたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


Web用宛名面.jpg

案内状にも書かれてあります通り、
中日の週末、4月6日(土)18時半より

いつもの通り
コンサートとささやかながら懇親会を催しますので
美術ファン、音楽ファンの隔てなく
どちら目的でも、勿論両方お楽しみ頂ければ幸いに思いますが、

どなた様もお集り下さい。

さくら咲く展 normal.jpg

ヴァイオリンの根垣りのさん謹製のこのコンサートフライヤーにご注目

今回は
萌芽初登場のピアニスト:森本美帆さんをお迎えして
ヴァイオリニスト:根垣りのさんとのDuo Concert

リクエストしたフランクのヴァイオリンソナタも楽しみなコンサートです

萌芽Hallの様な、奏者と極近い距離で演奏が楽しめるのは
実はとても贅沢な体験と思っています。

お二人とも素晴らしい演奏家ですので
聴き慣れないクラシック音楽であっても、
是非、一度御来聴下さい。

終演後には
飲食付きの懇親会もございます。

周りの壁にはさくらの絵が並び
お話も弾んで楽しい時を過ごせるかも

\2000の入場料を申し受けさせて頂きますが、
お帰りにはきっと「ナットク

ご都合宜しければ
ご確認の為にも、是非お出まし下さい

ご予約はお早めに







posted by artspaceHOUGA at 19:26| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

2019 『さくら♪ さくら咲く展』募集のお知らせ

今年も既に、
さくら展出展作品の制作を
始めて下さっている方もいらっしゃる様で

誠に有り難い事と、しみじみ嬉しく思って居ります。

という事で
萌芽も募集要項書の入稿準備完了致しました。

締め切り記載2019「さくら♪さくら♪咲く展」 出展作品募集案内〜.jpg

展覧会の会期は
4月3日(水)〜9日(火)の日程なので、

展覧会の記念コンサートは
4月6日(土)18:30〜

折良く、根垣りのさんに企画・演奏、お引き受け頂く事が出来ました

今回は兼ねてよりの待望の演目である
フランクのヴァイオリンソナタをというオファーに応えて頂き

京芸大・院卒後、4年に渡るハンガリー留学を終え、帰国2年目のピアニスト
森本美帆さんと根垣りのさんのDuo Concert

こちらもどうぞご期待下さい。



コンサートは勿論
展覧会出展者以外の御来聴も大歓迎ですので、

外も内もさくら満開の中、
素敵な演奏をお楽しみ頂けて、終演後には懇親パーティーもある

萌芽コンサートに
是非ともお運び下さい

(萌芽コンサートは¥2000Party込/チケットレス/要予約・当日精算です)

















posted by artspaceHOUGA at 20:54| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

2018〜2019 お正月迎えました

2019年 
新年あけましておめでとうございます🎍🎌

A161619D-3C51-43DC-A539-065078063EC0.jpeg


🎍

若い頃から前髪を掴める様な心構えを持って生きる事を
自分に課して来なかった事とは
いささかの関係もなく、

年々、師走の帳尻合わせに苦慮する年末を
今年もどうにか乗り越え、

92歳の義母〜娘夫婦とお腹の中の子
元旦の我が家に集合✨

お陰様で
例年通り 穏やかなる良き年初を迎える事が出来ました

CDB32076-FF68-41D7-9C9D-71F2ED61DAC0.jpeg



結婚以来欠かした事の無い
子供の頃から見よう見まねで覚えた母のお節料理は

根菜類のお煮しめ中心に、
紅白なますや、酢れんこん等の酢の物に 黒豆、ごまめ、松風、
ヒレ焼豚、出し巻き卵、千枚漬など、

海老なし、鯛なし、
材料ほぼ野菜の精進ヘルシーお節

年末29日一日掛かりでメドを付けるのが
ここ何年間か、守っている事です。

今年も後ろ髪引かれ乍らも、掃除の手は途中で一切止めて
台所の人になり、下ごしらえからのスタート


90D4E05C-E172-40AF-A95A-EE977F3F94B1.jpeg

29日に煮上げる物と、
30日に再度火を入れる物、
31日にも更に火を入れる物、
味と日持ちを考えて

最後は大晦日のごまめ作りで
finish up!

これらを近年は大きい重箱に詰めるのは止め
15センチ角の小さいお重とミニ小鉢に収めて
各人が、遠慮する事無く
漏れなく、一種類一品は必ず頂ける
というスタイルにしました✨


時代が変わっても我が家のお節は実に慎ましいですが
全てを手作り出来た事が一番嬉しい事です。

この先いくつになっても、出来る限り手作りしたい!と、
それが老化のバロメーターとなる様にも思っています。

A8F48ACD-CF62-413E-B7F9-0FBC246F7896.jpeg


今回は+母との朝のお祝い3セットと、夜も前菜代わりの5セットと、
計8個のお重詰めで、さながらお弁当屋さんの様な作業でしたが、

これもまた楽し


今年は黒豆作りには欠かせない
スロークッカーを
ロイヤルホームセンターで暮れに見付けたので
好みの状態で炊き上がりました


1F881480-C5EC-4CE4-A591-748D0579AF10.jpeg

母や娘にもお裾分け出来たり、
松の内は煮返して楽しめる位の量を
手間ゼロで上手く炊けたのも超嬉しい

っていうか、
コレ、知る人ぞ知る
災害時にも大活躍した、Simple is best!の超優れ物なのです

ロイヤルホームセンターで¥3990で売ってますよ




それと年末の大仕事と言えば
大掃除

子育てを終えて、夫婦二人暮らしになってから
どうにも、家事全般の手抜きが 年々甚だしくなって来ていた上に

日々の掃除は元より、

実家の兄から送られて来た
亡くなった母の着物や趣味作品の数々やすぐには処分し兼ねる様々な遺品に加えて

主人関係の絵額・コレクションと宣う監理不行き届きの数多の図録図書、
娘の置いて行ったCD、催し毎のコピー楽譜、豪華楽譜本、
その他、捨てるに捨てられない思い出系の物で埋まった
開かずの1Fの元ピアノ室

そういう状況をベースに

あるべき位置に物を戻すとか、不要と思われる物の然るべき処分とか
日常のそれらの作業が全く疎かになった1年だった事で、
後ろめた〜い気持ちを抱えていたのですが、

これは精神衛生上もよろしくないという実感もあり、
ギリギリまで腰の上がらなかった泥縄の私も
遂に、年末の大掃除は意を決しました

これらの品々の物置部屋と化した14畳の部屋を初め
庭やバックヤードの外回りに置かれた明らかな不要品の数々、
いつか使えるかも!と 取り置いていた空箱、包装紙、衣類、
思い出系の品々

等々

とにかく不要品か否かの選別含めての 減らしに取り組み

結果

暮れの29日と31日
西宮浜にある西宮清掃局のゴミ処理センターまで
車一杯満載して、二往復しました

お陰で少しは見通しの良い空間となりましたが、
断捨離とまでは行かない納得度なので、

これをキッカケに寒い冬の間に
整理整頓作業を続行させる事を肝に命じているところです。



近年、脳の老化を感じる事が多くなってきていますが、
公私ともに
まだまだやらねばならない事もあるので
家が少し片付いた事をキッカケに

老化という事に甘んじる事無く
心新たに前進出来る年となる様に

粛々と、努力と自覚出来る事を心掛けようと思う
2019年 年初めです




  勿論、
アートスペース萌芽&ArtSpace萌芽Hallの活動も
プライベート部分とのバランスを保ちながら

これまで以上に
周りの皆様のお力もお借りして
より良い方向に前進して行ける事を願って居ります。

今後ともどうぞご支援頂けます様、宜しくお願い申し上げます。




2019年のスタートは

サロン・クラシック協会様主催の素敵なコンサートを萌芽で催して頂きます


7F5A21DF-5BDF-4C4D-AF78-4BB9AFAEEB97.jpeg

松の内1月12日(土)14時開演

チェロの林裕さん✨ ピアノの佐竹祐介さん✨

萌芽で演奏して頂けるなんて、ホント夢の様な奏者お二人です

終演後はティータイムも設けた懇親会もございます

お気軽に是非どうぞ、お出かけ下さい














posted by artspaceHOUGA at 10:43| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

『小川英紀 小品展』12月1日(土)開廊時間についてのお願い

IMG_2777.jpg

『小川英紀 小品展』はスタートよりの三連休、
多くの来廊者で賑わって居ります

展覧会は今週の12月2日(日)まで休廊日無しで、続きますが

誠にご迷惑をおかけする事となり
申し訳ございませんが、

12月1日(土)のみ、以下の変則開廊となります

  
1F・12時〜19時

  2F・10時半〜14時
    17時半〜19時


*2F会場のみ14時~17時半の間はコンサートの為、
御入場頂けません


小川先生のご在廊は12時〜19時です


12月1日(土)に1・2Fの展示及び、
小川先生との歓談希望される御方は、以下の時間内にお運び下さい。

12時〜14時 or 17時半〜19時



以上、ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

皆様のご来廊を心よりお待ちして居ります。









posted by artspaceHOUGA at 09:22| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

次回展覧会: 「小川英紀展」〜ヴォーリズ建築と神戸女学院の四季〜

秋になり、やっと穏やかな秋晴れの空に恵まれ、
ホッとする毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


次回展覧会のお知らせです


先ず、11月13日(火)〜18日(日)
西宮市立北口ギャラリーにて、1980〜2004年迄
神戸女学院中高部の美術教諭をされていた小川英紀先生の水彩画🎨と、
同じく理科教諭をされていた大川徹先生の写真📷

長きに渡って女学院で教えて居られた両先生による、
Duo exhibition
「ヴォーリズ建築と神戸女学院の四季」
が催されます

そのあと、
勤労感謝の11月23日(金)〜12月2日(日)まで

会場をJR甲子園口 の
当 アートスペース萌芽に場所を変え、

懐かしの岡田山に点在するヴォ−リズの建物や自然をテーマにした
お求め易く、飾り易い小振りの新作小品を1Fに、
2Fには北口ギャラリー展示の20号作品も展示した

〜ヴォーリズ建築と神戸女学院のの四季〜
『小川英紀  小品展』
を開催させて頂きます✨🎉💖



スタートより2日目の11月24日(土)18時半〜
クラシック音楽がお好きな先生の個展を記念して

中学時代、先生が担任されたクラスの生徒だった、
今や、長きに渡る留学先のフランスから帰国され、ご活躍の
目映いピアニスト・西岡仁美さんに
オープニングのコンサートをお引き受け頂き、

ご自身が組んで居られるピアノトリオ「Trio J.A.H.」のよる演奏で
大きな花を添えて下さる事になりました

8DDD9CF7-7443-4A95-84BE-947C3633B627.jpeg
まだ寒さ厳しくならない秋の夜長のひととき、
美術と音楽の両方をお楽しみ頂ける
11月24日(土)のご来聴、
お待ちしています


コンサート会場となるArtSpace萌芽Hallは
当日、
少し大きめの20号作品の展示会場となっており、

18時に閉廊後、椅子をセッテイング〜開場〜
18:30より開演となります。

少々慌しい中でのコンサートとなりますが、
壁の水彩画をご覧になりながら
コンサートをお楽しみ頂けるのが、萌芽コンサートです

Hallとは申しましても、
演奏者との距離がとても近い
キャパ50席の小さなサロンコンサートです。

終演後は、暫しの懇親パーティーも予定しておりますので、
宜しければ、ご参加下さい。


展覧会のご入場は勿論、無料ですが、
コンサートのご入場は2000円/要予約となります

チケット制ではありませんので、当日ご入場の際にお支払い下さい。






なお、申し訳ございませんが、ご注意頂きたい事がございます

展覧会は12月2日(日)が最終日となりますが、
前日の
12月1日(土)のみ
2Fで開催のシャンソンコンサートの為、

ご覧頂けるのは1Fの展示作品のみとなり、
2Fはご入場頂けません

誠に申し訳ございませんが、
ご了承の程、
よろしく お願い申し上げます🙇‍♀️🙇‍




🍁🍂🍁





posted by artspaceHOUGA at 16:47| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

萌芽・秋企画展『尖』と音楽ワークショップのお知らせ

s.jpg



修正print atena.jpg






2018 萌芽秋企画展『尖』
DMへの出展者名記載を、昨朝、締切らせて頂き、
印刷入稿致しました。

入稿後のご応募も10/5時点で、5件のオファーを頂き
美術部門の出展者は23名となりました
有り難うございます。

今回の出展数はこれまでより 少ないですが、
始めてご応募頂く方や、素材表現も始めての作品も並ぶ様で
搬入を楽しみにしています


上記、美術部門に対して
今回、2回目となるパフォ−ミング部門の正式ご応募は
残念ながら只今のところ、ございません

然るべきところに向けての広報をほとんど出来ない内に
時間切れとなってしまいました。

前回から試みたパフォーミング部門ですが、
美術だけでなく
音楽、ダンス、語り、その他、
相互に照らし合えるパフォーマンスへの
昇華を夢見ているので
気長に取り組んで行く所存


今朝、
『尖』に相応しいデザインという、
バレエ衣裳の出展申込を頂きました

ボディに着せての展示となりますが、
出来る事なら
着用して踊っているところを観てみた〜い

そして、そこに、管でも弦でも、生演奏の一曲が加われば
3つの芸術が照らし合わさって
狭い萌芽Hallも
魅力のある時空となる様な、、、

そんな事を夢見ている
パフォーマンス部門を今後とも、どうぞ宜しく
お願い致します

勿論、両部門ともに、10月10日までは
出展ご応募お待ちして居ります。

これからでも是非どうぞ。




それからもう一つNEWS


IMG_2362.jpeg



アートスペース萌芽のオープン当初より
お世話になっている
ヴァイオリニストの東瑛子さんが
大人対象の
音楽ワークショップを

『尖』展の会期中の
10月17日(水
2週間後の10月31日(水)
2回、開かれます。

東さんは
美しい日本語と、ステキに敬語を使いこなす
ゼロ歳児のお母さんでもいらっしゃいます

親子向けアウトリーチ活動では実績のある「おっとっと」メンバー、
大阪音大音楽院講師としても、お忙しい中、
満を持しての
今回の大人向けワークショップは

英国留学時代から長らく取り組んでこられた
音楽によるアウトリーチ活動の一つ

音楽をツールに
人生を心豊かにする生き方
新しい出来事との遭遇にときめく驚きに満ちた
ワンダフルでプレイフルな生き方を

これは
私なりに解釈しているコンセプトではありますが、

公民館で催している
ヨガや太極拳の教室に行く様な気分で

是非、お気軽に、
先ず一回、ご参加されませんか?

何か感じるものがあり、
続けてみたいと思われる方が居られましたら

勿論、
継続の所存ですので、
先ずは体験先ずはお試し下さい


第一回目は『尖』展の開催中となりますので
10時からのワークショップに参加され
12時終了後、
ひと時、
お茶と軽食でブレイクしてから
1Fのギャラリーの展示をご覧下されば、

短い時間ではありますが
いつもとはちょっと違った、秋の良き日となるのでは?
なればいいなぁー 
と思っています。

お友達連れで
是非、どうぞ,お運び下さい


10月17日・31日 
10:00〜12:00

参加料¥500(ドリンクサービス)
場所:2F/萌芽Hall


〜ご予約は萌芽でも承ります〜










posted by artspaceHOUGA at 12:00| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

『紙版画+動物」盛国 泉展

IMG_2185.jpeg

今年のボローニャ国際絵本原画展に
初挑戦・初入選された
福岡在住の盛國泉さんの入選作品は

一見、銅版画の様にも見える、実は「紙版画」で作られた
家ねこさんのお話です

スタートより数えれば、今日で11日目ですが、
毎日観ていても飽きない

むしろ、
ドンドンと魅力を感じる様になって来る
不思議な作品でもあります。

スタートよりの毎日の記憶が
瞬時に思い出せない
目まぐるしさの中、

明日は会期中2回目の休廊日とさせて頂き、
明後日より残り3日

どうかお一人様でも多くの方に
紙版画とガラスの動物達、
盛國作品をご覧頂きたい思いで一杯です 

特に夜、外から観るガラスの動物達が、私自身好きなので
この3日間は出来る限り長く
夜も照明を落とさずに❣️
考えています。

FB4BE811-B331-4760-A374-60C88482E838.jpeg


IMG_2247.JPG

夜、閉廊よりしばらくして

すっかり帳が下りた頃
不思議と
急にイキイキとしてくる動物達💖✨✌️


115CD013-C3CF-48AF-B450-A92CA66F014F.jpeg


B811523F-E4DC-4A04-B478-C98F23F9B33D.jpeg


スクリーンショット 2018-09-17 14.44.04.png



どうか残り3日の天候が
晴天とはいかずとも
雨天一色になりません様に🙏


⛅️☀️



posted by artspaceHOUGA at 22:57| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

本日、台風21号の為、臨時休業


IMG_20180605_0003.jpg1200.jpeg

本日、台風21号の通過の為、
アートスペース萌芽で只今開催中の
『盛國 泉』展、

臨時休業とさせて頂きます。

明後日5日は休廊日という事で
4〜5日の2日間、お休みを頂きます。


昭和36年の室戸台風並みの大型台風の様です

何事もなく、過ぎ去ってくれる様、
祈っています。

くれぐれも気をつけましょう









posted by artspaceHOUGA at 00:50| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

『紙版画+動物』盛國 泉展 9月1日スタート〜

IMG_20180605_0003.jpg1200-3.jpg

名称未設定.png

福岡在住の盛國さんから作品が届く8月29日が
迫って参りました。

会期はいつもの様に
長めの2週間

9月1日(土)〜 9月15日(土)
11時〜18時

休廊日は5日(水)/12日(水)

作家の盛國さん在廊日は
8日(土)、9日(日)の2日間です。

盛國さん在廊の
8日は閉廊後18:30より

”今日と未来のラテンビート”
と銘打った

カルロス・オルテガトリオのコンサート
を開催します。

ortega.jpg



約1時間のコンサートの後、

懇親パーティー付きで
入場料は¥2000です。

どなた様も
お気軽にお運び下さい。

ご予約は
090−1954−4526
artspacehouga@gmail.com



展覧会の会期中はお隣の手作り作品ショップ
HandMade萌芽

の開店日は

アートスペース萌芽
に揃えますので、土日も営業致します。

但し、これまで営業日の水曜日は
お休みとなりますので、
ご注意下さい。

9月1日(土)〜15日(土)11時〜18時開店
お休みは5日と12日の水曜日です。


hougashopflyer2246.jpg
HandMade萌芽内にある
2015ボローニャ展の入選作家の
イヌイマサノリコーナー

には
ポストカード・クリアファイル・ノート等のグッツ類、

「いってらっしゃいうんちくん」「ぞうきんレスラー」
「たびにでたくなる絵本」
「ニジェール物語」
もございます

そして

渡英前に描かれた
とってもイヌイチックな「ミニ生絵」が
並びます

IMG_2229.jpg

\8500なり。

ニッチなスペースにとても飾り易い
今や彼の希少作品
ですので
どうぞ、どうぞ、お急ぎ下さい。


勿論、
手作り大好きな萌芽スタッフ制作の
布製のポーチやバック、焼き物、アクセサリー、織物
プリザードフラワーのアレンジメント等、

心を込めて手作りしたものが
お求め易い価格で
並んでいます。


ご来廊の際には
ぜひ一度、隣のHandMade萌芽にも
お立ち寄り下さい。









posted by artspaceHOUGA at 14:40| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

萌芽秋企画公募展『尖』の募集開始します。

2018秋企画公募展『尖』アートスペース萌芽2018さくら展出展作品募集案内.jpg

「生きもの展』から早2ヶ月が過ぎました。

猛暑もそろそろ収束するのか、
行きつ戻りつ
確実にゆっくりと季節は進んで行くのでしょう

肋骨の痛みの快癒は
ユックリズムの萌芽同様に

思いの外
少〜しずつですが
気合いを入れて

有り難い事に
次はナニ?次はいつ?のお問い合わせを頂く中、
そろそろ、重い腰を上げました

頭の中には有った次回企画展の募集要項書を
遅ればせながら作りました。

今回のテーマ『尖』は
これまでと傾向が違い、一瞬、難しいと思われるかも知れませんが、

それぞれの感覚、独自の解釈、表現で
広くイメージを膨らませて頂くも大いに良し

難しい事考えず、
字の如くの写実表現でも良し

ご自由です。



今回も展示作品以外に
ライブでご披露して頂けるパフォーマンス部門も募ります。

こちらはハードルを高くせず
先ずは
お一人でも多くのご参加を頂きたいので
『テーマ』は設けませんが、

勿論『尖』をテーマにして頂けるのも大歓迎です


始めたばかりの
このパフォーマンス部門は
こちらもまだ、決め切れていない事が多々ある
試行錯誤中の企画である事、

プロ アマを問わず、ご参加頂ける事を願っている事、
故に入場を有料とするか無料とするか?

等も含めて

ご興味を持って下さる方、ご応募下さる方々のご希望やご意見もお聞きして、
より良い、有意義な、面白企画へと
育てて行ければというスタンスで居ります。

ご披露する場所は2階の

ArtSpace萌芽Hall(グランドピアノ有)
DanceSpace萌芽(ヤマハグラビノーバ有)

 PA機器/プロジェクター有り

楽器演奏・語り・ダンス・映像作品
それらのコラボ作品
etc.

公序良俗に反しない面白い作品を
広く募ります


ご意見、ご質問、ご不明点、等々ございましたら
何なり
応募先までお問い合わせ下さい。





続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 19:31| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

直近コンサートのお知らせ

IMG_1691.jpeg


お盆休みで長期の休暇をお楽しみの方も多い事かと存じますが、
異常気象の今夏、猛暑の毎日が続いております。

皆様、お変わりありませんか?

ギャラリーも盛夏には休業のところが多いのですが、
萌芽も
次回の展覧会は
9月1日〜
今年のボローニャ国際絵本原画展、日本人入選者10人中のお1人
福岡在住の盛國 泉さんの個展
『紙版画+動物』を予定しております。

IMG_20180605_0003.jpg1200-3.jpg




その前、
ここでの告知が遅れましたが、今週末

8月18日(土)15:00~

サロン・コンサート協会主催
塚本芙実香ピアノリサイタル

開催させて頂きます。


実力派
若手ホープによる
名曲オンパレードの豪華プログラムです

土曜日午後のコンサート

お暑い中ではありますが
ひと時、暑さを忘れる事必定のコンサート


今回、
サロン・コンサート協会様とのご縁を頂き、
この様な素敵なコンサートを開かせて頂く事になりました

萌芽Hall は
JR甲子園口駅 南側「ほんわか商店街」歩道を南へ徒歩5〜6分
小さい稲荷神社の赤鳥居が見えたら、
社の後ろを右折し、徒歩1分

始めて来られる方は
お稲荷さんを見落とされる方が迷われる傾向がありますが、

この小さい稲荷神社を見逃さず、
社の後ろの道を右折すれば、直進1分

左手に
ガラスの大窓と緑のテント(ArtSpace萌芽の白文字)が目印です

4階建ての下半分ベージュタイルの建物の1・2階が
アートスペース萌芽ですが、

萌芽Hallのある2階へのアプローチは
北側の外階段からとなります。



ご予約は萌芽でも承っております。


萌芽ご予約
artspacehouga@gmail.com


お部屋しっかり冷やして、冷たいお飲物もご用意して
皆様の御来聴をお待ちして居ります。






posted by artspaceHOUGA at 11:13| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

絵本「ニジェール物語」


IMG_1746.jpg


イヌイマサノリさんが渡英されて早1ヶ月

直近のブログに因ると
やっと、落ち着く拠点を探された様で、良かったです。

様々な人種の混在するロンドンのフラット探しは
語学の問題がなくとも大変な事と思います。

旅人ではない始めての海外暮らしですから、それ相当にいろいろある事でしょうが、
苦労は買ってでもしろ!という諺もありますし、
イヌイさんの事ですから
きっと、この経験は無駄にはならず、
40万以上の糧とする事が出来るでしょう

英語の上達でコニュミケーション能力を上げるにつれ、
周りにイヌイファンが出来て
きっと手を貸してくれる事が増えたり、いい出会いがきっとあって
個展位すぐ出来そうな気がします。



さて、前置きが長くなってしまいましたが、
萌芽はイヌイさんが帰って来る頃、
今のご予定では1年先 来年を目標に

彼が絵を描いた絵本『ニジェール物語』の動画を生朗読と生演奏で
上映したいとの思いで居ります。

ただ

これは
萌芽を主宰する私一人の希望でして

先般、6月の初め 渡英間近くのご多忙中のイヌイさんと
オリジナル版の音楽とは違う生演奏版の曲作りを依頼したいと思っている紗里さんに
無理を申して集って頂いた時点では

先ず、非常に完成度の高い作品に仕上がっている動画を始めて観た
紗里さんに大いに後ずさりされました


プロの手によって
映像・音楽・ナレーションとも
非常に完成度が高い作品に仕上がっている動画に
別の曲作って付ける必要がありますか?
と誰でも思う事

論より証拠
ホントにオリジナル版は、絵本の世界感そのものなので

全くその通りなのですが、オリジナルより良いものを作ることが目標では
勿論なく

『ニジェール物語』という素晴らしいお話と動画を
萌芽らしいアコースティックな楽曲のライブ演奏で観て頂くという
萌芽らしい催しを
是非、実現したいという、
正に
言葉汚いですが
「他人の褌で相撲を取る』的な発想です。

勿論、相撲を取るなんて大それた事も考えて居りませんが。


オリジナルの曲を萌芽で再現する事は無理なので、
音楽だけ別の曲を付けさせて頂いてもよろしいですか?

ただそれだけの切なる思いなのであります。
そこから何が見えて来るとか?何が生まれる?とかは考えておりません。

『ニジェール物語』が大好きだから
大好きな萌芽で

より萌芽らしいというか、萌芽でしか出来ない形で
『ニジェール物語』の素敵さを伝えたい

ただ
それだけの単純な欲求な訳です。


巻き込まれる方のご苦労は大変であろうという認識もあります

まぁ〜最初は
そんな思い込み激しい、世間知らずの勝手な思い付きでしたが


許可の有無に関わらず、音声・音楽を変える事はおろか、
オリジナル版の上映だけでも
自由に出来る事ではないのでは?という事に気付き

何より
原作者に直にお伺い且つお願いしてみるのが一番早い!のでは? と

スタート以前の命題クリアを目指す手立てを
考えていたところ

正に
これは dispensation(神の配剤)

IMG_1755.JPG

原作者の福田英子さんとナレーションの神野恵子さんのトークセッション
ワークショップのイベント情報をキャッチし

先々週末

東京・市ヶ谷(DNPプラザ)〜茨城・守谷(テレネの木)〜神奈川・兄宅(両親の墓参)

大変有意義な一泊旅行に
行って参りました


この詳細は次に続きます。









posted by artspaceHOUGA at 18:22| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

針山愛美出版記念トーク&バレエ 報告



IMG_1905.jpeg


針山トークjpg.jpg


一昨日の

針山愛美さんの
『世界を踊るトゥシューズ』
刊行記念トーク&サイン会+バレエの実演は

近付く台風12号の影響が心配される中、
椅子を追加するスペースに苦慮する程、

MAXのご入場を頂きました

入場無料のイベントではありましたが、
針山さんが10代の渡露から始まる海外でのバレエ修行のお話や

ベルリンの壁崩壊、ソ連解体、9・11、3・11
世界の歴史の大きな節目を実際目の当たりにしながらも、
ドイツ、フランス、アメリカ、ロシア、日本で
バレエを続け、

『白鳥』だけで300公演
激動の世界で踊り続ける愛美さんの興味深〜いお話を
まだまだいっぱい、
聞きたい!知りたい!と思われたお客様が

著書の『世界を踊るトゥシューズ』を
お買い上げ下さいまして
用意された数を一冊残すのみの興味深いトークセッションとなりました

お買い上げ下さった方々、
天候が心配な中、遠路お運び頂いた方々、
本当に有り難うございました


今回の催しは
それぞれご多忙な仕事を抱えながら
決行した側面もありましたが、

周到な準備をしたから「絶対!」という事もなく、
それぞれが自分の持ち場を一生懸命になる事で生まれるパワーは
少なくともその場を共有した観客には響くかな?!

日が近づくにつれ、何故かどんどんと
楽観的に考えて居りました。

終演後即の感想としては
お客様もいろんな方々が参集されて、又いろんな繋がりも生まれた様で
懇親タイムも有意義な時間となったのではと思えて

先ずは
「今回の萌芽活動は成功

何より私自身、とっても楽しいこの数日間だったなぁ〜と
この幸せな気持ちを反芻しています。

そして、それは多分
針山愛美さんの持つ人間的魅力に依るところが大きいと感じています。

トークでお聞きした、彼女の歩んで来た道や
節目節目で、自身の判断を迫られる場面で
自分の頭と直感で選択して進んで来られた強さとしなやかさは

ロシアに単身渡った苦難の多い10代から育まれたものではありましょうが、
元より人の縁に恵まれる素直な心を
お持ちの方だったからだろうと
彼女と接していて強く感じます

トークを聞かれたお客様も、
きっと、同じ様に感じられたのではないでしょうか

彼女の魅力を引き出す質問や流れを作って下さったMCの御方は
今回、またとない機会を萌芽に繋いで下さった上に

最後の「瀕死の白鳥」の伴奏者としても
チェロの演奏という大役で花を添えて下さいました

今回の催しの、陰の日向の立て役者
心より御礼と感謝を申し上げます。

IMG_1793.jpeg


37985161_1788650234555142_5270103392507658240_n.jpg


IMG_1801.jpeg

トークのあと
休憩無しで踊りに繋いで行くのは、スペース狭い萌芽では
椅子を捌けさす事も容易ではなく

ここはリハが必要だったと反省
目の前で見ていて踏み出したい思いをを必死で止めていた感じです。

捌ける間もなく残されたトークの木の椅子が 一脚鎮座した中、
早替え30秒の登場です

Attachment-1.jpeg

コラボするヴィオリニストの大久保貴寛さんも
実は
開演2時間前に駆け付けた
徳島在住の音楽家でいらっしゃいます

針山さんもお会いするのは今回始めて
始めて同士のコラボレーションという訳です。

しかも曲は大久保氏作曲
自作自演の大久保氏の音楽

衣裳は
3日程前まで工房で長年眠っていた
私が20年位前に制作したコンテンポラリーのシルクドレス

因に
この衣裳は 仙台のバレエ研究所の周年記念講演の時に
娘が中学生の時に作った組曲『萌芽』に
無理を言って振り付けて頂き、
5人で踊る舞踊作品として
東北電力ホールで踊って頂いたときの衣裳の1枚。

伸びる素材でもないのに
サイズがピッタリだったのがほっぺた抓りたい位の不思議なのですが、

とにかく、
行き当たりバッタリの権化の様なパフォーマンスの後は

本の表紙にもなっている
『瀕死の白鳥』
真っ白なクラシックチュチュに着替えてのご登場です

IMG_1807.jpg

IMG_1809.jpg

IMG_1810.jpg

IMG_1812.jpg

IMG_1811.jpg

動画をUPしたいところですが、
その様な術をまだ修得していないので
ご覧になりたい御方はFaceBookのArtSpace萌芽Hallで
お客様がUPされたシェア映像をご検索下さい。

満場の拍手の中、後半の実演も無事終了


本をお買い上げ下さった方へのサイン、
針山さんと直にお話ししたいバレリーナを夢見る少女達の列を
かき分けながら


椅子をスタッキングし、テーブルを真ん中に移動して
懇親タイムへと

こちらも全く打ち合せなくても
手伝ってくれる萌芽メンバーは本当に有り難い

受付業務も早く来られたメンバーのTさんにお願いする流れとなり、
結局、本の販売まで、元インド大使館勤務の有能な彼女に全てお任せして
最後まですっかりお世話になり、有り難いことであります

懇親タイムも
我が老夫婦には消費し切れない
お中元のお菓子とペットボトルのお茶とコーヒーだけの
極ささやかなオモテナシではありましたが

針山さんのそばにもう少し居たい御方、もう少し喋りたい御方には
有り難いワンクッションという訳です

いつも懇親タイムは頭も体も
キャパオーバーのフル回転状態なので
写真はありませんが、、、


懇親タイムに床のシミが増えていく現実は辛いのですが、
オファ−がある限りやめられません。
ここも流れに従いです。

話、脱線しました


続いて
チュチュのままの針山さんとの撮影タイムがしばし続きました

IMG_1828.JPG

IMG_1834.JPG

正に白鳥に相応しい愛美さんのお姿



夕方からの台風の影響を懸念して 早めの撤収を考えていたのに
嵐の前の静かな外の様子に

翌日の準備まで済ませて
退出は19時半近くになりました。

ナント
会場の掃除機掛けから、椅子並べまで
針山さんがして下さいました

最後に頂きました一際大きいオシャレなサックスグリーンの花束は
翌日の
サックスカルテット+Pf. コンサートで大活躍

IMG_1896.jpeg



今回のワクワクする楽しい時間が
また次のワクワクに繋がる事を願って居ります

具体的には、
萌芽活動に念願のこうしたライブパフォーマンスを
➕していける事

思いだけで何処から手を付けて行けばいいかも、
行動力も伴わなかったところに

期せずしてご縁を得た愛美さんの発せられるアイデアや
これまでのパフォーマンス経験は
とても刺激的で、直ぐやりたい!観たい!と言う気持ちが高じます

こちらが
どこまでそれに応えられるか?も心配ですが
もう一着ある愛美さんにピッタリなGOLDの衣裳を着用して頂ける
ライブパフォーマンスの実現を
早くも祈念しています。

その節は是非多くの方にご覧頂きたいと思います。



皆様、本当に
有り難うございました。

次回の針山プロジェクトもどうぞ宜しくお願い致します。












posted by artspaceHOUGA at 02:12| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

7月後半〜9月までの催しのお知らせ。


本日、海の日。
岐阜では39,3℃とか

西日本豪雨の被災地も軒並み
危険な暑さが続くそうで、
被災地のニュース映像を見ると心痛いです。

そんな中、恐縮ではありますが、
7月後半〜10月に掛けての只今決定している催しの
お知らせをさせて頂きます。

7月28日(土)15時開演

世界を踊るトゥシューズ』出版記念
『バレリーナ針山愛美トーク&サイン会

針山トークjpg.jpg

16歳で単身 
クラシックバレエの本場ボリショイバレエ学校に留学し、
以来、
旧ソ連の崩壊も目の当りにし、
長きに渡って、欧州、米のバレエ界でご活躍の
異色のバレリーナ針山愛美さんが、これまでの経験された事や
日本、海外のバレエ事情等、いろいろと興味深いお話を
語って下さる講演会です。

多分、
本のカバーともなっております、
妖精さながらの針山さんの十八番とも言える「瀕死の白鳥」を
目の前でご覧頂けると思われます




7月29日(日)16時半〜

サクソフォン五重奏+ピアノ
Ensemble Vero

7_29.jpeg

サクソフォン奏者の飯田憲司先生と大芸大での教え子
ピアニスト・張かんなさん
真夏に相応しい、
猛暑吹っ飛ばす勢いのある
めちゃカッコイイーコンサート





8月5日(日)12時〜19時

本場アルゼンチンで、只今御活躍中のタンゴピアノ奏者
大長志野企画『タンゴ奏法ワークショップ』

ブエノスで活躍中のアルゼンチンタンゴ4重奏・Barrio Shino
の各楽器奏者とのパート練習・合奏・アンサンブル練習を経て

 18時より 披露ミニコンサート
with Barrio Shino Trio)
表.jpg

裏.jpg
タンゴ音楽のワークショップの事前勉強会は
既に
7月1日、14日と始まっていますが、

7月22日も13:00〜マンツーマンの事前勉強会ございます。
ご興味のある方は大長志野さんに
直接お問い合わせ下さい。
(tango@pinocoa.com)





 8月18日(土)15時開演

サロンコンサート協会主催
塚本芙美香 Piano Recital

IMG_1691.jpeg

発足以来41年を迎え、
これまでのコンサート回数は1000回を超え、
プロや、プロを目指す若き音楽家の方々の応援をしながら
聴く方も楽しませて頂き、
延いては
人類に取って大切なクラシック音楽を守り、
次代に引き継ぐ一助となる事を活動の基本理念とされている
サロンコンサート協会に賛同し、
コンサート会場として
萌芽Hallをお使い頂ける事になりました

萌芽に取りましての
記念すべき第一回目は
県西音高から東京芸大・大学院に進まれた若手実力派ピアニストの
塚本芙美香さんの聴き応え十分なプログラム
オススメです





9月8日(土)18時半開演

2018ボローニャ国際絵本原画展日本人入選者
『紙版画+動物』盛國泉展Middle Concert

『Latin beat Today and Forever』

ortega.jpg

「紙版画の動物」+「GLASSの動物」
展覧会の作品も同時にお楽しみ下さい。

因に
『盛國泉展』の会期は
9月1日(土)〜15日(土)11:00~18:00
休廊日は水曜日です。



posted by artspaceHOUGA at 23:28| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

生きもの展 音楽部門チャリティーコンサート報告


♪♬〜♪♬〜♪♬〜♪♬〜♪♬〜.jpg
萌芽『生きもの展』エンディングコンサート  6月16日16時〜.jpg

6月開催の萌芽企画『生きもの展』で
今回始めて音楽部門の募集をさせて頂き、

1ステージ30分のコンサートをご披露下さいませんか?
の呼び掛けに

トリオ1組・デュオ2組・ソロ2組の計5のご応募を頂き、

展覧会の最終日の6月16日 16時より

2F/萌芽Hallにて
入場無料のコンサートとして

上記プログラムの進行で進めさせて頂きました。


トップバッター「ピンクパンサー」による

とても和やかな雰囲気の中、
元気一杯でスタート

IMG_0730.JPG


IMG_0733.JPG


続いて

桐朋音大ご出身のピアニストお二人による
四手連弾による
サン・サーンス「動物の謝肉祭」

萌芽でピアノ教室を開いて下さっている大河智子先生と、
2月に萌芽でソロリサイタルをされた鷲尾仁美さんの
デュオコンサート

IMG_1558.jpeg

実は今回のコンサートの為に急遽、お顔合わせ・お手合わせ
数回の練習で仕上げたパフォーマンスだったのですが、

演奏だけではなく
絵本も取り入れた台詞演出で
お客様と双方向の
楽しいステージを見せて頂きました

IMG_0736.JPG


鷲尾仁美さんは
明日の日曜日、萌芽Hallでコンサートをされます。
彼女の演奏を聴きたい方、是非、是非、お運び下さい

hitomiDUO--.jpg




代わって

次のご登場は
シャンソン弾き歌いの田頭則子さん

IMG_0739.JPG

休憩タイムの間に
マイク、スピーカーとIpadとのセッティング

何度か事前リハをしたつもりでしたが、
今ひとつ、私がこれらPA機器の扱いを習熟していない事から、
申し訳ない事に、
アタフタ場面も多々ありましたが

さすがに長いキャリア
人前で歌う事、喋る事に慣れていらっしゃるので
30分のステージ
お客さんを十分に楽しませて下さいました

IMG_0741.JPG



続いて
こちらも桐朋音大ご出身のソプラノ・井上晴美さんによる
オペラの有名どころアリア
アラカルト

IMG_0746.JPG

思わず、聴いてるこちらの姿勢が良くなる程の
声量と美声

普段、聴き慣れないお客さんも
感動されている様子を感じました


とりは
イタリア旅行の際に訪れたクレモナのヴァイオリン工房で
出会った日本人の弦楽器マイスターの手による
素晴らしいヴァイオリンとご登場の
中村成之さんです

IMG_1561.JPG

中村さんは
いつも萌芽の企画展に
プロ顔負けの素晴らしい写真作品を出展して下さる、写真家の顔もお持ちの
クラシック音楽愛好家で、

聴くのも演奏するのもご趣味とされている
愛すべき御方です

ここまで4組の出演で
スタートより有に2時間を超えている経過が想定される中での
彼らしい演出で、

ヴァイオリン演奏による曲名当てクイズ形式で進められ、
一番早く挙手正解の方には
これ又 いつも油絵を出展して下さる青木さんが
賞品であるイヌイマサノリさんの絵はがきを即、手渡す大事なお役目✨
という段取りでしたが、

IMG_1564.JPG

思いの外、皆さんのお答えが早く🔜
4曲位のつもりが、用意した7曲全部をご披露する事になり🎵

私も、急遽、TFの「HandMade萌芽」に走り
イヌイ絵ハガキの追加をした次第

3時間近い長〜いコンサートでしたが、
双方向の和やかな雰囲気の中

最後に軽く
テーパーティーで締め

展覧会の出展者は作品をお持ち帰りになり
展覧会無事終了となりました。


募集要項をお配りした段階では
演奏者のご希望があれば、投げ銭スタイルもOK
という募集でしたが、

『投げ銭』という響きと
全員が希望していない状況を鑑み、
急遽
チャリティーの呼び掛けをさせて頂く事にしました。

募金先は


IMG_1568.jpg

在版コンダクター・井村誠貴氏が東日本大震災が起こった直後から
多くの音楽人を結集して、毎年5月にシンフォニーホールで
復興支援コンサートを続け、収益の全てを石巻に送って居られる

関西音楽人のちから「集」


元々、萌芽は東日本大震災をキッカケにして出来たスペースですから、
それが一番いい選択とほぼ、独断で決めさせて頂いた訳ですが、

有り難い事に
¥32,915の浄財を寄せて頂くに至りました。

今年の復興支援コンサートも5月に終わったばかりで
振込先が閉じられていたのか?

義援金の送金を申し出てから
振込先を指定して頂くまでに時間を要しましたが、
無事、送金も済ませました事、
この場を借りてご報告させて頂きます。

IMG_1692.jpeg

このコンサートに出演を決めて、時間を割いて下さった演奏者の皆様、
また、来聴下さった全てのお客様、
手伝って下さったスタッフの皆様、

それぞれの場でこの試みに賛同して、心を寄せて下さった皆様に感謝しています。

皆様、有り難うございました


そして、今

参加して下さる皆様方と、少しずつでも当分に笑顔になれる
この様な活動を今後も試行錯誤して行きたいな

と、考えています。


今回のご応募は
音楽演奏の形だけでしたが、

音楽パフォーマンスに留まらず、
「体で表現する作品」という広い括りでのご応募も期待して居ります。

次回の企画展は、10月13日〜と昨日決まりました。
次回も企画展の中での募集とさせて頂く予定で居りますが、

詳細に付きましては、決まり次第、追って広報させて頂きますので、
ご興味のある御方様、今しばらくお待ち下さい。

前回の問題点も見直し、より良い時間と出来る様、
皆さんのご意見も拝聴しながら
進めたいと考えていますので、

どうぞ、よろしくお願い致します。







続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 01:15| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

大雨特別警報発動による緊急告知!


本日のミロンガ&ワークショップ中止のお知らせです

IMG_1655.jpeg


明日、予定されています
Milonga en Houga 萌芽でミロンガ!』と
タンゴ音楽のワークショップ
は 
中止と致します

降り続く大雨による交通機関への影響で、
広範囲の異常事態が
明日も予想される中、

関係各位の苦渋の選択で
非常に残念ですが、
明日のイベントは全て中止とさせて頂く事になりました。

天候という不可抗力の緊急的判断ですので、
今後、『延期』という可能性を探りたいと考えていますが、
今は全く未定ですので、
次なる広報をお待ち頂けましたら幸いです。

延期の折には、又あらためまして、
ご参加検討頂けます様、
お願い申し上げます。









続きを読む
posted by artspaceHOUGA at 00:52| Comment(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする